8606F長津田工場入場

Category : 回送・試運転 |

8606Fが長津田工場に入場しました。
resize13983.jpg
Y001F
久々の入場撮影です。
40分前には撮影地に到着したのですが、幕車の入場とあって既に激パでした(笑
でも、もとから縦アンで撮影しようと思っていたので問題なしです!
resize13984.jpg
という訳で本番です。
8606Fにカメラを向けたのは1年と6ヶ月ぶり・・・!
社会人になってからというもの、いかに東急を撮影していなかったかという事ですね。
resize13987.jpg
引いてもう一枚。
しかしながら8500系はいつ見てもカッコいいですヾ(´ε`*)
resize13980.jpg
入換作業。
やっぱ幕車はシブくて良いなぁ・・・。
resize13981.jpg
いつもの切り離し作業・・・。
今日は工場の方もギャラリーが多めでした。
resize13982.jpg
連結して編成を分割。
8606F、綺麗になって出てこいよ!!

今日は天気も今一つでしたので、これにて鉄道撮影終了です。
撮影地でご一緒された方、どうもありがとうございました。
お陰さまでとても楽しい小1時間となりました!




北海道旅行1日目~三笠鉄道村と炭坑の町編~

Category : 遠征 |

札幌到着後は三笠鉄道村を見学するため、岩見沢へ移動しました。
resize13934.jpg
733系(区間快速いしかりライナー)
札幌~岩見沢は特急を使うほどの距離でもないので、普通列車を利用しました。
たまには電車もいいものですね(*´∀`)
resize13935.jpg
岩見沢から約1時間、三笠鉄道村に到着しました。
岩見沢駅からですと、北海道中央バスで三笠市民会館まで行き、
そこで市営バスに乗り変えるルートが推奨されているのですが、
中央バスと市営バスの接続があまり良くないので、今回は市民会館からタクシーを利用しました。
resize13940.jpg
三笠鉄道村は三笠鉄道記念館のある「幌内ゾーン」と「三笠ゾーン」の2つで構成されておりまして、
まずは岩見沢から遠い「幌内ゾーン」から見学していくことにしました。
resize13941.jpg
きゃー怖い(ノ′Дヾ)
三笠鉄道記念館の駐車場にいくつか車両が展示されています。
展示というよりは場所が無かったから駐車場に置いといた感が満載です(笑
resize13942.jpg
自然がいっぱい北海道!
北海道は湿気がないので晴れていても涼しく感じます。
もはや永住したくなるほど快適でした。
resize13943.jpg
謎の組成。
ただ、こういうナローゲージの貨物列車はとてもそそられます。
resize13944.jpg
かつて太平洋炭鉱の専用線で活躍していた電気機関車たち。
なんて可愛い機関車なんだ(*´∀`*)
resize13946.jpg
こちらは住友赤平炭鉱で活躍していたバテロコ。
黒部ルート見学会に参加したときに乗ったトロッコを思い出します。
ちなみに、いずれの炭坑もすでに閉山しております。
resize13947.jpg
DE10形1702号機
みんな大好きデーテン!!主に名寄本線で活躍していたそうです。
ちなみに名寄本線とは名寄から遠軽までを結んでいた路線でして、
JR北海道発足後に廃止となった特定地方交通線としては唯一の本線でした。
とはいえ網走方面へのメインルートは後に開通した石北本線に移行しており、
本線とは名ばかりのローカル線だったそうです。
resize13948.jpg
DD15形17号機
こちらは宗谷本線で活躍をしていた機関車で、冬季は除雪にも使用されました。
いつかラッセルが実際に稼働しているところを見てみたいものです。
resize13949.jpg
キ700形キ756
小樽の博物館でも見かけた広幅雪かき車。
今思うとJR西日本のキヤ143形ってこれにそっくりだ!
resize13950.jpg
DD16形15号機
小樽築港機関区に所属していた機関車で、主に手宮線の貨物輸送に従事していました。
こいつこそ小樽に保存した方が良かったのでは・・・と思えなくもないですが(笑
ここの保存車はちゃんと客車や貨車を引っ張っているので見栄えがいいですね。
resize13951.jpg
キ100形キ274
「キ」は北海道の至る所で保存されていますね。(夕張でも似たようなの見かけたし)
主に石北本線で活躍をしていたそうです!
resize13952.jpg
DD51形610号機・キハ22-52
『おっ!キハ52いるじゃん!52って書いてあるから間違いない!』←間違ってます。
ちなみに左のDD51形は製造から20年もしないうちに廃車となってしまった悲しい機関車です。
resize13953.jpg
キハ27-23
申し訳ないですけど私は神奈川生まれDEN SYA育ち、悪そうな奴は大体友達なので、
キハとか言われてもよく分からないんですよね・・・とくに国鉄形は。
resize13956.jpg
ED76形505号機
続きましては機関庫の中を見学。
ここでは機関車の運転席に座ったり、ハンドルをガチガチして遊ぶことが出来ました!
resize13955.jpg
機関車の並びって頼もしくて素敵です(○´ Д `○)
それと施設の職員(?)がミニチュア鉄道の車両整備を行っていました。
resize13954.jpg
説明が遅くなってしまいましたが、この三笠鉄道村は幌内線の廃止と同時に開業した施設で、
北海道の鉄道や幌内線の歴史を後世に伝える事を目的としています。
幌内線とは岩見沢~幾春別と支線の三笠~幌内を結んでいた北海道で一番古い路線でして、
旅客輸送は勿論、幌内炭鉱から産出された石炭を小樽や苫小牧といった港へ輸送していました。
しかし炭鉱の閉山と共に幌内は衰退し、需要減少と共に幌内線も廃止となってしまったそうです。
北海道の鉄道の歴史は常に炭鉱と共にあるのだなと実感させられますね・・・。

これにて「幌内ゾーン」の見学は終了です。
三笠鉄道記念館では写真や映像、模型を通じて鉄道の歴史を学ぶことができるので、
とても為になりました。正直、屋外展示よりも屋内展示の方が興味深かったです。
幌内線の映像なんて「思えば遠くへ来たもんだ」のBGMも相まって涙なしでは見られません(笑
resize13939.jpg
三笠鉄道村の近くに趣のある住宅街があったので、立ち寄ってみることにしました。
人が住んでいる家ももちろんあるのですが、殆どは空き家でとても寂しい雰囲気です。
resize13936.jpg
行きに乗ったタクシーの運転手さんを呼び出して軽く観光案内してもらったのですが、
その人の情報によると、ここがかつてのメインストリートだったそうです。
resize13937.jpg
かつては栄えていたそうですが、それも今では・・・。
至る所に潰れた民家があるので、解体されたのかなと思っていたのですが、
実はそうではなく、放置された廃墟は雪の重みに耐えきれず潰れてしまうのだそうです。
resize13958.jpg
こちらの集合住宅は炭鉱住宅を改良したものです。
今の幌内(金谷)の町には似つかわしくない大規模な住宅ですね。
それだけ多くの人夫やその家族で賑わっていたということなのでしょう。
resize13959.jpg
しかしながら現在は殆どの窓がベニヤ板で埋められております。
resize13960.jpg
地元の人いわく、住んでいるのは数人しかいないそうです。
resize13961.jpg
しかしながら電柱のない風景はとても美しいです。

実はこの後、運転手さんの紹介でとある民家を見学させてもらうことができました。
その民家にはお婆ちゃんとそのお兄さんが住んでおり、兄弟で家を守っているそうです。
お婆ちゃんから幌内の話を沢山聞くことができたのですが、この街の変わり様について、
「炭坑がなくなるっていうのはこういうことなんだよね」と語っていたのがとても印象的でした。
個人宅なので画像掲載はできませんが、古い広告やホーロー看板がたくさんあり、
当時の空気を残す貴重な空間だったと思います。どうか末永くお元気で!!

お婆ちゃんにお礼を言った後は、タクシーで「三笠ゾーン」へ移動しました。
resize13962.jpg
DD51形546号機
ここにはかつて三笠駅があり、幌内へ伸びる貨物支線が分岐しておりました。
歴史の割には随分と綺麗な駅舎だなと思っていましたが、
どうやら廃止後に初代の駅舎を再建したものだったようです。
resize13963.jpg
キハ80系(キハ82-87・キハ82-100・キハ80-145・キハ80-150・キロ80-52・キシ80-27)
6両まるまる保存されているキハ80系!
これを見たいがためにここまで来たと言っても過言ではありません(笑
resize13964.jpg
幌内線の廃線上に展示されており、知らない人が見たら現役の路線のようです。
実際にこんな組成があったのかは知りませんが、編成で保存されているのってかなり珍しいですね。
resize13965.jpg
パノラミックウインドウがとてもかっこいい!
土砂降りの雨でしたが、テンションはあがりまくりです。
resize13967.jpg
しかし反対側はライトや幕部分のガラスが破壊され悲惨な状態に。。。
それと欲を言うなら車内にも入れるようにしてほしいですね。
resize13966.jpg
自然に戻りつつある幌内方。
再整備する計画があるそうなので、密やかに期待しています。

これにて三笠鉄道村の見学は終了です。
この後は歩いて三笠市民会館へ向かう予定でしたが、酷い雨でしたのでタクシーを呼ぶことに。
ちなみにこのタクシーを利用したのは3回目!運転手のオジさんには最後までお世話になりました。

で、そこからはバスを利用するつもりだったのですが、なんとなんと会館の職員の方が、
これから岩見沢方面へ帰るという事で便乗させてもらえることに・・・!
北海道の人って余所者にも親切なんですよね、これまでどれだけの人に助けられたことか。
これ、私の勝手な推測なので軽く聞き流して頂いて結構なんですけれども、
北海道に住んでいる人のルーツって殆どは内地からの移民な訳じゃないですか。
だから余所から来た人を快く受け入れてくれるのではないかなと思った訳です。

そんなことはどうでも良く、とにかく会館のオジさんに心の底から感謝です!
resize13968.jpg
そんな訳で少し早めに岩見沢駅に到着です。
ちょっと分かりにくいですが、春に引退した711系の姿をみることができました。
resize13969.jpg
183系(オホーツク7号)
岩見沢からは特急を利用して、ホテルのある旭川へ!
車内から見た夕焼けがとても綺麗でした・・・。
resize13970.jpg
近代的なホームに停車するキハ40系はいつ見てもシュールです。
resize13971.jpg
261系(スーパー宗谷3号)
お!これは前回の旅行でお世話になった稚内行き最終の宗谷!
あの時の楽しかった思い出と突き刺すような寒さが蘇ります・・・笑
resize13972.jpg
晩飯は会館のオジさんの「浮いたバス代で美味い物を食べて」という助言どおりに、
いやー、ホルモンは美味いです!そしてキンキンに冷えたビールは犯罪的でした!
resize13973.jpg
〆は当然のことながらラーメンです。
前回は全くと言っていいほどラーメンを食べなかったので、今回の旅行で挽回しました。
しかし旭川の夜は早いですね。10時代に開いているラーメン屋を探すのにとても苦労しました。

これにて北海道旅行1日目が無事に終了致しました。
初日にしてはとても濃い1日だったと思います!

北海道旅行2日目~ノロッコ号でラベンダーへ編~へ続く。




北海道旅行1日目~最後の北斗星で札幌へ編~

Category : 遠征 |

7月下旬にまたまた北海道旅行へ行ってきましたので、その模様を掲載していきたいと思います!
resize13911.jpg
東北本線・常磐線と東海道本線の相互直通運転が開始され、
「北の玄関口」というイメージが益々薄れている上野駅。
もはやその面影を残すのはこの「北斗星」だけなのかもしれません。
resize13912.jpg
しかし、その北斗星も8月21日で運行終了。
鉄道旅行の様式はこの半世紀で全く別のものになってしまいましたね。
resize13915.jpg
約5ヶ月前に、まったく同じ場所で写真を撮りました。
あの時と違うのは気温だけです。
resize13913.jpg
今回、乗車したのは「オハネフ25-12」
つまるところの開放型寝台ですね!
resize13916.jpg
開放寝台に乗車するのは初めてなのですが、こちらの方が雰囲気があって良いですね。
全く知らない人と同じ空間で一夜を共にする・・・というのが寝台特急の醍醐味なのかもしれません。
resize13927.jpg
EF510形509号機
ちなみに牽引機はカシオペアカラ―でした。
青森まで宜しくお願いします!
resize13917.jpg
ディナーはグランシャリオで頂くことにしました。
ただ、夏時間は郡山あたりまで外が明るいので、雰囲気もクソもあったもんじゃないです(笑
しかしながら、料理自体はとても美味しく、最後まで楽しむことができました。
resize13933.jpg
今回はパブタイムの座席も確保することができたので、更に夜食を頂きました♪
流れる夜景を眺めながら飲む酒はうまい!!

そんな訳でパブタイム終了後は翌日に備えて早めに就寝することに。
個室に乗車した時はずっと話しこんでしまい全然寝ることができませんでしたが、
開放は夜遅くまで話していると迷惑になるので、ある程度の時間がきたら寝なくてはなりません。
(といっても結局はラウンジで深夜まで駄弁ってしまいましたが・・・)
resize13918.jpg
一発目の放送で目を覚まし、しばらく走ると北海道の玄関、函館駅に到着しました。
青森と青函トンネルで目を覚ましてしまったのはやはり鉄道オタクの本能でしょうか?笑
resize13928.jpg
DD51形1148号機
今回はDD51形側の連結作業を見学しました。
北斗星やカシが廃止になったらどうなっちゃうんでしょうね・・・。
resize13929.jpg
連結する瞬間は見ているこっちまで緊張してしまいます。
resize13921.jpg
うーん、渋い!
電車の運転士とは少し違う風格がありますね。
私もいつかこんな運転士になりたいです!
resize13922.jpg
連結したらすぐにブレーキ等の動作確認が始まります。
とても気持ちのいい歓呼でした。
resize13923.jpg
DD51形1102号機
ちなみに先頭車両は人大杉!
しかしながら札幌駅はホームの端ギリギリの所に停目があるので、
まともにHMを見ることができるのは函館ぐらいなんです。

この後はグランシャリオで朝食を食べ、寝台車に戻りまさかのニ度寝をしました(笑
resize13924.jpg
車窓風景に建物が増えてきたところでお馴染みのハイケンスが流れます。
あの曲を聞くと本当に切なくなるんですよね・・・旅ももう終わりなのだと(始まったばかりだけど)

そんな訳で終点の札幌駅に到着しました。
やっぱり寝台列車っていいなぁ・・・外の世界を遮断することができるかけがえのない空間です。
resize13925.jpg
廃止になるのが残念でならないけど、これも時代の流れですね。
寝台列車が存在する時代に生きていたことを誇りに思いたいと思います。
resize13926.jpg
733系
今回の旅行は3月に乗ることのできなかった路線に乗車し、
北海道のJR線(日高本線を除く)を制覇することが目的なのですが、
とりあえず初日は観光をメインにしようという事で「三笠鉄道記念館」へ向かいました。

北海道旅行1日目~三笠鉄道村と炭坑の町編~へ続く。




7901F長津田工場出場

Category : 回送・試運転 |

7901Fが長津田工場を出場しました。
resize13905.jpg
回送・試運転のカテゴリーで投稿するのはかなり久しぶりですね。
築堤で一発撮れればいいかなと思い広角レンズしか持ち合わせていなかったのですが、
予想以上に仕事が長引いてしまい、国線内で撮るのは厳しい感じになってしまったので、
広角でもなんとかなりそうな長津田以西で撮影することにしました。
肝心な7901Fがあまり写っていませんが、デヤサンド感は出ているので良しとします。
resize13910.jpg
折り返しはお気に入りの築堤で撮影。
仲間たちが第一線から退いている中での検査出場はとても嬉しいです!
しっかし暑い日が続きますね・・・こんな日に電車撮ってるヤツは馬鹿です(褒め言葉)

以上です!