スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道旅行三日目・最終日~幾寅駅見学編~

Category : 遠征 |

最終日は画像が少なめなので、幾寅駅見学編と一緒に掲載することにしました。
結局、年の瀬になってしまいましたが、北海道旅行記もこれで最終回です!
resize11875.jpg
高倉健さん主演の映画「鉄道員」で舞台となった幌舞駅こと幾寅駅です。
映画だけでなく小説や漫画も拝見するぐらい、私はこの作品が好きですので、
幾寅の駅舎を見た時はとても感動しましたw
resize11874.jpg
「だるま食堂」のセットとキハ40-764の保存車両!
resize11893.jpg
このキハ40-764は映画の中ではキハ12-23を名乗っており、
撮影の為だけにブタ鼻→1灯ライト等の改造が行われました。
resize11901.jpg
見ての通りカット保存ですので、正面から撮った方が写真映えしますね。
resize11886.jpg
ちなみに車内には「鉄道員」出演者のサインが展示されていました。
無法地帯なのにまったく荒されていないのは素晴らしいです。
単純に訪れる人が少ないからかもしれませんが・・・w
resize11876.jpg
かの有名な「だるま食堂」のセット。
劇中では一面が銀世界でしたので、印象がかなり異なります。
冬に来ればもっと良いんだろうけど、関東民には辛いものがあります。
resize11883.jpg
ロケセットその2
うーん、コアな「鉄道員」ファンを感じさせておいて申し訳ないのですが、
この建物がいつ登場したのか思い出せません・・・。
resize11884.jpg
ロケセットその3
「ひらた理容店」・・・思い出せない!
ロケセットその2とその3(勝手に命名)はベニヤ板で作られた簡単なものでしたので、
恐らく背景に少しだけ登場した建物だと思われます。
それにしても凄まじい塗装技術だ・・・近づかないとベニア板製だということに気が付けません。
resize11877.jpg
この便所は流石に分かりました。冬の夜に利用するのは「おっかない」ですね。
ちなみに向かい側には本物の便所があるのですが、こちらも何故か使用禁止でして、
用を足したい人は近隣にある「南ふらの情報プラザ」を利用するよう案内されています。
resize11890.jpg
続きましては最大の楽しみであった幌舞駅に突入です。
待合室では映画「鉄道員」の宣伝が放送されていました。
resize11891.jpg
駅務室を進むと駅舎内がミュージアムに!
幌舞駅前の模型や撮影に使われた制服などが展示されています。
resize11892.jpg
14年前の映画であるにも拘らず見学者がちらほら・・・。
「鉄道員」の人気の高さが伺えますね。
resize11879.jpg
いよいよホームに上がります。
こうして見ると幾寅駅は結構小さな駅舎ですね。
resize11881.jpg
根室本線帯広方面を望む。
佐藤駅長こと高倉健さんがホーム立哨している時に見ていた景色です。
銀世界の中、列車が入線してくるところを望遠レンズで撮ってみたいです・・・。
resize11882.jpg
勿論、本物ではありませんがロケに使われた腕木式信号機も現存しています。
趣があっていいですねぇ(*´∪`)
resize11880.jpg
一方であまり有名ではない富良野方面。
劇中に登場する幌舞線は盲腸線という設定であり、この幌舞駅が終着駅になっているのですが、
幾寅駅は何の変哲もない中間駅ですので、このままでは設定が破綻してしまいます。
そこで、劇中では富良野方面に車止めを設けることにより、終着駅を見事に表現したのです。
実際、私はロケ地を調べるまで幌舞駅はどこかの終着駅だと思っていましたw
resize11878.jpg
ちなみに幾寅駅を富良野方面に進むと、先ほど訪れたかなやま湖があります。
鉄オタ兼ダムオタにはもってこいの観光スポットですね!
resize11887.jpg
キハ40-1752
友人らと記念撮影をしていると、キハ40形が入線しました。
キハ54形にはあまり趣を感じないので、キハ40形が来てくれて良かったです(*´∇`)人(´∇`*)
resize11888.jpg
「ほろまい~ほろまい~」
さっきまで誰もいなかったのに、いつの間にか乗客がわんさか・・・w
地元の国線でも言えることですが、ローカル線の利用者は列車の時刻を見ながら行動しているので、
駅で列車を待つという感覚があまりないのかもしれません。
勿論、釧路本線と比べたら怒られてしまうぐらい国線は恵まれていますが。
resize11889.jpg
なんとなく友人所有の「ダンボー」と絡めて撮ってみました。
気動車が走り去っていくところと一緒に撮りたかったかも。
resize11894.jpg
以上で幾寅駅見学は終了です。
「鉄道員」という偉大な作品の聖地巡礼をする事ができたので、感慨無量な気持ちで一杯です。
雪のシーズンにまた来たいけど・・・寒いのは苦手ですw

これにて北海道旅行三日目終了です!



前述の通り、画像が少ないので最終日の模様を掲載しちゃいます。
resize11895.jpg
キハ201系D-104編成
キハ201系に乗ることは無かったけど、なかなかカッコよくて惚れました。
resize11898.jpg
731系G-117編成
731系は小樽観光の帰りに乗りました。
「乗ると模型が欲しくなる法則」が発動しそうです。
resize11897.jpg
キハ183系5000番台「ニセコエクスプレス」
確か「北斗94号」の代走だったと思います。
ちょっと不謹慎ですが、JR北海道の不祥事のお陰で面白い物を撮ることができました。
resize11896.jpg
反対側。
なんかもう、原形を保っていないですよね・・・これぞ魔改造!
札幌で最後の撮り鉄をした後は、789系1000番充当の快速エアポートへ新千歳空港へ移動しました。
resize11899.jpg
快速エアポートに揺られること40分ほどで新千歳空港に到着!
アホみたいにお土産を買いつつ飛行機に搭乗です。
resize11900.jpg
そんな感じで17時前には羽田空港に到着しました。
なんかもう、飛行機早すぎて情緒も糞もねぇな!!
この後は蒲田にある「やよい軒」で反省会という名の飲み会をしつつ帰宅しました。
結局、「やよい軒」で始まり「やよい軒」で終わる旅行になってしまった・・・w

これにて北海道旅行が無事に終了いたしました。
今回は非鉄メンツでの旅行でしたので、列車を撮る機会はあまりありませんでしたが、
学生最後の夏休みに相応しい、とても楽しい旅行になりました。
前回の関西・北陸旅行にしてもそうですが、「いい友達に恵まれたな」とつくづく感じます。

以上です!



スポンサーサイト

8261F小田原線試運転・5174F長津田工場出場

Category : 回送・試運転 |

2013年8月12日の落雷で損傷を受けて以来、運用に就いていなかった8261Fが、
小田原線内で試運転を行うとの事でしたので、悪天候のなか撮影してきました。
resize11779.jpg
1069F
今日は久しぶりに雨が降りましたね、お陰で露出がとても厳しかったです。
resize11780.jpg
3665F
8連のラストナンバー。
ちなみに今日は4053Fも試運転を行っていましたが、ピン甘で敢えなく撃沈しました\(^o^)/
resize11781.jpg
8266F
続きましては8000形のラストナンバー。
ここから先は露出不足に伴い絞り開放で撮影です。
resize11782.jpg
3652F
この編成は何気に初撮影です。
あんまり好きな形式ではないけれど、早めに撮っておいた方が半世紀後に焦らずに済みます。
resize11768.jpg
60000形「はこね25号」
折角のえむたそ~なのですが、前面に架線柱の写り込み(?)のようなものがorz
流線型の撮影は結構、運任せのところがあると思います。



8261Fが小田原線内で試運転を行いました。
resize11792.jpg
4ヶ月以上運用を離脱していましたので、一時はどうなるかと思いましたが、
無事に修理が終わったようで安心しました(*´∪`)
8261Fの今後の活躍に期待ですね。



この後は東急ネタを補完するために、中央林間経由で田園都市線へ移動・・・。
resize11778.png
51064F
露出が厳しいのは分かりきっていたので、1/200でも何とか止まるたまプラで撮影しました。
resize11771.jpg
08-101F
08系を撮ったのはかなり久しぶりです。
相変わらずイケメンで安心しました。
resize11777.png
8695F
出場したてなのでピカピカです(*´∀`*)
元住吉車の返却回送は藤が丘でサークルK運用に追い抜かれますので、
下り列車が被りさえしなければ良い写真を撮ることができそうです。



5174Fが長津田工場を出場しました。
resize11773.jpg
可もなく不可もなくといった感じですね。
長津田工場もそろそろ正月休みに入る筈なので、今年の入出場はこれで見納めです。
ところで最近、線路際でよく目にする「L」や「e」はどういう意味なんでしょう・・・わたし、気になります!

以上です。




5106F長津田工場入場

Category : 回送・試運転 |

5106Fが長津田工場に入場しました。
resize11749.jpg
もはや何系か分からないレベルに逆光でした。
クリスマスに電車を撮ってる奴って生きてて恥ずかしくないの?←わたしです^o^
resize11759.jpg
5806-5906-5006
折角なので入換作業も見学してきました。
奈良川整備工事のせいで構内試運転が撮り難くなってしまった・・・orz
resize11760.jpg
折り返して搬入口へ。
今年の冬はとても暖かくて過ごしやすいですね(・ω・ノ)ノ



続きましてはバス停の葬式をするために田奈方面へ移動しました。
resize11756.jpg
みんな大好き、恩田バス停留所です。
横浜市内では珍しく田園地帯のすぐ近くにあるバス停なのですが、
27日の営業を最後にJA田奈前へ移設される事になってしまいました。
resize11757.jpg
お気に入りのバス停だっただけにとても残念です。(利用したことは一度も無かったけど)
さよなら、恩田バス停!かつてここにバス停があったということを私は一生忘れません(´;ω;`)
resize11758.jpg
恩田バス停とお別れした後は帰宅がてら国線を撮影してきました。
沿線の草が刈られたお陰で、廃線跡の存在感も急上昇です。
resize11755.jpg
Y001F
ここからのアングルは凄く好きなんですけど、殆どの季節は草不可避なので、
撮るなら今がチャンスだと思います。

以上です!




北海道旅行三日目~富良野観光編~

Category : 遠征 |

皆さん、お久しぶりです。
先週は撮りたいものが山ほどあったのですが、風邪をひいてしまい一つも撮れずに終わりましたw
そんな訳で更新サボり気味になってしまいましたので、北海道旅行記の続きを掲載していきます。

北海道旅行三日目のこの日は、レンタカーを借りつつ富良野方面へ足を延ばしました。
resize11706.jpg
そんな道中で北海道らしい駅を見つけたので、寄り道してみました。
学田という富良野線の駅なのですが、ホームの長さが1両分しかありませんので、
2両の場合はドアカットが行われています。
resize11707.jpg
「THE 北海道」って感じですね。
この駅はドラマ「Wの悲劇」のロケにも使われたそうです。
resize11708.jpg
線路は続くよどこまでも!
ローカル線なのを良いことに、皆で「スタンド・バイ・ミー」みたいな事をしていたところ、
いきなり踏切が鳴りだしたのでかなり驚きましたwww
resize11709.jpg
キハ150形(爆走中)
普通列車なのに通過しやがった・・・!!!
どうやら日中の旭川方面3本と富良野方面4本はこの駅を通過してしまうようです。
でも富良野駅が徒歩圏内ですから、停まらなくても不自由しなさそうですね。
resize11725.jpg
続きましては、気まぐれで予定に無かったと思われる牧場へ。
残念ながら白黒斑の牛さんはおりませんでしたorz
resize11711.jpg
でもその代わりに羊さんがおりました。
なかなか人懐っこい可愛い子です。ジンギスカン(。・ρ・)ジュル
resize11712.jpg
ウサギさんウサウサ (*´∀`*)
ちなみに我が家のウサちゃんはこの夏にお亡くなりになってしまいました (´;ω;`)
resize11726.jpg
北海道の広大な農地。
富良野は私が予てからイメージしていた北海道の風景そのものでした!
resize11714.jpg
お花が綺麗だったのでなんとなく撮影。
Lレンズの発色は素晴らしいです。
resize11724.jpg
昼食は富良野にある「くまげら」というお店で「和牛ローストビーフ丼」を頂きました!
当初は「生で牛肉て・・・それもわさび醤油て・・・」と少し抵抗もありましたが、
食べてみるとお肉がとても柔らかく、牛肉本来の旨味も出まくりでとても美味しかったです。
これ考えた人凄すぎだろ・・・ってぐらいわさび醤油がよく合いました。
個人的には今回の北海道旅行で最も美味しかったお料理ですヾ(*´∀`*)ノ

で、この後は映画「鉄道員」のロケ地である幾寅駅を訪れたのですが、
画像の量がとても多くなってしまいますので、「幾寅駅見学編」として別記事に掲載したいと思います。



幾寅駅を楽しんだ後は、友人らの粋な計らいで金山ダムを訪れることになりました。
resize11727.jpg
金山ダムの天端です。
車が通行できるようになっていました。
resize11716.jpg
何の予備知識も無く訪れたダムだったので、最初は重力式コンクリートダムかなと思ったのですが、
どうやら北海道では唯一、全国的にみてもそう多くない中空重力式コンクリートダムだったようです。
堤体の膨らみが中空重力式特有のものだったので、そんな気はしていましたが・・・。
resize11728.jpg
ダムからは大自然の中を走る根室本線を望むことができました。
冬なんかは良い撮影地になりそうです。
resize11718.jpg
かなやま湖の様子。
関東のダムとは違い、湖の周辺が全く開発されていませんね。原生林がとても美しいです。
この湖には「釣りバカ日誌」で有名になった「イトウ」や「オショロコマ」も生息しているそうです。
resize11719.jpg
天端の中央部分から空知川を見下ろす。
中空重力式特有の膨らみとはこれのことです!
resize11721.jpg
河川維持用のホロージェットバルブが勢いよく放流していました。
こんな小さな川も最終的には流域面積第三位の石狩川となり日本海に注ぎます。
resize11720.jpg
クレストゲートはローラーゲートでした。
稼働している所をここから見てみたい(*´∪`)
resize11722.jpg
右岸には取水塔が・・・!
「ダム便覧」によると、日本で初めて採用されたフローティングタイプの取水塔なんだそうです。
フローティングタイプがなんなのかよく分からないので、見なかったことにします。
resize11723.jpg
最後に金山ダムの全体像を撮影♪
展望台は立ち入り禁止となっていましたが、このアングルの方が眺望が良いと思います。
短時間の見学ながらとても楽しいダムでした。

ちなみに金山ダムのダムカード配布場所は「金山ダム管理支所」となっておりますが、
地図で検索すると根室本線金山駅付近にある謎の施設がヒットしてしまいます。
こいつのせいで金山駅周辺を行ったり来たりすることになってしまったので、
これ以上、私たちのような犠牲者を出さないように書いておきますが、
ダムカードの配布場所はダム左岸にある「金山ダム管理所」です。

これにて北海道旅行三日目が無事に終了致しました。
富良野では動物と触れ合ったり美味しい物を食べたり色んな場所を見学したり・・・
色々な事を経験することができたので、とても充実していましたが、
それ以上に、レンタカーで皆と騒いでいた時間が一番楽しかったですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

北海道旅行三日目・最終日~幾寅駅見学編~へ続く。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。