スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西旅行最終日~近鉄大阪線撮影編~

Category : 遠征 |

最終日であるこの日は「しまかぜ」を撮影するために近鉄大阪線へ出向きました。
resize12709.jpg
2613F(X13)
大阪教育大前~関屋にある定番撮影地です。
午前順光という事もあり、既に2・3名の同業者がおられました。
resize12710.jpg
1641F(VF41)
反対アングルは逆光アングルですが、それなりにかっこ良く撮れますね。
ちなみに同編成は1620系唯一の6両固定編成だったりします。
resize12711.jpg
22600系「Ace」
ススメバチという愛称は言い得て妙だなと思いますw
近鉄社長は山陽電鉄への乗り入れに積極的な姿勢を見せているようですが、果たして・・・。
resize12712.jpg
30000系「ビスタEX」
実は近鉄特急の中で一番好きな形式(*´∪`)
TOMIXさん、模型化はよ!!
resize12745.jpg
5156F(VX06)
乗り鉄の味方、5200系!
架線柱の影が絶妙な位置にあったので、切るタイミングを模索中・・・。
resize12714.jpg
2620F(X20)
更新車なので、側窓の一部が一枚窓になっています。
恐らく一番無難な構図ですが、流線型だと影がかかるかもしれないという諸刃の剣。
resize12715.jpg
2438F(AG38)
少し窮屈になってしまいましたが、広角気味の構図です。
シャッターを切るタイミングがややシビアですが、このアングルで固定する事にしました。
resize12716.jpg
21000系「アーバンライナーplus」
近鉄って看板と呼ばれる特急がいつくもあって凄いですよね。
さすがは私鉄の王者です。
resize12717.jpg
2420F(W20)
特に書くことがないので話題をそらさせて頂きますが、やはり関西の人はオープンでいいですね。
同業者は勿論ですが、通行人も通るたびに挨拶をしてくれて、とても居心地が良かったです。
resize12718.jpg
9303F(FC53)
少数形式の9200系!といっても近鉄は少数形式が多すぎるので貴重もへったくれもありませんw
resize12719.jpg
50000系「しまかぜ」
本番に弱い私ですが、今回はノートリミングで決まりました(ドヤ)
2014年には「ななつ星 in 九州」という強敵なライバルがいましたが、
「ブルーリボン賞」を見事に勝ち取ったのは「しまかぜ」でした。
先月より京都発着特急の運行が開始され、今後ますます活躍の幅を広げて行く事でしょうね。
とりあえず上手く撮れたので満足です(*´∪`)
resize12720.jpg
12256F(NS56)
今後、4年間で12200系を中心とした旧式特急車を22600系に置き換える計画があるようです。
「スナックカー」も近鉄を代表する特急の一つなので、いなくなってしまうのは寂しいですね。
resize12721.jpg
1625F(VG25)
一緒に撮影していた同業者の殆どは「しまかぜ」通過後に撤収してしまいましたが、
後に来られた方よりラッピング車が来るとの情報を頂いたので、引き続き撮影する事にしました。
resize12722.jpg
23000系「伊勢志摩ライナー」
何気に毎回、撮り損ねているので記録することができて良かったです。
ただ、個人的には黄色い方が好きかな・・・。
resize12746.jpg
5155F(VX05)
かつて活躍していた2250系の塗装を模したラッピング車です。
ちょっと色合いに少し違和感を覚えましたが、面白いものを見ることができて良かったです。
情報を教えてくれた同業の方に感謝です!

これにて近鉄撮影(実質、午前の部)は終了です。
列車が来るまでファンの方と話をしていたのですが、私が関東から来たと知るや否や、
私の勤め先の列車を貸し切ったという話をしてくださり、意外と世の中は狭いなと感じました。

関西旅行最終日~京阪撮影・帰宅編~へ続く。



スポンサーサイト

マイクロエース:小田急60000形・京阪800形購入

Category : 鉄道模型 |

関西旅行記の途中ですが、気分転換に鉄道模型ネタを挟んでみたいと思います。
resize12697.jpg
京阪800系、念願の模型化です(涙)
地下鉄・登山・併用軌道・競技と様々なシチュエーションで遊ぶことができるので、
この形式の製品化を待ち焦がれていた人はとても多いと思います。
resize12698.jpg
19m車体との比較。
併用軌道を走る京阪800系は正に「道路を走る普通の電車」のようですが、
実はこんなにコンパクトだったのですね。こういった比較ができるのもこの製品の面白い所です。
resize12700.jpg
この製品の特色として、前進時に前面の車幅灯が点灯します。
室内灯を取り入れることで側面の車幅灯を点灯させる事も可能ですが・・・。
resize12699.jpg
テールライトはこんな感じ。
網状のモールドも良くできていますね。
マイクロエースの製品レベルも随分と上がったなぁ・・・ただただ脱帽です。
resize12701.jpg
ちなみにカプラーはアーノルドでもこの間隔。
勿論、時間がある時に換装するつもりですが、そのままでも十分な見栄えです。
resize12702.jpg
京阪800系、浜大津の大カーブを行く!(適当)
照明類や塗装だけでなく、屋根のモールドにも拘りを感じますね。
ホント、良い仕事をしてくれました。
resize10655.jpg
本物の写真(見ればわかる)
とりあえず京阪800系の紹介はこれで終わりです。
手を加えなくても十分に素晴らしい本製品ですが、
強いて言うなら、テールライトの縁を黒ペンでなぞってやると更に良くなるような気がしました。
resize12703.jpg
続きましてはこれまた待望の製品化、小田急60000形「MSE」でございます。
この車両はホームウェイで何度かお世話になっているので、とても愛着があります。
resize12708.jpg
画像が暗くなってしまいましたが、前面の形状です。
試作品を見たときは色合いが今一つかなーと思っていたのですが、とんでもない!
よくぞフェルメール・ブルー(と言うらしい)をここまで再現してくれた!といった感想です。
resize12704.jpg
ライトはとても難しい場所にありますが、テールライト側に光が漏れだす事もなく、
とても美しく点灯してくれました。
resize12705.jpg
貫通顔のヘッドライトはしっかり2灯を再現しています。
ただ、模型屋の店員曰く光が著しく暗い個体もあるようです。
恐らく、プリズムが上手く嵌っていないだけなので、分解すれば直ると思いますが・・・。
resize12706.jpg
ダミーカプラーですが、連結させるとこんな感じになります。
付属の幌パーツを取り付けることで、より連結面をリアルにすることができますが、
自分は「あさぎり/えのしま」にする予定なので、パーツはお蔵入りです。
「MSE」も京阪800系と同じく、塗装がとても綺麗で文句の言いようがありませんでした。

以上、そんな感じですかね。
発売日が重なったため、一日に4万円以上の出費となりましたが、
それでも買う価値のある製品だったと思います。
早く整備して走らせよ・・・。




関西旅行二日目~播磨地域散策編~

Category : 遠征 |

初日に「サザン」の車内から見た明石海峡大橋が忘れられなかったので、
阪急を撮影した後は新開地経由で山陽方面へ行くことにしました。
resize12689.jpg
瀬戸は日暮れて夕波小波♪(実際は大阪湾)
山陽電車に乗るのは何気に初めてなのですが、沿線風景がとても美しいのと、
住宅密集地をもの凄い速度で突っ走るところがとても萌えました。
resize12696.jpg
8239F
そんな訳で山陽塩屋にある撮影地に到着したのですが・・・一番撮りにくい半逆光orz
元々、そこまで長居するつもりはなかったので問題ありませんがw
resize12666.jpg
3200F
何としてでも押さえておきたかった3000系!渋くてめっちゃカッコいいです。
関西の私鉄は古い車両でも綺麗に使っているから見劣りしないですね。
resize12688.jpg
ちなみに撮影地周辺はこんな感じで大阪湾に面しております。
お金があったら別荘の一つや二つ建ててみたいものです。
resize12667.jpg
9209F
この形式は近鉄に乗り入れているイメージが強いので、ちょっと違和感を覚えます。
奈良市から姫路市まで運用の幅が広すぎますね。

時間も押していましたので山陽電車撮影はこれにて終了です。
かなり良い撮影地でしたので、次回は順光時間に訪れたいと思います。

この後は再び特急に乗車して、終点の山陽姫路へ向かいました。
resize12668.jpg
山陽の駅なのに阪神車に浸食されています。
田園都市線における東武車みたいなものでしょうか?w
resize12670.jpg
そんな訳で来ちゃいました!姫路城!
前回、姫路を訪れた時は改修工事真っ只中で天守を望むことができなかったので、
今回は念願の再訪という事になります!
resize12671.jpg
時間が時間なのでさっさと入門します。
齧った程度には城が好きなので、とても楽しみです。
resize12672.jpg
さすがは天下の名城!姫路城!とても美しいですね。
天守の壁は当時の様子を再現するため、真っ白に塗り替えられており、
その姿には賛否両論があるようですが・・・個人的にはアリだと思います。
(ちなみに私はこの話を聞くまで、塗り替えの途中なのだと思っていましたw)
resize12673.jpg
姫路城とクレーンの組み合わせもなかなか乙なものですね。
日本版「サグラダ・ファミリア」といった感じがします。
私が今までに見てきた城は全て嘘っぱちの復元・復興天守ですので、
正真正銘本物の城を見るのはこれが初めてです。
数々の国宝を破壊した明治政府とアメリカ軍だけは許してはなりませぬ。(なぜか什の掟風)
resize12674.jpg
クレーンが目立たないアングルでもう一枚。
息を呑む美しさです・・・中にも入ってみたかったなぁ。
resize12675.jpg
姫路城には築城期の3期とその後の修復で築かれた数種類の石垣が存在するそうです。
こういったものから歴史を紐解いていくのも面白そうですね。
resize12677.jpg
城を修理している場面は何度か見たことがありますが、これだけ大規模な例は見たことがありません。
足場だけでも高層建築物に分類されてしまいそうですw
resize12678.jpg
恐らく今後、私が生きている間に大規模修理が行われる事はもう無いので、
ある意味、貴重な光景を見ることができて良かったと思いますw
resize12676.jpg
内堀の端っこらへん。
鹿が放し飼いにされていたり、農業が営まれているといったことはありません。
resize12679.jpg
折角なのでお堀を散策しながら姫路駅へ戻ることにしました。
resize12680.jpg
とてもいい雰囲気なのに、聞いた事もないJ-POPがスピーカーから大音量で流されており、
一気に気持ちが萎えました。「静」を愛するのが日本人の美徳ではなかったのか!
resize12681.jpg
道中で出会ったぬこちゃん。
ベンチで休んでいると、「撫でて」と言わんばかりに近寄ってきて私の横に座りました。
こんなに警戒心のない野良猫を見たのは初めてです(*´ェ`*)
resize12682.jpg
じゃれ合っています。
一人旅をしているとどうも人肌が恋しくなるもので、ぬこちゃんとの出会いはとても癒されました。
さよなら、どうかお元気で!
resize12683.jpg
そんな感じで大手前通りまで戻ってまいりました。
本丸に近付けなかったのが残念でしたが、城を周回するだけでもとても楽しかったです。
修理が終わったらまた訪れたいと思います!
resize12684.jpg
続きましては舞子公園で明石海峡大橋を見学しました。
山陽垂水まで寝過ごしてしまったせいで少し遅くなってしまいましたが、
この日の夕焼けは最高に綺麗でした。
resize12685.jpg
暫くするとライトアップ開始!
この時間に合わせているのか、舞子公園には沢山のギャラリー(と釣り人)がいました。
結果的にいい時間に来れたようですが、手持ちで撮影するのは結構キツかったです・・・w
resize12686.jpg
さすがは世界一最長の吊り橋、主塔の高さは298.3mと横浜ランドマークタワーよりも高いです。
阪神淡路大震災でもビクともしなかった訳ですから、日本の技術力の高さが伺えます。
とにかく、とても美しい橋でした(*´∪`)

明石海峡大橋を愛でたあとは、直通特急で梅田へ移動しました。
resize12687.jpg
5022F
ガン寝すること約2時間、阪神梅田に到着です。
山陽5000系はとても良い車両でした、一目ぼれってやつです。
マイクロエース辺りから製品化されないかなぁ。
resize12690.jpg
6012F
そのまま乗り換えて阪急梅田へ。
一応、関西私鉄完乗を目指しており、阪急線では箕面線と千里線のみ未乗区間がありましたので、
とりあえず箕面線に乗るために「日生エクスプレス」で石橋へ行くことにしました。
resize12752.jpg
3074F
夜間のため端折らせていただきますが、終点の箕面に到着です。
お客の殆どは一つ手前の牧落で下車してしまったので、1両貸切状態でした。
てか3000系のスカート・・・転属する際に撤去されたようですね。
resize12695.jpg
6013F
なぜだか知りませんが、この編成にはよく当ります。
関西へ行く度に乗っている気が・・・w
やはりこの顔にはシールドビームが良いですね。HIDはちょっとキモい(爆)
resize12692.jpg
箕面線を完乗した後は、宝塚線下新庄駅付近にある「ラーメン荘 歴史を刻め」で遅めの晩御飯。
関西で二郎を味わうことのできるお店という事で、インスパイアとは思えないほどの長蛇の列でした。
ヤンキーの溜まり場かよって雰囲気の場所にあるのですが、この店のお陰で治安が保たれていますw
ちなみに味の方は想像以上に二郎系で、八王子野猿街道店に少し似ている気がします。
店員の爽やかな接客もあって、最後まで美味しく頂くことができました。

これにて関西旅行二日目が無事に終了致しました。
奈良・大阪・兵庫と大移動することになりとても疲れましたが、それと同時にとても充実した1日でした。

関西旅行最終日~近鉄大阪線撮影編~へ続く。




関西旅行二日目~近鉄・南海・阪急撮影編~

Category : 遠征 |

2日目のこの日は天理臨を撮影するために近鉄けいはんな線・奈良線経由で橿原線へ。
resize12623.jpg
尼ヶ辻~西ノ京にいい感じの撮影ポイントがあるとのことでしたので、
尼ヶ辻駅で下車して沿線散策がてら撮影地を目指しました。
resize12626.jpg
宝来山古墳
教科書でお馴染みの前方後円墳です。
垂仁天皇の陵とされており、宮内庁によって厳重に管理されています。
この付近には歴史のある民家が多く、とても美しい街並みでした。
resize12627.jpg
手前にある小島は田道間守の墓。
垂仁天皇の命により非時香菓を求めて常世の国へ渡ったが、
日本へ持ち帰った時、既に垂仁天皇は亡くなっており、
悲しみのあまりに自殺したとされています。
resize12624.jpg
宝来山古墳のすぐ横を通過する近鉄橿原線。
関西地方には関東では見れないような前方後円墳が数多く存在するのですが、
あまりにも神秘的すぎて恐怖すら覚えます。
resize12625.jpg
22000系
そんな感じで撮影地に到着した訳ですが・・・
想像以上に光線状況が悪く、また左下に看板が写り込んでしまうのも微妙orz
ここに居座っていても良い写真は撮れないだろうと思ったので、
いっそのこと臨時を撮影するのはやめて、大阪へ戻ることにしました。
resize12628.jpg
「あべのハルカス」と住吉区の下町。
朝っぱらから奈良県に出向いた割には収穫が今一つでしたが、
朝ラッシュの近鉄線に乗れただけでも貴重な経験だったと思いますw
resize12664.jpg
7151F
困った時は南海電車!という訳で当ブログでもお馴染みの粉浜駅で本線を撮影する事にしました。
撮り慣れた駅ではありますが、下りホームから撮影するのは何気に初めてです。
resize12656.jpg
10010F
前日、お世話になった「サザン」!
ホントかっこいい・・・関西私鉄の中でも特に好きな形式です。
resize12657.jpg
7131F
南海と言ったらやっぱりこの顔ですよねー。
マイクロから2000系が製品化されることですし、7100系もはやく再生産して頂きたいです。
resize12658.jpg
50501F「特急ラピートβ33号」
恐らく、日本で一番奇抜なデザインの50000系。
赤いのも撮ってみたかったなぁ・・・。
resize12633.jpg
1010F
いきなり曇りやがったので露出が狂いました。
1000系は本線と高野線の両方に対応しているため、運用の都合で転属を行うこともあります。
とても汎用的な形式という訳ですね。
resize12659.jpg
10008F
側面に陽が当たらなくなってきましたが、それでもかっこいいです♪
そうそう全く関係がありませんが、茅ヶ崎駅の発車メロディが「希望の轍」になったそうですね。
暇な時にでもICレコーダーで録音してこようかと思います。
resize12660.jpg
50503F
時刻表には載っていなかったので、恐らく回送です。
比べてみて気付いたのですが、前述の50501Fは編成番号が禿げていますね。
resize12661.jpg
9511F
少数形式である6連の9000系が来てくれました。
こいつを見ると東急車を思い出して少し幸せな気分になれます(*´∪`)
resize12637.jpg
50505F「特急ラピートβ35号」
先日、デビューしたばかりの「Peach×ラピート ハッピーライナー」です。
前回の「シャア専用」に味を占めたのだと思いますが、こういった面白いラッピングは大いに歓迎です。
関西を訪れたら是非とも撮りたいと思っていた車両の一つなので、記録する事ができて良かったです。

続きましては阪急神戸線を撮影するために、梅田経由で御影へ移動しました。
resize12638.jpg
7008F
しょっぱなから大規模改修工事を受けた7008Fが来てくれました。
正直、1000系よりこの顔の方が好きですw
resize12647.jpg
7021F
8連化の際に6000系の中間車が組み込まれるという珍しい経歴を持つ編成です。
右スカ乙と思った貴方は素人!背後の山に砂防ダムがあったから、わざとこの構図で撮ったんです!
resize12640.jpg
8000F
みんな大好き8000系トップナンバー。
こんなにウネウネした線形なのに、電車は減速する事なく高速で通過していくので、
シャッターを切るタイミングが中々シビアです。前パン車なら尚更ですね・・・。
resize12641.jpg
1000F
阪急のニューフェイス!9000系列と比べるとやや豪華さに欠ける気もしますが、
それでも阪急の伝統に則った素晴らしいで車両だと思います。
ただ「A-train」特有のフワフワした乗り心地が結構キツくて酔いそうになりましたw
1000系も関西を訪れたら(ryな型式でしたので、撮ることができて良かったです。
resize12645.jpg
9002F
最後尾が陰ってしまいましたが9000系です。
いつの間にか殆どの編成がHID前照灯になっていて驚愕しました。
resize12646.jpg
9008F
最後にHM編成を捕獲して阪急撮影終了です。
阪急御影は海から離れた場所にあるものの高台に位置しているため、
道路上からでも海を望むことができました。やっぱり阪急沿線は大正義ですね。

この後は山陽電鉄を撮影しつつ姫路方面へ向かったのですが、
記事が長くなってきましたので次回へ続きます。

関西旅行二日目~播磨地域散策編~へ続く。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。