スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2015東急電車まつりin 長津田」開催

Category : 長津田検車区・工場 |

縁あって「2015東急電車まつりin 長津田」へ行くことができましたので、
その模様を簡潔にうpしていきたいと思います。
resize14088.jpg
デハ7702(運用離脱)・デハ7703(検査入場)
工場に入ってしばらく歩くと7700系がお出迎え。
こうした展示車両は無架線地帯に置かれるものと思っていたので、少し意外でした。
同じ7700系なのにどこで命運が分かれたのか・・・。
resize14100.jpg
Y003Fと並べてみる。
今日は生憎の曇り空でしたが、お陰で展示車両が逆光にならずに済みましたね。
resize14089.jpg
Y001F+Y003F
今年も国線は増結・増発の3編成体制で運行されていました。
毎年、Y000系による増結運用を見ることができるようになって嬉しい限りです。
resize14090.jpg
AO1476
長津田2.5号踏切を渡るとそこには新型エアロスターが!
なかなか上品でイカした面構えだと思います。
resize14091.jpg
上司に挨拶をしつつ建屋に入ると、クハ9010が宙を舞っていました。
入り口で頂いたパンフには「5014号車」と書かれていたで、むしろ9000系でラッキーでした♪
resize14092.jpg
クハ9110
検査真っ只中な9010F。
この編成は9000系の中でも最後まで東横線で活躍していたグループなので、
特に思い入れがあります・・・(*´∀`)
resize14103.jpg
どこから見てもカッコいいのが東急電車のイイところ。
ただ、車端の蛍光テープはホントにいらねぇ!!
resize14093.jpg
4110F
今年最大の目玉は「Shibuya Hikarie号」でしょうね。
展示の為にわざわざ恩田まで持ってくるとは思っていなかったので、かなり驚きました。
resize14107.jpg
それと同時に国線初入線でもありました。
あー、仕事さえなければ回送も撮りにいけたのにー(#`Д´)
resize14102.jpg
電チラ。
肝心な部分が写っていないので説得力に欠けるのですが、私は4110Fの幕板帯が嫌いです。
というのも、クハの帯は車端に向けて白くグラデーションされていっているのに、
2号車・9号車の帯は何を思ったのか、いきなり黄色からはじまるのです。
編成を通したデザインなら2号車・9号車の帯は白から黄色になるべきではないでしょうか?
私はどうしてもこの部分が受け入れられず、毎晩眠れぬ夜を過ごしています。
resize14101.jpg
どうでもいい持論はさておいて、先へ進みます。
今年の「電車と綱引き」はクハ7903が対戦相手でした。
何十年たってもステンレスの輝きが衰えることはありません!
resize14095.jpg
続きましては屋外展示へ移動。
新型のマルチプルタイタンパが展示されていました。
随所に「のるるん」がデザインされており、とても可愛らしいですね。
一方で無架線地帯には電車が1両も置かれておらず、
デカいカメラを持ち歩く大きいお友達にはもの足りないラインナップだったと思います。
resize14108.jpg
7500F
定番ですが、徳井さんの車内見学も行われていました。
いつもならスルーするところですが、今年はブレーキを弄らせてもらえる様子だったので、
気合で長蛇の列に参戦してきました!
resize14109.jpg
並ぶこと1.5時間、ようやく車内に入ることができました。
グループ毎に案内していたので、車内をじっくり見ることができて良かったです。
resize14097.jpg
そんな訳でお目当てのブレーキプシュプシュタイム♪
車掌を煽りまくって遊びました、とても楽しかったです。
resize14098.jpg
カップル席。
トークアイが廃車になったら買い取って、彼女と天体観測するんだ。
resize14104.jpg
目隠し用?の休車たち。
建屋内を一通り見終わると微妙に晴れてきました。
KATOの5050系は帯の色がやや赤すぎないかい?と思っていましたが、
同じ5050系でも4000番台と5050系(元は5000系だけど)ではこんなに色が違うんですね。
単純に退色しているだけなのか、それとも帯の色を変えたのか。
resize14105.jpg
最後に恩田の功労車を撮影して長津田工場離脱!
前回も同じことを書いたかもしれませんが、身近な工場の中に入れただけでも大満足でした。
招待してくれた某ポーさん、ありがとうございやした!
resize14110.jpg
Y001F+Y003F
最後に築堤で重連編成を撮影して本日の撮り鉄終了。
架線柱の処理を誤った気がしなくもないですが、光線がクソな時点でォ㍗リマス。

以上です!



スポンサーサイト

北海道旅行2日目~ノロッコ号でラベンダーへ編~

Category : 遠征 |

かなーり期間が開いてしまいましたが、北海道旅行の続きを掲載していきたいと思います。
2日目は富良野線と根室本線(滝川~新得)を乗り潰すため、富良野・美瑛ノロッコ号に乗車しました。
resize14055.jpg
DE15形1533号機(ノロッコ1号)
旅の始まりは旭川!
なかなかカラフルで綺麗な機関車ですね。
resize14083.jpg
客車はその名の通り、トロッコに改造されたもので運行されているので、
外からの風がとても心地いいです。
それにしても北海道は外国人(主に中国人)がとても多いですね。
この列車だって乗客の殆どが中国人でしたし・・・。
resize14057.jpg
そんな感じで走ること40分、 美瑛に到着しました。
ここでしばらく停車しますので、下車して記念撮影することに・・・。
resize14059.jpg
この手の機関車はローアングルで撮るととてもかっこいいですね!
resize14060.jpg
反対側はこんな感じです。
これらのトロッコは50系客車から改造されたものですが、中間に組成されている
ナハ29000形は「カートレイン」で使用されていたワキ10000形の改造車なんだそうです。
resize14061.jpg
美瑛を発車すると北海道らしい美しい風景が!
美瑛町は「日本で最も美しい村連合」に加盟している町でして、
「ケンとメリーの木」や「セブンスターの木」など、とにかく木が有名です(笑
ちなみに名曲「Winter, again」のPVが撮影されたのもこの美瑛町なのです!!!
resize14062.jpg
そんな訳でラベンダー畑駅に到着。
せっかくの富良野ですから、ラベンダー畑を観賞しましょうという訳です。
resize14063.jpg
ちなみにこのラベンダー畑駅は6月~10月下旬までの間しか営業していない臨時駅です。
この簡素なつくりがまた(・∀・)イイ!!
resize14065.jpg
とにかくラベンダー畑へ向かいます。
ふむふむ富良野川の由来は・・・臭気のある川!!最悪じゃねーか!!
resize14064.jpg
そんな臭気のある川を越えるとラベンダー畑が見えてきました!
あれ・・・想像していたよりも小さいぞ??
resize14066.jpg
なにはともあれラベンダー!
いいぞいいぞ!思ったよりも綺麗だぞ!
resize14067.jpg
接写してラベンダー!
ラベンダー=トイレの匂いというイメージがインプットされてしまっている悲しき脳みそ。
resize14068.jpg
その他にも色とりどりのお花畑♪
こっちのほうが綺麗じゃないですか。

で、そろそろノロッコの折り返しが来る頃でしたので、駅に戻って撮影する事にしました。
resize14084.jpg
ノロッコ2号
ド逆光だったけどそりゃもう、精一杯頑張りましたよ。
広角レンズしか持ち合わせていなかったので、被写体ブレしないよう必死でした。
resize14069.jpg
上り列車からも沢山の人達が降りてきます。
北海道の観光地ばかり巡ってると「JR北海道って本当に赤字なの?」と思ってしまいます。
resize14070.jpg
横から撮ってみたけど微妙でした~。
resize14071.jpg
キハ150形
普通列車も併せて撮影。背後の山は富良野岳ですかね。
ちょっと陰っちゃったけど夏の北海道らしい写真が撮れて満足です。
resize14072.jpg
鉄道撮影後は再びのラベンダー畑へ。
いやー、これは文句なく美しい!
人があつまる理由がわかりました・・・この景色を見れただけでも来た甲斐があったってもんです。
resize14073.jpg
お花畑も同じくとても美しい!
ヘタクソ写真のせいでうまく伝わらないのがとても残念です。

これにてラベンダー畑観賞は終了です。
ここら一帯は「ファーム富田」という会社が作り上げた観光地なのですが、
そのすぐ隣に「とみたメロンハウス」というその名の通りメロンを売っている施設があります。
同じ名前だから同系列の会社なのかなーと思っていたのですが、どうやらそうではないようで、
「ファーム富田」側は「とみたメロンハウスの商品は持ち込み禁止」的な看板をあげたりして、
敵意をむき出していました。確かに知らない人からすればラベンダーよりメロンだもんなー。
resize14074.jpg
ラベンダー畑(あえてメロンの宣伝はしません)を楽しんだあとは、
後続のノロッコ3号で富良野駅へ向かいました。
resize14075.jpg
旋回窓とは無縁の季節ですねぇ・・・。
resize14077.jpg
走ること15分、終点の富良野駅に到着です。
やはり車内は中国人だらけでした・・・というか北海道はマジで中国人だらけです。
resize14076.jpg
そして「ノースレインボーエクスプレス」と並びました!
ハイデッカーいいなぁ、いつか乗ってみたいなぁ。
resize14078.jpg
さらにお向かいには「クリスタルエクスプレス トマム & サホロ」が!
富良野はジョイフルトレインの宝庫でしたヽ(*´v`*)ノ
resize14079.jpg
あの夏から随分遠くに来た感。
この後、ノロッコ3号はノロッコ4号となり、再び旭川へ戻ります。
これで帰った方が楽チンなのですが、我々には根室本線を完乗するというミッションがあったので、
富良野・美瑛ノロッコ号とはここでお別れです。
resize14080.jpg
腹が減ってはなんとやら、という訳で富良野駅で下車しました。
もう15時だっていうので、途中で食べたのはアイスだけ・・・
でも楽しかったから空腹に気付きませんでしたね。
resize14027.jpg
んで、お昼は駅の近くにある「くまげら」というお店で「和牛ローストビーフ丼」を頂きました。
覚えている人はいるでしょうか?そうです、2年前にバイト仲間と行ったお店です。
それなりにお値段はしますが、肉がとても甘くて本当に美味しかったです。
この味が忘れられず、都内のローストビーフ丼を食べに行ったこともありましたが、
本場と比べるのはおこがましいレベルでした。それだけここの肉は旨いってことです!
resize14081.jpg
美味しい物を食べて満足した後は、散歩がてら「クリスタルエクスプレス トマム & サホロ」を見学。
(当然ながら敷地外から撮影)検査したばかりなのか、床下がとても綺麗でした。
しっかしカッコいい車両ですね、模型化されていないのが不思議なぐらいイケメンです。

記事が長くなってきたので、これにてノロッコ号でラベンダー畑へ編終了です。
この後は、根室本線で鉄道員のロケ地、幾寅を目指しました。

北海道旅行2日目~根室本線完全乗車編~へ続く。




8606F長津田工場出場・1504F雪が谷回送

Category : 回送・試運転 |

8606Fが長津田工場を出場しました。
resize14015.jpg
恩田の側線で待機中・・・。
屋根はとても綺麗だけど、ボディと床下が微妙な感じでした(爆)
resize14009.jpg
8615F
予想通り、どこも激パっていたので、たまプラ俯瞰構図で撮影する事にしました。
うーん、やはり軽量車はかっこいい!
resize14019.jpg
んで本番。
カメラを上に向けすぎたのが敗因でしたorz
でもまぁ、これ単体で見れば悪くないかな―??
resize14011.jpg
5107F
今日は徳井さんの回送もあったので、引き続き撮影することに。
resize14012.jpg
8637F
青帯ちゃん撮ったの何年ぶりだろう・・・。
通勤時はよく当たるんですけどね。
resize14013.jpg
折り返しもしっかり撮影。
東名高速の落書きを回避した結果、やや窮屈な感じになってしまいました。
しかしまぁ、ピカピカな屋根を撮りたかっただけなのでオールオッケーです。



1504Fが雪が谷検車区に回送されました。
resize14014.jpg
最近の東急事情を全く把握していないので、1500系とかちょー苦手。
しかしながら久々のデヤサンドはなかなかナイスでした。

そんな感じで跨線橋離脱ですっ!
resize14016.jpg
2002F
丁度、34Kが来るころだったので、たまプラの駅先で撮影。
定番構図すぎて吐き気がするけども、LEDを写したいならここが一番なんですよねー。

これにて鉄道撮影は終了です。
この後は町田の模型屋で軽く運転会を開催!
resize14017.jpg
自作のジオラマを販売しているお店なだけあって、とてもクオリティ高めなレイアウトでした。
これで1時間500円なんだから文句の言いようがありません。
resize14018.jpg
素晴らしいS字カーブ。
お陰さまでお気に入りのお店となりました。

以上、そんな感じです。




エボテンでヨコハマへ

Category : クルマ |

公休前の明けという絶好のドライブ日和でしたので、まったりと大黒ふ頭へ行ってきました。
resize14008.jpg
ここ最近、足元の悪い日が続いたので、久々に気持ちのいい天気でした。
resize14007.jpg
夕日がとても綺麗です・・・もう台風はごめんですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。