撮り鉄旅行3日目~日光・鬼怒川観光編~

Category : 鉄道 |

撮り鉄旅行最終日のこの日は、「AIZUマウントエクスプレス」に乗って東武日光へ向かいました。resize16062.jpg
この日も350系の試運転があり、鬼怒川温泉駅で「AIZUマウントエクスプレス」と並びました!
resize16063.jpg
途中、下今市でスイッチバックしつつ東武日光駅に到着。
所要時間はおよそ50分でした。
resize16064.jpg
見慣れた沿線風景も気動車から眺めると、いつもと違った景色に見えてきます。
力行してる時とそうでない時のエンジン音のオンオフがメリハリあって好きだなぁ。
resize16065.jpg
発車を待つ2両編成の区間快速「浅草」行き。
旅行客と地元客がごっちゃになってる車内は18きっぷ期間中のローカル線を彷彿させるものでした。
何度も言いますが、特急では感じることのできない旅情がありました。
resize16066.jpg
この光景もあと僅かで見れなくなってしまいます。
寂しいものですね・・・。
resize16067.jpg
6157F
昨日の引き続き試運転中の6050系。
なんだか名残惜しかったので「AIZUマウントエクスプレス」で鬼怒川公園まで折り返しちゃいました。
そのまま会津若松まで行ってしまいたい気分でしたが、翌日が仕事だったので必死に我慢です。
resize16073.jpg
6163F
近くの食堂で昼食を食べつつ、区間快速も撮影。
この区間を4両で走る6050系を撮るのは最後かな・・・?
resize16070.jpg
きぬ113号
試運転は昨日たくさん撮ったので、スルーして鬼怒川公園駅に戻ってきました。
resize16071.jpg
で、最後に区間快速浅草行きで3時間弱の乗車を楽しみつつ帰京。
さすがにお尻が痛くなりましたが、これもまたローカル列車の醍醐味であります。

これにて2泊3日の撮り鉄旅行が終了しました。
東武の快速・区間快速は身近にローカル鉄道の旅を楽しめる列車だっただけに
無くなってしまうのがとても残念ですが、これも時代の流れだから仕方ありませんね。
今後は半直で南栗橋まで行ってから6050系の旅を楽しみにします(爆)
しかしながら、新型特急リバティの運行開始はとても楽しみです。



以下、番外編
resize16047.jpg
前日の話ですが、せっかく鬼怒川温泉郷に来たわけですし、
少しだけ街を散策する事にしました。
resize16046.jpg
鬼怒川では護岸工事を急ピッチで行われています。
渓谷沿いにそびえ立つ高層ホテル群は何ともハブリーで好きな風景ですが、
2015年の鬼怒川水害があってさすがに対策をしないとマズいということになったのでしょうね。
ちなみに左の建物が、水害で一部倒壊の被害を受けた鬼怒川プラザホテルですね。
resize16049.jpg
しかし、改めて見ると恐怖を覚えるほどの場所に建ってるなぁと思います。
基礎が頑丈に作られてるだろうから問題ないんでしょうけどね。
resize16048.jpg
そしてもう一つ目につくのが廃墟の多さ。
鬼怒川温泉郷の中心地であるにも関わらず巨大なホテルの廃墟がゴロゴロしています。
この鬼怒川観光ホテル東館は本館が生き残っているのでまだ良い方ですが・・・。
resize16050.jpg
左側はまだ営業しているホテル、それに対して東武鬼怒川線が走る右側はほぼ廃墟となっています。
詳しいことは知りませんが、足利銀行が経営破綻したことで融資を受けられなくなった事業者が次々と倒産し、
買い手のつかなかったホテルが破棄されて廃墟となっているようです。
resize16051.jpg
現在、鬼怒川温泉で一人勝ちしていると言ってもいい「あさやホテル」でさえ、
産業再生機構の支援を受けていなかったらどうなっていたか分かりません。
バブル崩壊で特に打撃を受けたのは、バブルの恩恵を受けていた人達だった訳ですね。
resize16052.jpg
鬼怒川線沿いは廃墟ホテル通りと化しています。
この辺りは「未来日記」というアニメの舞台になったようで、少しだけ話題になっていました。
resize16053.jpg
このホテルは当時、鬼怒川で一番二番を争う大きなホテルでした。
地元の方に聞いた話なので、どこまで本当なのかは分かりませんが、
このホテルのオーナーは地主のボンボンで、従業員に経営を任せきった結果、
好き勝手やられてしまい倒産してしまった・・・との事でした。
※地元の方の記憶違いの可能性もあるので、あまり鵜呑みにはしないでくだしあ!
resize16056.jpg
増築が繰り返され、バラックのようにも見える廃ホテル。
鬼怒川温泉は大宴会向けのホテル・旅館が多いので、慰安旅行が一般的でなくなったこのご時世では、
客が離れてしまうのも仕方ないのかもしれません。こういった現象は熱海温泉でも見られますね。
resize16058.jpg
鬼怒川を挟んで天と地の差。
鬼怒川温泉の中心地は「あさやホテル」周辺な訳ですけど、ちょっと駅から離れています。
事実、鬼怒川温泉駅には沢山の観光客がいるのに、こっちの方は人一人あるいていません。
こういう立地条件の悪さも客離れの要因の一つかもしれませんね。
resize16059.jpg
東武鬼怒川線と廃墟群。(もちろん敷地外から撮影!)
いい写真がとれる気がしたけど、肝心な列車が来ませんでした涙
resize16072.jpg
「AIZUマウントエクスプレス」が来たのでとっさに撮影。
鮮やかな車体と寂しい景色のコントラストが(・∀・)イイ!
resize16060.jpg
最後に遠くから廃墟を眺めて散策終了。
いまこういうの人気だし、観光資源にできないのかなーなんて思いましたが、
所有者が不明の状態だから、管理が難しいのかもしれませんね。

今回の旅行では撮り鉄だけでなく、地元の方々と親しくなることで、
鬼怒川地域(旧藤原町)の魅力や抱えている問題を知ることができ、とても勉強になりました。
また、衰退した街の様子に落胆しながらも、SLの復活に期待を寄せている姿が印象的でした。
SLの復活運転で沢山の人が鬼怒川を訪れ、賑わいが戻ってきたら良いですね。

以上です!




撮り鉄旅行2日目~東武鬼怒川線撮影編~

Category : 鉄道 |

前回の続きです。
この日は鬼怒川線で350系の試運転が行われるとの事でしたので、送り込み回送から行動開始しました。
resize16018.jpg
きぬ103号
しょっぱな、金スペの登場で幸先のいいスタートです。
ただ田園都市線内での車両故障が響いて全体的に10分ほど遅れていました。
resize16019.jpg
352F
本番も同じ構図で撮影。
350系を編成写真で撮影したのは初めてですが、なかなか可愛い顔をしていますね。
この形式もリバティの登場でどうなるか・・・。
resize16020.jpg
AT-652+AT-701
「AIZUマウントエクスプレス」もやってきました。
この列車は全線を通して会津鉄道の職員が乗務しています。
西若松から遥々ご苦労様です。
resize16041.jpg
OM-N01編成
相変わらず地味なJR直通特急。
でも車両のデザインはNEX時代よりも好きかも。
resize16022.jpg
6160F
ローカルな2両編成。
鬼怒川線の撮影地ってネットで検索してもまともに情報が出てきませんが、
沿線を歩いているとそれなりに撮れそうな場所がいくつかありました。
結局のところ、頼りになるのは自分の足ですね。
resize16038.jpg
61103F
続きましては鬼怒川温泉の廃墟群を見学しながら新藤原方面へ。
(記事が長くなってしまうので、その時の画像は次回に持ち越したいと思います。)
それはさておき、急な勾配をみて山岳路線なんだなぁ・・・と実感。
resize16024.jpg
61201F
崖のへりを走る6050系。
このアングルでスペーシアを撮ってみたい!
resize16025.jpg
6166F
続きましてはメインの試運転を撮影。
350系と6050系の2本体勢で試運転を行っていました。
resize16026.jpg
6166F
もちろん、本当の目的は快速・区間快速の撮影です。
機会があれば会津田島まで乗り通してみたいけど、間に合わないかなぁ。
resize16027.jpg
352F
先ほどの350系もしっかり撮影。
300系・350系が日中の鬼怒川線を走るのは臨時特急と夜行の返却運転だけなので、
それなりに貴重だと思います。
resize16039.jpg
6164F
この日はもう一つ撮りたいものがあったので、散歩がてら新藤原方面へ向かいます。
この路線は勾配と曲線の宝庫ですから、縦アングルが重宝されます笑
resize16040.jpg
こんな山深いところから浅草行きが走っていたこと自体、奇跡だったのかもしれませんね。
resize16030.jpg
途中で試運転に追い抜かれました笑
さてさて、新藤原駅まであと少しです。
resize16031.jpg
そんな感じで東武鉄道もとい大手私鉄の最北端駅である新藤原に到着しました。
道中で昼食を挟んだものの、鬼怒川温泉から新藤原まで撮り歩きをしていたら5時間も掛かってしまいました笑
resize16032.jpg
352Fは試運転を終え、新栃木へ返却。
どうもお疲れさまでした!!
resize16035.jpg
6159F
東武ローカルは6050系の宝庫です。
この光景は今後も続いていくでしょうね。
resize16034.jpg
503F
今回のもう一つの目的がこれ!新型特急「リバティ」です。(※私有地につき許可を得て撮影)
この日は野岩鉄道線内で習熟訓練と思われる試運転が行われました。
resize16036.jpg
「どうした東武!?」と言いたくなるぐらいスタイリッシュなデザインです。
実物を生で見るのは初めてですが、想像していたよりも遥かにかっこ良かったです。
resize16042.jpg
野岩鉄道会津鬼怒川線に入線する500系。
野岩鉄道沿線には川冶温泉や湯西川温泉といった名湯がいくつもあるので、
運行開始したら撮り鉄を兼ねてゆったりと温泉巡りをしたいです。
resize16033.jpg
6157F
静かに発車の時を待つ区間快速。

これにて撮り鉄旅行2日目が無事に終了致しました。
1日中、列車を撮影したのはとても久しぶりでありました。
最近はクルマに浮気気味でしたが、やっぱり鉄道趣味っていいものですね!

撮り鉄旅行3日目~日光・鬼怒川観光編~に続く。




撮り鉄旅行1日目~東武日光線撮影編~

Category : 鉄道 |

4月21日に行われるダイヤ改正で、東武日光線の顔として親しまれてきた
快速・区間快速が廃止になるとの事でしたので、乗り納め&撮り納めをしてきました。
resize15991.jpg
21873F
まずはスカツリ線内で区間快速を撮影することに。
この20000系も70000系に置き換えられることが確定しているので、記録は早めにしておいた方が良いですね。
resize15992.jpg
8105F
こいつはさっさと置き換えられちまえ!(爆)
嘘です、なんだかんだで好きですよ8000系。
resize15993.jpg
6171F
来ました、4月21日のダイヤ改正で浅草口から姿を消す快速・区間快速。
「リバティ」のリリースがされた時点で廃止は明らかでありましたが、やっぱり寂しい・・・。
こういった長距離列車には特急では味えない旅情があって良いですよね。
resize15994.jpg
51059F
なんだかんだで初めて撮影したクレしんラッピング。
全色コンプリートできるように頑張ります!
resize15995.jpg
りょうもう11号
曇っている日に白い車体はなかなか厳しいです。
そういえば伊勢崎線って館林より先に行ったことが無い・・・。
resize15996.jpg
5106F
場所を変えて撮影続行。
しかしきたねぇFRPだ。
resize16016.jpg
6163F
いずれ貴重となる「浅 草」行き!
ちなみに南栗橋~東武日光では快速・区間快速の代わりに急行・区間急行が新設されるようです。
この運用に6050系が投入されるのはほぼ間違いありませんから、6050系が見れなくなる訳ではありません。
ただ、車体更新車についてはもしかしたら一部廃車が発生するかもしれませんね。
resize16017.jpg
03-118F
日比谷線の顔として親しまれてきた03系も5ドア車を中心にバンバン廃車になっていますので、
早めに記録しておきましょう!
resize15999.jpg
8629F
そして我らが8500系も例外ではなく、2017年度から置き換えられることが決定しています。
一気に全て無くなるということは考えにくいですが、それでも非軽量車は危ないと思います。

これにてスカツリ線撮影は終了です。
なんだか幼い頃に憧れた電車がどんどん姿を消していって寂しいなぁ。
JRの車は数年前にほぼ壊滅しましたが、その波がいよいよ私鉄にも及んできています。
resize16000.jpg
ED5020+ヨ126
ついでと言ってはなんですが、前から気になっていた杉戸高野台の機関車を見学。
かつての杉戸機関区とゆかりのある地に保存・・・という事なのでしょうが、状態が悪すぎる(涙
まるで小学校低学年の少年がプラレール感覚でいじくり回した鉄道模型のようです。
花上館長殿、このままで良いのですか!!
resize16001.jpg
81105F
引き続き普通列車を乗り継いで栃木駅に到着。
新栃木行きでしたが、どうせ次の区間快速まで1時間ほど待つことになるので、
ちょっとだけ駅先で撮影しました。
resize16002.jpg
きぬ128号
お目当ての金スペは温泉卵に見えましたとさ。
resize16003.jpg
光の当たり方によっては荘厳な感じがあってかっこいい!
ところで素朴な疑問なんだけど、宇都宮線に栃木駅で引き上げ線に入って折り返す運用と、
そのまま折り返す運用の2パターンあるのはなぜなのでしょうか??
resize16005.jpg
そんな感じで区間快速に乗りついで、宿のある鬼怒川温泉駅に到着!
駅前には三次駅転車台が設置され、SL復活運転に向けた動きが着々と進んでいるようでした。

これにて撮り鉄旅行1日目が無事に終了いたしました。
鉄道ネタは鮮度が命ですので、バンバン掲載していきたいと思います。

撮り鉄旅行2日目~東武鬼怒川線撮影編~に続く。




西丹沢散策紀行

Category : ダム巡り |

すっかり後回しになってしまいましたが、玄倉ダム・熊木ダムのダムカードを頂くために、
山北町方面へ行ってきましたので、その模様を掲載していきたいと思います。
resize15960.jpg
ダム巡りにクルマは必須!ということで今回もランエボ君が大活躍です。
生憎の天気でしたが、花粉や黄砂まみれになるよりかはマシですね。
resize15967.jpg
通常、管理所がないダムのカードを貰うためには、カード配布を委託している施設を訪れて、
そのダムへ行ったという証明(写真等)を掲示する必要があります。
しかしながら玄倉ダム・熊木ダムは山深い場所にあり、また徒歩でしか行くことができないことから、
特例として「玄倉第1発電所」「玄倉ダム」「玄倉第2発電所」「熊木ダム」のいずれかの施設を写真に収め、
丹沢湖記念館の職員に掲示することで玄倉ダム・熊木ダムのカードをゲットすることができるのです!
ということで、最もアクセスが容易な玄倉第1発電所を撮影するために、玄倉林道へ向かいました。
resize15968.jpg
背後に見えるのは丹沢湖。
ゲートより先は車の侵入禁止ですので、足場の悪い道をトコトコ歩きます。
resize15969.jpg
歩くこと5分、玄倉第1発電所が見えてきました。
ここから撮影した写真でも条件的にはOKですが、折角なので近づいてみました。
resize15970.jpg
やっとこさ、玄倉第1発電所に到着。
ここでは玄倉ダムの水を利用して発電を行っています。
現在は改修工事を行っているようで、関係者が作業をしていました。
resize15971.jpg
水圧鉄管も更新工事を行っています。
運転が開始されてまもなく60年が経とうとしていますので、ここで一気にリニューアルといったところでしょうか。
resize15972.jpg
上流に砂防ダムがありましたので、併せて見学する事にしました。
この更に先には採石場があるため、大きなダンプが引っ切り無しに往来していきます。
resize15973.jpg
なかなか大規模で素敵な砂防ダムですね!
一部から無駄と言われた砂防事業ですが、広島の土砂災害があってその必要性が再認識されました。
resize15974.jpg
もともと西丹沢は地盤が軟いので、砂防ダムの堆砂が進んでいます。
玄倉林道や犬越路林道が車での通行不可なのもそのためです。
もしかしたら軟弱な地盤だったからこそ美しい自然が守られているのかもしれませんね。
resize15975.jpg
玄倉川はエメラルドグリーン。
この更に上流にはユーシン渓谷があり、もっと美しい風景を見ることができるそうです。
resize15976.jpg
ちなみにこの場所は、かの有名な玄倉川水難事故の現場でもあります。
ネットでは色々と言われていますが、尊い命が失われた事に違いありません、合掌。

そんな感じでここまでゆっくり歩いて10分ほど。
もっと先に進みたいところですが、丹沢湖記念館の閉館時刻が迫っていましたので、
この辺りで撤収する事にしました。いつか見てみたいな、ユーシンブルー。
resize15983.jpg
無事にダムカードをゲットした後は丹沢湖記念館の駐車場で記念撮影!
うーん、フロントハーフスポイラーを付けたお陰で横顔が更にイケメンになりました。
resize15977.jpg
折角なので三保ダムも軽く見学。
このダムには3度ほど訪れていますが、一度も天端を歩いたことがありません笑
resize15959.jpg
雲が目線よりも下にあるからとても幻想的。
resize15955.jpg
とても美しい風景でした。
これだから雨の日ドライブはやめられない!

これにてミッションコンプリートですが、前から気になっているものがあったので、ちょっと寄り道することにしました。
resize15978.jpg
D52形70号機
山北鉄道公園に保存されている日本最大の主力を誇った蒸気機関車です。
現在は全国(主に御殿場線沿線)に7両のみ保存されており、かなり貴重な機関車と言えます。
resize15979.jpg
そしてこの70号機は、コンプレッサーで圧縮した空気をシリンダーに送り込むことで走行可能とした、
世にも珍しい圧縮空気式動態保存車なのです!
2016年には十数メートルながらも自力走行し「奇跡の復活」として一躍有名になりました。
resize15981.jpg
D52形70号機の生い立ちや動く仕組みなどが親切に紹介されています。
ちなみにこのテンダーの中に大型コンプレッサーが2基搭載されているらしいです。
resize15980.jpg
手入れの行き届いた動輪。
蒸気の力で動かしている訳ではないので、邪道と言えば邪道ですが、
身近な場所で実際に動くSLを見ることができるというのは素晴らしいことです。
resize15982.jpg
しかし、D52形70号機に再び命が吹き込まれた9日後、悲劇が起こりました。
圧縮空気式動態保存の第一人者である恒松孝仁さんが、不慮の事故によりお亡くなりなられたのです。
鉄道博物館学芸員の岸由一郎さんに続き、日本の鉄道保存において大きな損失となる悲劇です。
今後、動態保存は恒松孝仁さんと交流のある方に引き継がれるとの事ですが、(出典:Wikipedia)
どうか恒松孝仁さんの意思を後世に伝えていって欲しいなと思います。
resize15956.jpg
山北町とお別れした後は、明神峠を経由して山中湖村へ!
道中は濃霧に覆われている上に路肩に雪が残っており、ちょっとビビりました。(塩カル的な意味で)
resize15962.jpg
そんな感じで下界に降りてきました~。
フォグランプ、玉切れしたら次はLEDにしよ。
resize15958.jpg
最後は山中湖で愛車ホルホルタイム。
resize15957.jpg
車って列車以上に望遠レンズで撮るといい感じに写ります♪
resize15963.jpg
生憎の天気でしたが、なんと富士山が見えました。
晴れていても見えない日だってあるのに・・・難しいですね!

そうこうしていると暗くなってきたので、道志みちのワインディングを楽しみながら帰宅しました。
この日の総走行距離は183.28Kmなりー!

以上です。