スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月と金星

Category : その他の趣味 |

1月30日夜に月と金星が並んだようです。
resize3375_20110131050433.jpg
ちょっと遠いですね、もう少し早い時間に気が付いていれば・・・。
resize3376.jpg
金星は太陽、月に次いで明るく見える星とされています。
resize3377.jpg
「空の美しさは世界共通のはずなのにどうして平和にならないんだろう」と言ってる人がいたので、
「戦場じゃ空を見る余裕もないんだろう」と返してあげました。俺かっこいい。
resize3378.jpg
そうこうしているうちに朝になりました。
やはりドラゴンボールは面白いです。



スポンサーサイト

長津田・成瀬の話

Category : その他の趣味 |

古くから大山街道の宿場町として栄えてきた長津田ですが、
その街の外れに「崖山」と呼ばれている場所があります。(正確には南成瀬8丁目)
郷土史に興味のある方なら一度は聞いた事があるであろう「東光寺」に関連する土地
なのですが、地元の人にもあまり知られていないようなので、紹介してみたいと思います。
画像 034
東急長津田検車区から住宅地を通りつつ恩田川の方に下っていくと、
下水処理場付近に緑生い茂る小さな丘が現れます。そこが「崖山」です。
(この画像は2009年4月26日更新分の使いまわし)
resize3370.jpg
そこの階段を上って目の前に現れるのがこの巨大な墓碑です。
ご丁寧に設置された説明文によると、この墓石は明治37年、日露戦争中に
清国盛京省で機銃掃射を受けて戦死された中里好冶軍曹のものらしく、
旅順要塞攻略戦・第三次総攻撃における乃木司令部の無能さと、
若くして亡くなられた「白襷隊」中里好冶軍曹の功績について書き綴られています。
乃木司令部の叩かれようが凄まじく、少し気の毒になってしまいますが、
実は今回の記事の本題はこの石碑ではなく、隣にあるこれです。
resize3372.jpg
見るからにヤバそうなお地蔵さん(供養塔)。
説明文には「名主・原嶋源右衛門の死刑執行の場所」と書かれています。
つまり「崖山」とは300年以上も前に処刑場があった場所の事なのです。
そもそも原嶋家とは、江戸時代に東光寺・刑場を管理していた豪族でして、
耕作とは無縁の湿地帯であったこの土地に、暗渠排水などの新技術を取り入れて
新田を開発し、金を生みだす土地に変貌させた凄い一族だったそうです。
しかし、この土地は成瀬村(東光寺部落)と長津田村の境目にあったため、
次第に村民の間で境界問題が起こるようになってしまいました。
そこで、幕府役人立会いの下協議を重ねた結果、東光寺部落が新田の一部を
長津田村に引き渡し、定かでなかった境界を画定する事で話が落ち着きました。
resize3371.jpg
では何故処刑されてしまったのか・・・
原嶋源右衛門は幕府の役人が境界を検地する際に、予め埋めておいた木炭を
「境界の証拠である」と証言しており、後にその偽りが明らかとなってしまった為、
「公儀をたぶらかした」として一家もろとも打ち首の刑に処せられてしまったそうです。
これは享保元年、1716年10月15日の出来事です。
なお村民たちは処刑執行後も3日間渡り火を焚き続け、一身に罪を背負った
一家の成仏を祈りつつ、念仏を唱え続けたとあります。
そして原嶋一家の15回忌に、処刑之地であるこの「崖山」に供養塔を建立、
台座に氏名を刻んだのは東雲寺八代目住職なんだとか。

ここら一帯は東光寺の境内だったそうですが、寺自体は現存しておりません。
ただ、東光寺という地名の名残は今でも見る事ができますね。
例えば長津田検車区の脇にあるJR横浜線の小さな踏切は・・・。

郷土史というものは調べてみると、意外な発見があったりしてとても面白いです。
今でも東京都と神奈川県の県境はこの地域の真下を通過していますが、
そこで過去になにが起こったのか、知るきっかけにもなりましたし。
ただ、この記事で紹介している出来事の殆どは民話からきている物ですので、
事実であったかどうかは残念ながら分かりかねます。
また説明文の方は若干、原嶋家寄りに書き綴られています。
地元の方が執筆されているようなので、もしかしたら感情論が含まれているのかもしれません。



参考にさせて頂いたサイト
JR横浜線長津田駅~小田急線玉川学園前駅
成瀬から鶴ヶ峰へ、武蔵武士畠山重忠終焉の道を行く

-備考-
説明文には「奉行所が横槍を入れ『公儀をたぶらかした』として
首謀者の名主・原嶋源右衛門を見せしめの罪人に仕立てあげた」とありました。
各地で起こっていた土地をめぐる紛争に手を焼いていた奉行所が、原嶋一家を処刑する事で
一罰百戒の効果を狙ったのではないか?という説に基づいているようですが、
もしそうならば木炭の件も幕府による陰謀という事に・・・?




Y515F甲種輸送(2日目)

Category : 回送・試運転 |

Y515F(Y515-Y545-Y555-Y565)の甲種輸送が行われました。
1日目の記事はこちら
resize3352.jpg
この光景を再び見る事ができるなんて・・・感動の極みでございます。
resize3320.jpg
上から。
resize3321.jpg
横から。
素晴らしい組み合わせですね。
resize3360.jpg
5120F
検車区名物「くねくね」
resize3323.jpg
確かに音が出てたよ!!
resize3324.jpg
そうこうしているうちに入換作業が始まりました。
昨日とアングルを変えてみたのですが、下が少しカツい。
resize3325.jpg
連結部。
resize3353.jpg
3番線で折り返し。
resize3361.jpg
Y000系×Y500系
resize3359.jpg
この光景だけで飯三杯はいける。
resize3349.jpg
授受線に押し込み・・・
resize3332.jpg
連結開放。
resize3334.jpg
8606Fと8695Fが並んでいましたw
resize3335.jpg
暫くするとY002Fが帰宅。
resize3336.jpg
ちょっと無理がある・・・w
resize3337.jpg
いいものを見させてもらいました、乙カレー。
resize3339.jpg
Y515-Y545-Y555-Y565
resize3338.jpg
8606Fが戻ってきました。
resize3357.jpg
熱が冷めてきた所でDE10到着。
昨日と同じ1101号機ですね。
resize3356.jpg
旗振りしてる職員さんっていつも同じ人のような気がする。
resize3342.jpg
Y515Fと連結。
resize3343.jpg
横から。
やっぱ原色DE10はカッコいいですね。
resize3355.jpg
思うように流れなかったorz
resize3351.jpg
着発線へ移動。

今日は疲れたのでこれだけ撮って帰りました。
どんな姿になって帰ってくるのか楽しみですね。




田園都市線撮影!

Category : 鉄道 |

画像が多いので別記事にしてみます。
resize3305.jpg
08-105F
昨日も同じ編成を同じ時間に同じ場所で撮ったような気がする・・・。
resize3306.jpg
8606F
ヤバい・・・幕車カッコいい!!
resize3307.jpg
今朝は長津田検車区の停電と自由が丘の車両故障が重なって、大変な事になっていましたね。
resize3308.jpg
2002F
まあ、そのお陰で効率よくサークルKを撮影する事ができた訳ですが。
resize3309.jpg
2001F
連続で2000系が来ましたよー。
resize3310.jpg
8606Fは33Kから44Kに変更。
resize3311.jpg
31*09F
そういや31*01Fが東上線に転属するらしいですね。
resize3312.jpg
5103F
5000系撮ったの久しぶり・・・?
resize3313.jpg
8105F
運用変更多すぎです。
resize3314.jpg
8627F
resize3316.jpg
8694F
これまた回送なサークルK。
resize3317.jpg
8500系の並びは初めて撮りました。
resize3318.jpg
8617F
以上、こんな感じです。

カメラを出すのが面倒だったので撮影はしませんでしたが、
午前中に工場で5158F・1406-1106の入換作業を行っていました。
どうやら5158Fを出場線に入れて、空いた無架線地帯に1406-1106を押し込んだようで。
9008Fも5両編成で屋外に留置されていたのですが、夕方には消えていたのでもしかしたら・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。