KATO:阪急9300系購入

Category : 鉄道模型 |

今更ですが予約していた阪急9300系を引き取ってきました。
resize13995.jpg
マイクロエースと並べるとこんな感じ。
さすがはKATO、標識灯や渡り板の表現が素晴らしいです!
ただ、マイクロエースもなかなか良い勝負をしていますね。
それに個人的には分割式ヘッドライトの方が好きなので・・・。
resize13994.jpg
塗装も一部に線傷があるものの、なかなかの出来です。
ただ私が購入したものはアンテナの向きが残念な子でしたorz
すぐに直せるからいいんだけど、品質管理にはもう少し気を使って頂きたいですね。

ただまぁ、この価格でこの出来ですから、文句を言うのもおこがましいのかもしれません。

以上、そんな感じです。
先日、車を購入してしまったので、鉄道模型の導入はここで一時ストップする予定!
でも最近のKATOは私鉄に力を入れてきているので、また衝動買いしてしまうかも(爆




TOMIX:近鉄50000系「しまかぜ」購入

Category : 鉄道模型 |

Q.ブログネタがない時はどうすればいいのですか?
A.鉄道模型ネタをやりましょう。

という訳で、TOMIXの近鉄50000系「しまかぜ」を引き取ってきましたので、うpしていきたいと思います。
resize12873.jpg
天下のTOMIXが製品化するなら安心だろうと思い試作品を見る前に予約しましたが、
やはり期待を裏切らない素晴らしい出来となって世に送り出されました。
伊勢志摩の空と海をイメージした爽やかなブルーがとても美しいです。
resize12874.jpg
ク50102・ク50602
「しまかぜ」のチャームポイントであるガラス張りの流線型車体を見事に再現しております。
また、運転台や展望席といった内装もしっかり再現されているので、眺めているだけでも楽しめます。
ちなみに限定品では第二編成をプロトタイプとしています。
どうせなら通常版との差別化という意味も込めてブルーリボンの装飾を施してほしかったのですが・・・。
resize12875.jpg
この辺りはTOMIXの得意分野でしょうか。
「しまかぜ」のロゴはとてもシャープに印刷されています。
写真では分かりにくいかと思いますが、塗料にツヤがあってとてもリアルです。
一昔前は「おもちゃっぽく見える」という理由で艶消し塗料が主流になっていましたが、
最近ではこういった光沢塗料を採用する例が増えてきました。
resize12876.jpg
サ50402
恐らく一番の売りであるダブルデッカー車。
実車ではカフェ車両とされており、伊勢湾の美しい風景を眺めながら食事を楽しむことができます。
100系新幹線のカフェテリアを彷彿させますね・・・実車も模型も素晴らしい!
resize12877.jpg
モ50302
続きましてはグループ車両です。
和風・洋風・サロンと3種類の個室が用意されています。
こちらも大きい窓から内装が丸見えの状態ですので、椅子を塗装すれば見栄えがよくなりそうです。
resize12878.jpg
2両を繋げるとこんな感じ。
「しまかぜ」は編成単位でデザインされているので、組成した時が一番美しく見えます。
resize12879.jpg
最後に灯火類を点灯!
実車同様の鋭い目つきがとてもかっこいいですね。
標識灯を再現している点に大手メーカーと中小メーカーの壁を感じます。

やや手抜きですが、これにて近鉄50000系「しまかぜ」の紹介は終了です。
上記の通りですがディテールや塗装も申し分なく、誰が見ても素晴らしい製品に仕上がっていました。
唯一ケチを付けるとするならば、先頭車の屋根の塗り分けが少しぼやけ気味です。
量産品なので、こればっかりは仕方ないと思いますが・・・。
resize12880.jpg
今回が初の近鉄車導入でしたので、記念に他の関西大手私鉄車両と並べてみました。
我ながらミーハーなラインナップだなと思いますww阪神車が1編成もいないのが残念!
resize12881.jpg
私的には南海をもっと充実させていきたいのですが、マイクロが出し惜しみしているので何ともですね。
そして「しまかぜ」を導入したことにより、近鉄特急が欲しくなるという負のスパイラルが・・・w
ただ、来年には5050系4000番台も控えていることですし、暫くは我慢しようかと思います。

以上です!




マイクロエース:小田急60000形・京阪800形購入

Category : 鉄道模型 |

関西旅行記の途中ですが、気分転換に鉄道模型ネタを挟んでみたいと思います。
resize12697.jpg
京阪800系、念願の模型化です(涙)
地下鉄・登山・併用軌道・競技と様々なシチュエーションで遊ぶことができるので、
この形式の製品化を待ち焦がれていた人はとても多いと思います。
resize12698.jpg
19m車体との比較。
併用軌道を走る京阪800系は正に「道路を走る普通の電車」のようですが、
実はこんなにコンパクトだったのですね。こういった比較ができるのもこの製品の面白い所です。
resize12700.jpg
この製品の特色として、前進時に前面の車幅灯が点灯します。
室内灯を取り入れることで側面の車幅灯を点灯させる事も可能ですが・・・。
resize12699.jpg
テールライトはこんな感じ。
網状のモールドも良くできていますね。
マイクロエースの製品レベルも随分と上がったなぁ・・・ただただ脱帽です。
resize12701.jpg
ちなみにカプラーはアーノルドでもこの間隔。
勿論、時間がある時に換装するつもりですが、そのままでも十分な見栄えです。
resize12702.jpg
京阪800系、浜大津の大カーブを行く!(適当)
照明類や塗装だけでなく、屋根のモールドにも拘りを感じますね。
ホント、良い仕事をしてくれました。
resize10655.jpg
本物の写真(見ればわかる)
とりあえず京阪800系の紹介はこれで終わりです。
手を加えなくても十分に素晴らしい本製品ですが、
強いて言うなら、テールライトの縁を黒ペンでなぞってやると更に良くなるような気がしました。
resize12703.jpg
続きましてはこれまた待望の製品化、小田急60000形「MSE」でございます。
この車両はホームウェイで何度かお世話になっているので、とても愛着があります。
resize12708.jpg
画像が暗くなってしまいましたが、前面の形状です。
試作品を見たときは色合いが今一つかなーと思っていたのですが、とんでもない!
よくぞフェルメール・ブルー(と言うらしい)をここまで再現してくれた!といった感想です。
resize12704.jpg
ライトはとても難しい場所にありますが、テールライト側に光が漏れだす事もなく、
とても美しく点灯してくれました。
resize12705.jpg
貫通顔のヘッドライトはしっかり2灯を再現しています。
ただ、模型屋の店員曰く光が著しく暗い個体もあるようです。
恐らく、プリズムが上手く嵌っていないだけなので、分解すれば直ると思いますが・・・。
resize12706.jpg
ダミーカプラーですが、連結させるとこんな感じになります。
付属の幌パーツを取り付けることで、より連結面をリアルにすることができますが、
自分は「あさぎり/えのしま」にする予定なので、パーツはお蔵入りです。
「MSE」も京阪800系と同じく、塗装がとても綺麗で文句の言いようがありませんでした。

以上、そんな感じですかね。
発売日が重なったため、一日に4万円以上の出費となりましたが、
それでも買う価値のある製品だったと思います。
早く整備して走らせよ・・・。




鉄コレ8500系、N化計画。

Category : 鉄道模型 |

皆さん、お久しぶりです。
ようやく仕事にも慣れてきまして、勤務明けに先輩と昼食を食べに行ったり、
都内を散策する余裕は出てきたのですが、まだとてもじゃないけど電車を撮る気になれません。
ですので、鉄道撮影を再開する日はもう少し先になりそうですが、
とりあえず、久しぶりに模型をイジってみたので、その模様をうpしてみます。
resize12294.jpg
鉄コレの東急8500系です。
つい最近までイベントの度に低価格で投げ売りをされていましたが、ようやく在庫がなくなったようで、
今は中古でしか手に入れる事ができなくなりました・・・。
今回はこの8500系をGMの軽量車に組み込むことで、「タイプ」ではない8500系を再現してみたので、
これから鉄コレをN化しようと考えている人のお役にたてればなと思います。
resize12295.jpg
とりあえずバラします。
嬉しい事に鉄コレもGMもボディの寸法はほぼ同じですので、床板はそのまま流用する事ができました。
resize12297.jpg
ただし、無加工で使えるほど世の中は甘くなく、画像の通り赤丸の部分をカットする必要があります。
まぁ、なんてことはないですね。
resize12299.jpg
今回、最も鬼門と言えるのがライトユニットの加工です。
鉄コレはGMと比べるとガラスパーツがやや厚く、両側面をカットしなければユニットがハマりません。
なので大胆にカットしてみたのですが・・・もう少し見てくれを気にするべきでしたねw
ちなみにGMの8500系はライトユニットにライトケースが接着されているので、
力ずくで引きちぎる必要があるのですが、ぶっ壊れるのではないかと少し不安になりました。
resize12301.jpg
カットが終わりましたら、鉄コレのクリアパーツを移植してあげます。
このままだと光が漏れてしまうので、適当に遮光した方がいいと思います。
resize12303.jpg
という訳で完成です。(道床は試し塗りなので気にしないでください!)
かなり端折りましたが、ライトユニットの加工さえ上手くいけば後は何とかなります(適当)

これにて本日の作業は終了です!
やっぱり8500系は非軽量車の方がかっこいいですね。
8622F・8623F辺りをモデルにするつもりですが、細かい作業は次の機会に行いたいと思います。

以上です!