冬の関西二日目~雪の阪急電車編~

Category : 遠征 |

能勢電鉄を楽しんだ後は南方カーブで阪急京都線を撮影してきました。
resize13452.jpg
9304F
阪急はストレートの構図で撮影する機会が多かったので、
このようなアウトカーブ0角度はなかなか新鮮です。
resize13453.jpg
7324F
VVVF試験車も来ました。
この編成は関西へ行く度に遭遇しているような・・・w
resize13454.jpg
9302F
9300系は第3編成まで方向幕となっております。
こっちの方がかっこ良いし見やすいし、なにより撮りやすい(爆)
resize13455.jpg
3311F
7両編成ですと若干もの足りない感じになってしまうので、
もう少し望遠気味に撮った方が様になるかもしれません。
resize13456.jpg
7305F
7300系リニューアル編成。
7320Fがお目見えした時は随分と気合の入ったリニューアルだなと思っていたのですが、
それ以降の編成はVVVFインバータへの換装等、最低限の改造に留まっています。
resize13457.jpg
5300F
5300系トップナンバー。
阪急のトップナンバーはxxx0Fですが、元々京都線ではxxx1Fを第一編成としていたそうです。
そしてその伝統を打ち破ったのがこの5300系だったんだとか。
resize13458.jpg
7326F+8304F
京都線では珍しい異形式併結編成。
通常は8連で運用されていますが、7300系の増結車が検査等の理由で不足すると、
この編成が代走車として抜擢されるようです。
resize13459.jpg
9309F
とてもかっこいい!KATOさん試作品はよ!!
はやくマイクロの9300系と並べてニヤニヤしたいです。
resize13460.jpg
3329F
3300系初のリニューアル編成。
この頃、大阪市内でも少しだけ雪がぱらつきました。
resize13461.jpg
7322F
窓の長さとナンバーの位置が違うだけで全然違った顔に見えます。
正直、未更新の顔の方がかっこいいと思いますね。
resize13462.jpg
3324F
昨年の暮れに7連化された編成です。これにより2325Fが運用を離脱しました。
ちなみにこの日、2313Fは午前の運用を以って入庫していました (´;ω;`)
resize13463.jpg
3314F
元々は8連で活躍していましたが、現在は組成変更を経て7連となっています。
C♯3314は中間に組み込まれていたので、今も前面に転落防止幌の手摺りを見る事ができます。
resize13464.jpg
7305F
ちょっと暗いですね・・・。
中途半端に晴れられるとアイボリーが白飛びしてしまうので困りものです。
resize13465.jpg
3305F
最後に3300系を撮影して今日のところは京都線撮影終了です。
なかなか良い撮影地でした!SSを稼ぐことができない悪天候時にもってこいだと思います。
また、歩行者専用踏切からの撮影なので、車に気を使う必要が無いのがいいですね。
resize13451.jpg
撮影後は前回も訪れましたが南方にある「笑福」で少し遅めの腹ごしらえ。
多すぎず少なすぎず、最後まで美味しく頂くことのできる二郎系です。
ここはつけ麺がメインのお店なので、次回はそっちを注文しようかと思います。
resize13445.jpg
6351F
続きましては、左遷された女王を撮影するために雪の嵐山線へ!
前日、友人から聞かされるまで知らなかったのですが、6300系もHIDになってしまったのですね・・・。
でもまぁ、6300系のかっこ良さは衰えないと思います。
resize13446.jpg
6353F
2本目は雪が止んだので望遠気味に撮影してみました。
ちなみに見ての通りですが、嵐山線には全線を通して複線の用地が確保されています。
元々は複線の路線として開業しましたが、乗客の激減により単線運行となったそうです。
その後、日本は太平洋戦争による資源不足に陥り、この路線も金属供出の対象となりました。
こうして現在の姿となった訳ですね・・・私はてっきり複線の準備工事なのだと思っていました。
resize13473.jpg
松尾大社駅で列車交換を行う6300系。
手前の上桂駅と松尾大社駅で交互に列車交換を行っているようです。
統一すればいいのに・・・とも思えますが、恐らく路線距離の問題なのでしょうね。
resize13448.jpg
松尾大社の参道とそれを横切る阪急電車。
改札を抜けて最初に大鳥居と踏切を目にした瞬間、この構図が頭に浮かんだので、
思い通りに撮ることができて良かったです。恐らく今回の旅行のベストショット!

そんなこんなで阪急電車を思う存分に楽しんだ後は、
京阪電車を撮影するために祇園四条経由で淀へ向かいました。
resize13449.jpg
3006F
かの有名な淀カーブです。
駅から遠いのが難点ですが、冬場の夕方はとても良い光線の中で撮影することができます。
resize13450.jpg
2633F
光線は良好だし背景の山並みもとても美しい!ただ来るのが遅すぎたようで、
この編成を最後に丘陵の影が車体に落ちてしまいましたorz
どうやら17時が限界のようですね・・・折角頑張って歩いてきたのに残念でした。

丁度、スマホとカメラの充電も底をつきそうになっていましたので、
淀カーブは次回に持ち越しという事でホテルに一旦戻り、休憩をしてから再出撃する事にしました。

冬の関西二日目~夜の大阪下町編~へ続く。




冬の関西二日目~能勢電鉄沿線散策編~

Category : 遠征 |

朝の阪急宝塚線を楽しんだ後は、今まで行く機会の無かった能勢電鉄に乗ってみる事にしました。
resize13426.jpg
川西能勢口駅では撮影する時間が無かったので、端折って終点の日生中央駅に到着です。
よく聞く駅名ではありますが、こんな山奥にあったとは知りませんでした。
徒歩圏にかの有名な一庫ダムがありますので、そのうち散策がてら行ってみたいですね。
resize13407.jpg
3170F
3100系は残念ながら留置線でお昼寝をしていました。
飾り帯がとてもカッコいいので、走行写真も撮ってみたいなと思っていたのですが・・・。
ちなみにこの留置線は日生エクスプレスの待機線としても使われるそうです。
resize13476.jpg
1751F
1700系トップナンバー・・・ではないけれど、1750Fが廃車となっているので事実上の最古参です。
種車は見ての通り阪急2100系ですが、導入時に冷房化改造が行われました。
巷では阪急2300系の引退が話題となっていますが、やはり阪急の旧型車は看板車がかっこいい!
resize13428.jpg
続きましては山下駅で乗り換えて、妙見線の終点である妙見口駅へ。
ちなみに今乗車している電車は妙見口~山下に幽閉されているリバイバル編成で、
車内には過去に活躍した車両や沿線風景の写真が展示されています。
resize13410.jpg
1560F
そんな訳で終点の妙見口駅に到着です。
能勢電鉄の車両は4両編成ですが、レトロ車両である1560F・1550Fだけは2両編成となっています。
妙見口~山下の折り返し運用車を捻出するため、1560Fの中間車(1550F)を再電装したんだとか。
resize13409.jpg
ちなみに妙見口駅の駅舎はこんな感じ。
写真では分かりにくいのですが、晴れているのに雪が降っておりとても幻想的な光景でした。
妙見山の玄関口ではありますが、平日だったからなのか観光客らしき姿は見当たりません。
resize13411.jpg
1551F
隣の駅まで歩けそうだったので、ひと駅散歩してみる事にしました。
このような谷戸が広がる風景は阪急線内では見られませんね。
resize13430.jpg
手前に引いてもう一枚!
中小私鉄としては珍しく、10分に1本の間隔で列車が運行されているので、
短時間の間でもなかなか楽しむことができます。
resize13422.jpg
1560F
トンネルを抜ける元阪急電車。
阪急線には地下トンネルやオーバークロスを除くとトンネルが1つしかありませんので、
こうした光景を見る事ができるのも能勢電ならではだと思います。
resize13414.jpg
さらに線路沿いを進みます。
能勢電鉄というと兵庫県のイメージが強いのですが、妙見口~光風台だけは大阪府を走ります。
つまりこんな山奥でも大阪府・・・という訳ですね。
resize13415.jpg
雑木林の向こうにマルーンの車体が!
妙見口は停車時間がかなり短いので、下ったらすぐに戻ってきます。
resize13500.jpg
1555F
いい感じに正面ドカンできそうな場所があったので撮影してみました。
うーん、この雰囲気たまらない!!
resize13475.jpg
少し分かりにくいですが、ここでも雪が降っておりました。
標高の高さはダテじゃないですね。
resize13425.jpg
1560F
先ほどのリバイバル編成が戻ってきました。
背後のときわ台駅を見れば分かるように、かなりの勾配を駆け上がっております。
1区間ゆっくり歩いて30分ほどでしたが、沿線の風景がとても長閑で癒されました。
resize13419.jpg
ひと駅散歩を終えた後は、折り返しの電車で山下駅へ。
日生中央からの電車が接続してくれるので、利便性はなかなかのものです。
resize13420.jpg
1755F
能勢電に来たからにはラッピング車も撮って帰りたかったので、少しの間沿線撮りする事にしました。
雪とマルーンの電車、なかなかオツな組み合わせです。
resize13421.jpg
1758F(里山便)
2本目にして撮りたかった編成が来てくれました。
なかなか綺麗なラッピングです・・・これのために車番の位置まで動かすとは流石です!
ちなみに後で知った事ですが、里山便の運行時刻は公式サイトで公開されていましたw

この後も何本か撮っていこうか少し迷いましたが、曇ってきたのでこれにて撤収することに。
能勢電鉄は今までスルーしてたのが勿体ないぐらいに面白い路線でした。
次回はもっと重点的に撮影したいなーと思います!

冬の関西二日目~雪の阪急電車編~へ続く。




冬の関西二日目~早朝の阪急宝塚線編~

Category : 遠征 |

関西旅行2日目の朝は3/21のダイヤ改正で姿を消すことになる「通勤急行」「通勤準急」と
10連の日生エクスプレスを撮影するために阪急宝塚線沿線へ出向きました。
resize13401.jpg
5100F
朝ラッシュが始まるAM7:00から撮影開始です。
冬至はとうに過ぎたと言えど、この時期はまだ露出が厳しめでした。
resize13367.jpg
8007F
日生エクスプレスの第一列車。
上り7本運転されている当列車の中でも第一列車と第7列車は8両で運転されています。
ダイヤ改正後はこの姿がデフォルトとなる訳ですね。
resize13368.jpg
7011F
この写真では分かりにくいのですが、ドアの断面にステンレス板が挟まれていない編成です。
横から見るとかなり目立つんだよねー。
resize13369.jpg
9003F
肝心な通勤準急は9000系だったので、見事に切れてしまいましたw
でも緑地に4文字は通勤準急だけですから!
resize13400.jpg
5146F
ややカツカツですが少数派であるダブルパンタ編成による通勤急行。
前パンはかっこいいんだけど、とにかく撮りにくいです。
resize13370.jpg
6004F
背景が明るくなってきました。
マルーンを露出の基準にすると、明るい部分が飛んでしまうので考えものですね。
resize13371.jpg
7025F
2+4+2で組成されている珍しい編成。
日生エクスプレスの増結車として使われる事もあるようです。
resize13402.jpg
7033F
川西能勢口で2両を増結し、梅田へ向かう日生エクスプレス!
ダイヤ改正後の増結車の動向が気になりますね・・・通勤特急に充てられるのかな。
resize13373.jpg
6003F
あっ!前回の旅行で撮った編成だ!(書くことがない)
resize13374.jpg
7015F
ちなみにここの撮影地は伊丹空港に着陸する旅客機の航路になっているので、
電車を待っている間でもそれなりに楽しめますw
resize13375.jpg
5128F
なんだかんだで毎回撮影しているシングルアーム搭載編成。
新旧の融合って感じがしてかっこいいです。
resize13376.jpg
7031F
増結車は運用が限られているからか、いつも床下が綺麗ですね。
resize13377.jpg
5104F
京都線→神戸線→宝塚線と阪急を渡り歩いてきた編成。
resize13378.jpg
6001F
元祖アイボリー塗装の試験車両。
アイボリーは品はあるけど白飛びしやすいんですよね・・・。
resize13379.jpg
8040F
やはり8000系は後期増備車がかっこいい!
通勤急行として運用されているところを撮ることができたので満足です。
resize13403.jpg
6007F
密自連を装備しているけど、能勢電には乗り入れられないらしいです。
resize13381.jpg
9005F
しっかしHID前照灯は未だに見慣れない。
世はLED時代なのになんで今更・・・といった感じです。
resize13382.jpg
8041F
日生エクスプレスと言ったら8000系!というイメージ。
resize13384.jpg
日が出てきたので、もはや逆光のような写真になってしまいました。
阪急は本当に露出の調整が難しい。
resize13385.jpg
8034F
ややカツカツですが通勤急行なので一応掲載。
9000系と組むと屋根の高さの違いがハッキリ分かりますw
resize13404.jpg
1003F
一本は被ってしまったので、これが唯一撮影することのできた1000系です。
他の形式と比べるとやけにズングリして見えます。
resize13387.jpg
9001F
9000系宝塚編成のトップナンバー。
KATOさんはこれも製品化するんですかねー。
resize13388.jpg
7032F
撮影地に到着してまだ1時間という現実。朝ラッシュは撮影効率がいいですね♪
resize13390.jpg
5100F
一番初めに撮影した編成が2周目に突入してしまいましたw
resize13391.jpg
8030F
来月の改正で復活する通勤特急はこんな編成になるのかな?
resize13405.jpg
5132F
またまたダブルパンタ編成が来ました。
とてもカッコいいと思います。
resize13406.jpg
5106F
かつては10連で優等運用に就いておりました。これも時代の流れです(?)
resize13394.jpg
8042F
10連による日生エクスプレスの最終便。
resize13395.jpg
6008F
この期に及んでもまだ撮影していない編成が。
増結車を入庫させて、代わりに日中運用車を出庫させているといった感じでしょうか。
resize13396.jpg
8007F
日生エクスプレス第一列車も準急運用で2周目に突入!
そのうち能勢電鉄線内でも撮影してみたいなぁ・・・。
resize13397.jpg
8004F
そして日生エクスプレス最終便は被り並びましたw
これにて朝ラッシュの阪急宝塚線撮影は終了です!

掲載枚数が多く、ややマンネリ化してしまいましたが、
もうすぐ見れなくなるものを記録することができて良かったです。
寒い中、朝練した甲斐がありました( ̄ー ̄)

冬の関西二日目~能勢電鉄沿線散策編~へ続く。




冬の関西一日目~夕刻の南海電車編~

Category : 遠征 |

予告した通りですが、JR東海ツアーズを利用して関西へ行ってきましたので、
その模様をうpしていきたいと思います。
resize13293.jpg
お昼事には大阪難波に到着!
偶然(?)にも大学時代の友人とその連れが関西に来ていたので一緒に行動することにしました。
ちなみに私は「いなこん」を知りません、全て友人の趣味です。
resize13295.jpg
50504F(ラピートβ39号)
初日は午後順光の撮影地で南海電車を撮影しようという事になり、
以前から訪れてみたかった二色浜~貝塚のS字カーブへ。
まだ側面には陽が当たらない時間でしたが、なかなか悪くないですね。
resize13296.jpg
8008F
ただ、短い編成が来ると少し物足りない感じです・・・。
ちなみに8000系は東急5000系と同じような音がするので、とても落ち着きますw
resize13294.jpg
7153F
反対側も撮れない事はないですが・・・前パン車が来るとこの有様です。
resize13327.jpg
10007F(サザン25号)
ボクの大好きなサザン!
しかし架線柱の影が参戦してきたため、やむを得ず手前で切る羽目にorz
冬光線はただひたすら影との戦いですね。
resize13298.jpg
1051F
1000系唯一の4両編成である50番台!
他の1000系と違い、ステンレスの上に塗装が施されていない少し特異な編成です。
resize13299.jpg
1009F
ノーマルな方。
このグレー塗装は白飛びしていないのに飛んで見えるから調整が難しい・・・。
resize13300.jpg
50505F(ラピートβ41号)
「Peach×ラピート ハッピーライナー」は影を回避した結果、こんな早切り写真となってしまいましたorz
しかしこのカラー、改めて見ると不気味以外の何物でもないですねw
resize13329.jpg
7139F
ようやく南海らしいクルマが来てくれました。
前面のデザインは勿論ですが、この四角いクーラーが堪らなく好きです。
resize13332.jpg
1008F
ここからは手前に引いて撮影。
ようやく側面にも陽が回ってきました。
resize13303.jpg
10009F(サザン27号)
クーラーに架線柱の影がかかってしまいましたorz
しかしまぁ、S字は長大編成の方が映えますねー。
resize13333.jpg
1005F
最後に1000系を撮影してS字カーブ離脱です。
なかなか良い撮影地でしたが、やはり架線柱の影がいけませんね。
resize13305.jpg
続きましてはサザプレを撮影するために松ノ浜へ移動・・・ってギャー!なんかきたー!
岸和田駅で白いラピートと待ち合わせをしました。怖いよコレ!!
resize13334.jpg
12002F(サザン33号)
という訳でしょっぱなから「サザンプレミアム」を撮影しました。
平日のサザプレはノーマルサザンと共通運用ですので、狙って撮影するのが中々難しいです。
最終手段として客センに問い合わせると言う荒技もありますがw
まぁ、今回は運が良かったということで。
resize13335.jpg
1009F
あらやだ撮影するの2回目じゃない。
なんでこの形式を撮るとオデコの辺りがボンヤリするんだろう・・・
コントラストを上げないと見れたもんじゃないです。
resize13336.jpg
50505F(ラピートβ49号)
またまた白いのが戻ってきました。
この日は薄曇りでしたので、ほんのり車体に西日が当たって工口な感じになっていました。
resize13309.jpg
7149F
ここでも架線柱の影を抜くために200mmで撮影しているので、短編成が来るとスカスカです。
架線柱もう1本分手前で撮りたいんだけどなぁ・・・。
resize13310.jpg
1008F
おっ、空港に行ってたヤツらがドンドン2巡目に突入しています。
それにしても駅先にしてはかなり良い撮影地ですね♪
高架下の旧線跡地に高い建物が建たない限り、日没寸前まで陽が当たりそう・・・。
resize13311.jpg
10008F(サザン35号)
やばい!西日に当ったサザンちゃん最高にかっこいい。
思えば5年前、落陽に照らされたサザンを粉浜で撮って以来この形式が好きなんです!
resize13337.jpg
2001F
ここに来て「ズームカー」!
折角の山岳仕様なのに、本線で帳尻合わせのように使われているのは少し可哀想(´・ω・`)
ところでVVVFが変調する度に鳴る金属を擦ったような音の正体は何なんでしょう?
resize13313.jpg
50503F(ラピートβ51号)
十分奇抜なデザインなのに、白いラピートの後だと落ち着いて見えますね。
やっぱりノーマル塗装の方が私は好きだなぁ。
resize13314.jpg
7031F
50年選手になってもまだまだ頑張る7000系!
やはりこの顔には片開きドアがよく似合うと思います。
resize13315.jpg
10009F(サザン37号)
いいぞぉーいいぞぉーいい感じだぁー(ゴッドフット)
そういえば今日は新造編成しか撮れていない!(実質3編成しか撮っていない)
resize13316.jpg
8002F
側面はJRのステンレス車と同じですが、前面のデザインが凝っているの安っぽく見えません。
もはや関東の鉄道に個性を求めるのは酷なので、せめて前面だけでもかっこ良くしてほしい。
resize13317.jpg
2003F
雲が切れるとこんな感じでギラリとしてくれます♪
しかしこの時間に2扉4両って・・・と思ってしまうのは関東脳。
resize13318.jpg
そうこうしていると後ろから白いのが通過!
50000系は広角気味に撮った方がかっこいいですね。
resize13319.jpg
7143F
そろそろ書くことがなくなってきた訳ですが、「かっこいい」という事さえ伝われば、
もう言葉なんて必要ないのではないでしょうか・・・?(逃げ)
resize13326.jpg
10010F(サザン39号)
露出が厳しくなってきたので、サザンを撮ったところで本日の走行写真終了です。
二色浜~貝塚のS字が蛇足だったのではないかと思えるほど、松ノ浜ではいい写真が撮れました。
私のお気に入り撮影地リストに載せておくことにします。
resize13321.jpg
南海電車を楽しんだ後はとりあえず大阪難波へ。
ターミナル駅は関西私鉄の魂のような気がしてなりません。
resize13338.jpg
という訳で晩飯は難波の地下街でお好み焼きです!!
久々の再会を祝しつつ(?)職場に対する不満等を愚痴り合いましたw
働く場所、住む場所はそれぞれバラバラになってしまいましたが、どうかお互いお元気で。
resize13322.jpg
梅田まで友人らを見送った後は未乗区間の乗り潰しにでもいこうかと少し悩んだのですが、
翌日も早い事ですし、今日のところは天満橋にあるホテルで休むことにしました。
resize13323.jpg
大川に架かる天満橋から中之島の高層ビル群を望む。
なかなか美しい光景でした・・・いつか関西のビル巡りもしてみたいなぁ。
resize13324.jpg
大阪城と京阪電車。
天守を使ってプロジェクションマッピングを行っていたので「余計なことを・・・」と思っていたのですが、
暫くすると通常のライトアップに戻ってくれました。手持ちで撮影したので画質は今一つですが、
以前から撮ってみたいと思っていたアングルですので、とりあえず記録できて満足です。

そんな感じで関西旅行1日目が無事に終了致しました。
来月の頭には北海道旅行が控えていますので、それまでに全編掲載できたらなと思います。

冬の関西二日目~早朝の阪急宝塚線編~へ続く。