FC2ブログ
 

エボで北海道旅行!6日目

Category : 遠征 |

いよいよ北海道旅行最終日です。
この日は函館市内と大沼公園周辺を軽く観光しつつ、苫小牧港へ向かいました。
resize17734.jpg
夏みたいな雲が発生していた10月の函館駅前。
MYエボでGLAYの故郷に来ることができて感無量です。
ちなみに影響された訳ではありませんが、HISASHIはエボVIIを所有していたことがあるんですヾ(*´∀`*)ノ
resize17742.jpg
続いて訪れたのは「八幡坂」
少し曇ってしまいましたが、坂・海・摩周丸と函館を代表する風景を一度に見ることができます。
震災の影響で全体的に観光客が少ない北海道ですが、函館まで来ると賑わいを見ることができました。
と言っても例年より遥かに少ないし、札幌に至ってはゴーストタウンかってぐらい・・・。
これは、一部の被災地域をさも北海道全体のように報道するマスコミにも問題があると思いました。
resize17735.jpg
道南に来たからには「ラッキーピエロ(とハセガワストア)」は外せません。
今回はベイエリア本店ではなく森町赤井川店で食事をしましたが、ラッピはどこへ行っても繁盛していますね。
お土産としてラッピTシャツを購入したので、夏になったら着まくりたいと思います笑
resize17736.jpg
続いては元町公園から函館湾を望む。
対岸の山の麓に、かの有名な笹流ダムを見ることができました。
今回も時間が無くて行くことができなかったので、次回の課題です!
resize17737.jpg
最後に函館山・旧函館区公会堂とスリーショット。
1時間以内でパパッと巡りましたが、なかなか充実しておりました。

魅力度ランキング1位なのに幸福度ランキング最下位な街、函館。
イメージと裏腹に住んでみると・・・ということなのかなー?
余所者の私からしたら、函館は美しくていつまでも憧れの街です。
resize17738.jpg
函館を楽しんだ後は、大沼公園をドライブしつつ「道の駅 しかべ間歇泉公園」へ。
途中、北海道駒ヶ岳の広大な姿を見ることができました・・・美しすぎる!
山体崩壊仲間の磐梯山とよく似ていますね~(←これ伏線です)
resize17744.jpg
ここ鹿部町はタラコが有名ということで、タラコ丼を頂きました!
いやー、とにかく粒が大きくてとても美味しかった!北海道に来てから口にしたものは全て美味い!!
resize17745.jpg
更に先ほど言った森町赤井川店で安定のチャイニーズチキンバーガーをムシャムシャ。
そんなこんなでユックリしていたら時すでに15時半・・・ってあと3時間半でフェリー出航じゃねえか!!
乗船手続きの関係で18時には苫小牧港に着いていたいところなのに、まだ森町とかwww
と言うわけで、めっちゃ飛ばしました。そしたら3時間かかるとこを2時間半で着けました。
resize17740.jpg
そしていよいよお別れの時・・・。
ゆっくりできると思った北海道、気が付けばあっという間の一週間でした。
でも毎日が充実していて、とても濃い旅になったと思います。
少しは北海道復興の一助になれただろうか・・・?
resize17739.jpg
ちなみに苫小牧港を離岸して暫くした頃、緑色の火の玉を見ました。
先輩も見たと言っていたので間違いではなさそうですが一体・・・。

↓ここからスマホ撮影。
resize17728.jpg
さようなら、北海道。
暖かくなったらまた来るからなぁ~!!
resize17729.jpg
ちなみに乗船したのは2019年1月に引退予定の「きたかみ」
バブル末期の1989年に製造されただけあってとても豪華。
resize17730.jpg
私が宿泊したスイートルームは、「いしかり」のロイヤルスイートに匹敵するレベルのものでした。
ただ、個室は凄いんだけど食事が微妙・・・この点に関しては「いしかり」の方が遥かに上です。
まぁ、その分値段が安くなっているから、文句は言えないんだけどね笑
resize17731.jpg
普段は船内をウロウロしない私ですが、この船に乗るのも最後なので、「ラウンジショー」を見に行きました。
日によって内容が変わるのですが、この日は仙台出身の方2名によるコンサートがありました。
ジャズがメインでしたが、中島みゆきの「時代」も歌ってくれて、普通に泣きそうになりました笑

ちなみに、来年就航予定の新「きたかみ」にこのような施設は設けられないとのことです・・・残念。
resize17741.jpg
真夜中に部屋からバルブ撮影してみたら変な写真が!!笑
この日は低気圧の影響で船が凄く揺れて、ちょっと気持ち悪くなりました。
古い船だからかなと思っていましたが、乗組員曰く太平洋フェリーで最も揺れないのが「きたかみ」なんだそうです。

そんな感じで北海道の夜を楽しんだのでした。
resize17727.jpg
走行距離:319.52Km
走行時間:6時間6分

こんなご時世だから詳しい事は書けませんが、帰りの道央道では北海道警に救われました!笑
もう北海道旅行は終わりだけど、番外編があるので続きます!

エボで北海道旅行!7日目へ続く。




エボで北海道旅行!5日目

Category : 遠征 |

いよいよ大詰めの北海道旅行!
札幌から函館本線(山線)沿線を経由しつつ、湯の川温泉へ向かいました~。
今回は移動と切符回収がメインなので、写真が少なめです。。。
resize17689.jpg
まずは小樽・余市、そして平成8年に落盤崩落事故が起こった豊浜トンネル(の新道)を横目に神威岬(駐車場)へ。
岬までは車を置いて何十分も歩かなくてはならなかったので、ここで記念撮影して終了です(笑
ちなみに札幌自動車道では朝里トンネル建設用のダンプが何台も走っており、
北海道新幹線の札幌延伸が着実に進んでいるのだと実感しました。
resize17705.jpg
まずは小沢駅でご当地入場券回収。
札幌~函館は高速道路を使いがちですが、日本海側もとても気持ちが良いです。
ちょっとだけ国道135号線の雰囲気が味わえました。
resize17692.jpg
続いてはホームでバーベキューを楽しむことができる比羅夫駅。
列車で訪れた事はありますが、駅の外に出るのは初めてです。
resize17701.jpg
定期列車は見れなかったけど、その代わりに面白いものが通過しました。
resize17691.jpg
この路線も落ち葉による空転が深刻な問題なようで、レールの踏面に沢山の陥没が発生していました。
函館本線のダイヤを守るため、ガンバレ保線マン!
resize17703.jpg
続いては蝦夷富士こと羊蹄山のツーショット!
だったのですが・・・・
resize17694.jpg
今回も山頂は雲に覆われていました(´・ω・`)
4回中3回は雲隠れ・・・独立峰って難しいですね!
resize17695.jpg
そして、外国人が大好きなニセコに到着。
ハロウィンが近いこともあり、駅前が可愛いカボチャに占領されていました。
resize17702.jpg
渡島半島を縦断して長万部!
前回の記事でも書きましたが、北海道は地域によって全く雰囲気が違うから面白いです。
道南は何となく、本州に近い気がしますね。
resize17698.jpg
キハ40-1772
せっかく長万部に来たのだから、毎度おなじみの跨線橋で少しだけ撮り鉄しました~。
resize17704.jpg
スーパー北斗14号
ディーゼル特急、安定のかっこ良さ!
でもキハ183系がこっちに来なくなってしまったのは寂しいですね。
乗り心地は最悪だったけど、新しい列車にはない温かみがありました。
resize17699.jpg
まだ16時なのですっかり夕暮れの長万部。
今はローカルな駅ですが、かつて鉄道の拠点であったということが良く分かりますね。
resize17700.jpg
最後は大沼公園で切符を回収して終了です。
スーパー北斗のバルブ撮影もしてみましたが、ハイビームで撃沈したので掲載無しです!笑

この後は、高速道路を使って湯の川温泉へ。
安定の「湯の川プリンスホテル渚亭」で長旅の疲れを癒したのでした!
resize17706.jpg
走行距離:385.96Km
走行時間:8時間50分

自宅を出て一週間が経過しているのに、ここまであっという間でした。
どうして旅行中は1日がとても短く感じるのか・・・。

エボで北海道旅行!6日目へ続く。




エボで北海道旅行!4日目

Category : 遠征 |

北海道旅行も折り返し地点へ!
4日目のこの日は宗谷岬を経由しつつ、オロロンラインを通って札幌へ向かいます。
resize17658.jpg
ここが宿泊した猿払村、笠井旅館さん。
猿払村はホタテの水揚げ量日本一で有名な村なのですが、この旅館でも大きなホタテを堪能できて大満足でした。
そういえば最近、島が消えた事でも話題になりましたね。
resize17660.jpg
現在、猿払村に鉄道は存在しませんが、平成元年まで音威子府~南稚内を結ぶ天北線が存在していました。
丁度この辺りに鬼志別駅があったと旅館の女将さんが教えて下さいました。
resize17661.jpg
バスターミナルの中にはちょっとした天北線資料館が。
浜頓別から鬼志別までは海岸線を走るので、きっと綺麗な車窓風景だったのでしょうね。
ちなみに廃線跡はサイクリングロードとして整備されているようですが、熊が出没するので危険との事でした。
resize17662.jpg
天北線の代替輸送を担う宗谷バス。
このままだと北海道の鉄道は殆どバス輸送になってしまう・・・。
resize17685.jpg
猿払村とお別れし、ひたすら北へ。
約1年ぶりの宗谷岬を目指します!
resize17676.jpg
ひたすら続く平野と海!
こういう風景は道北に行かないと見ることができません。
一口に北海道と言っても、地域で全く景色が違うから面白いです。
resize17678.jpg
そして日本最北端、宗谷岬に到着!
ここだけは中国人よりも日本人の方が多いという・・・笑
まぁ、中国人からしたら日本の最北なんてどうでもいいか~。
resize17677.jpg
折角なので去年、初代エボXを撮ったのと同じ構図で!
resize17664.jpg
天気に恵まれ、樺太の山並みもよく見えました。
外国と愛車を一緒に撮ることができるのは宗谷岬ぐらいかな~。
(対馬に行けば韓国とのツーショットもできるかも!)
resize17663.jpg
うーん、私のクルマかっこよい(自画自賛)
やっぱGTウイングは非合法サイズじゃないとね!
resize17680.jpg
観光バスがいなくなると静かで撮りやすいです。
そして他県ナンバーは私だけ・・・もうマイカーで北海道を旅する時代ではないんですね。
resize17679.jpg
せっかくなので、真横の写真も!
オホーツク海の寒々しい色、とても好きです。
resize17665.jpg
単体でもう一枚。
そういえば日本の端ってここと神崎鼻しか行った事ないや。
resize17683.jpg
宗谷岬を楽しんだ後は給油がてら稚内の宮殿へ!
resize17667.jpg
鳥に糞を落とされて、日本最北端の洗車をかました記憶が蘇ります・・・笑
稚内って特に観光する場所がある訳でもないけど、結構栄えてますよね。
resize17684.jpg
そしていよいよ私が最も愛する道、オロロンラインへ!
ぶっちゃけ、オロロンラインを走ったことがない人に北海道の道を語って欲しくありません!笑
resize17668.jpg
去年は天気が悪くて見ることのできなかった利尻富士をようやく拝むことができました!
resize17670.jpg
海に浮かぶ山です・・・いやマジで。
resize17671.jpg
この美しい景色を見れただけでも北海道に来た甲斐がありました。
たぶん一生忘れないだろうなぁ・・・。
resize17681.jpg
地平線まで続く道と海。
時間が許すならばいつまでも見ていたくなる。
resize17682.jpg
正直、稚内まで来るのは大変です。
でも、だからこそ訪れて欲しい場所です。
resize17672.jpg
オロロンラインをオロロったあとは、記念切符を回収するために天塩中川駅へ。
丁度、サロベツが到着した頃でした。
resize17673.jpg
引き続き、切符を回収するために音威子府駅へ。
この駅は駅蕎麦がもの凄く有名なのですが、ご主人が体調不良らしく営業休止になっていました・・・(´・ω・`)
音威子府に来たからには食べてみたかったです。
resize17674.jpg
駅構内では名寄始発稚内行きが1時間ほどバカ停中。
resize17675.jpg
この日は満月だったようで、お月さまがとても幻想的でした。

以上でこの日のミッションはクリア!
道央道でひたすら南下し、札幌へ向かいましたとさ。
resize17686.jpg
走行距離:493.80Km
走行時間:10時間3分

久々の都会はゴミゴミしていて全く魅力を感じませんでした。
普段は札幌ってだけでテンションあがるんだけど、自然の偉大さを目の当たりにした後じゃダメだったようです。

エボで北海道旅行!5日目へ続く。




エボで北海道旅行!3日目

Category : 遠征 |

すぐ更新を疎かにしてしまうのは私の悪いところ・・・
今日は家族と忍野八海へ行ってきましたが、とりあえず北海道旅行の続きをうpしたいと思います!
resize17610.jpg
大雪2号
昨夜は網走にあるトレインビューのホテルに宿泊しました。
セコマのホットシェフをつまみに入換作業を見ながら酒を飲むのは最高でした笑
しかし、JR北海道は入換作業が好きなのか、無駄に電留線を行ったり来たりさせていて「?」となりました。
resize17613.jpg
せっかく網走に来たのだから、網走刑務所の正門でツーショット。
ちなみに見学できるのはココではなく、「博物館 網走監獄」なので要注意です!
resize17612.jpg
長いこと橋の架け替え工事を行っていたため、車で乗り入れるためには社宅団地内の道路(観光客進入禁止)を
通らなくてはならなかったのですが、工事が完了してようやく堂々と来ることができるようになりました。
ちなみに現在は短期累犯刑務所となっており、かつての「網走監獄」とは全く違うものになっているそうです。
resize17656.jpg
せっかく網走へ来たのなら、能取岬にも必ず寄りましょう!
数年前、レンタカーで訪れた時に「ここでエボを撮りたい」と思っていましたが、念願が叶いました!
resize17614.jpg
北海道は本当に美しい。
resize17631.jpg
そして、鉄道もいいけれど、車で来ないと分からない北海道もたくさんあります。
resize17632.jpg
網走を少しだけ観光した後は、SLを見学するために丸瀬布へ。
途中、石北本線の踏切があったため、写真を撮ってると・・・
resize17635.jpg
運よく汽車を見ることができました!
うーん、車もいいけどやっぱり鉄道だなぁ!笑
resize17640.jpg
そんなこんなで丸瀬布森林公園いこいの森に到着。
着いて早々、雨宮21号がやってきました!
1928年に雨宮製作所が製造した武利意森林鉄道用機関車です。
resize17616.jpg
すぐ後ろを走っているのは鶴居村営軌道向け6tディーゼル機関車。
村営軌道廃止後は釧路市内の工場で活躍していたそうですが、故障後に丸瀬布に引き取られたようです。
ちなみに黄色い鉄橋は北炭の子会社「北炭機械工業」製なんだそうです。
現在は石炭輸入を主としている北炭ですが、かつては北海道の開拓を支えた大企業でした。
resize17646.jpg
先回りしてストレート区間へ。
めっちゃ爆煙でした!かっこよすぎ・・・。
resize17618.jpg
丸瀬布の面白いところは可愛いSL・DLだけではありません!
こんな大道芸みたいなことを平気でやっちゃうんです笑
resize17619.jpg
SLのすぐ後ろにDLが追従し、SL通過後に転轍機を転換し、DLと並走!
こんなこと、普通の鉄道会社でやったら国土交通省に怒られます笑
でも、今の鉄道ファンが求めているのってこういユルさなんじゃないんですかね。
resize17636.jpg
園内軌道は30分に1本の間隔で運転されているので、しばらく休憩です。
resize17641.jpg
青空に可愛いSL・・・最高ですね!
その間に園内をブラブラする事にしました~。
resize17620.jpg
道東ではピークが過ぎた紅葉ですが、この辺りは10月下旬でもまだまだ綺麗でした。
丸瀬布町、本当にいいところです。
resize17622.jpg
バテロコやSLの静態保存車も置いてありました。
武利意森林鉄道で活躍していた車両たちなのだろうかー?
resize17623.jpg
そしていよいよ・・・って安全旗ー!
この日は園内軌道の年内定期運行最終日でしたので、最終列車に安全旗が掲出されたのです。
resize17624.jpg
これには撮り鉄たちもうっきうき笑
安全旗に「ゼロ災で行こう、ヨシ!」と唱和したくなりますね。
ちなみに、なるべく人が写らないように撮りましたが、実際にはかなりの鉄道ファンと観光客がいました。
resize17637.jpg
折角なので雨宮21号の最終列車に乗車しました。
最後尾からはこのようにDLを撮ることができます。
走りながら撮り鉄ってなんだが新鮮です笑
resize17625.jpg
可愛いですね~。
昔はこんな魅力的な列車がたくさん走っていたんだろうなぁ・・・
resize17626.jpg
ちなみに園内軌道には武利意森林鉄道の廃線跡を利用した区間もあるようです。
平成28年8月の北海道豪雨災害で軌道浸水等の被災を受けた園内軌道でしたが、
今も復旧中であるものの、元気に走る姿を見ることができて良かったです。
resize17627.jpg
雨宮21号乗車を楽しんだ後は入庫作業を見学。
驚いたことに中国人の撮り鉄達もSL撮影を楽しんでいました。
未だに中国人観光客を邪険に扱うバカな日本人がいますが、
彼らがいなくなったら日本の観光業が成り立たないという現実から目を背けないでもらいたいです。
右も左も机上の空論ばかりで嫌気がさします。
resize17642.jpg
話がそれました。
推進していき、客車を切り離します。
resize17638.jpg
雨宮21号、単機で快走!
贅沢ですが、日章旗を掲げた姿も見てみたいですね~。
resize17643.jpg
6tディーゼル機関車も。
今更ながらDLはイベント専用なので、通常の定期運行では見ることができないそうです。
resize17630.jpg
そして雨宮21号は格納庫へ。
resize17644.jpg
この後、偉い人たちが集まって格納式が行われるようでしたが、
私たちは稚内方面を向かわなければならなかったため、これにてお暇いました。
丸瀬布、前から良いなーと思っていましたが、想像以上に良かったです!
こんな小さなSLが走っている姿を見ることができるのは貴重ですからね。

今年で車齢90年を迎える雨宮2号、それを記念して12月8日・9日に雪中特別運行が行われるそうです。
興味のある人は訪れてみてはいかがでしょうか?
resize17645.jpg
走行距離:390.01Km
走行時間:7時間37分

この日は猿払村に宿泊したのですが、
夜は道路には鹿がたくさん発生していて、とても怖かったです笑

エボで北海道旅行!4日目へ続く。