北海道旅行3日目~留萌本線はゆっくりだった編~

Category : 遠征 |

先日、北海道の市街地でも初冠雪を観測したようで、あの夏の記憶が遠のいていく今日この頃です。
3日目のこの日は2016年に一部廃止となることが決まった留萌本線に乗ってきました。
resize14230.jpg
キハ54-501
旅の起点は深川駅です。
札幌と旭川を行き来する際に何度も通っている駅ですが、下車したのは初めてでした。
resize14198.jpg
パッと見は2両編成・・・なのですが、ケツにくっ付いているのは留萌始発用の送り込み回送なので、
残念ながら乗り込むことができません。丁度18きっぷシーズンと被っていてそれなりに混んでいたので、
少しは配慮してくれと思った次第であります。
resize14199.jpg
田園地帯・山岳地帯を走ること約1時間、留萌に到着しました。
なかなかいい景色でしたが、混雑で撮影する余裕がありませんでした笑
resize14200.jpg
この駅で後ろの1両を切り離す訳ですね。
いよいよここから先、2016年に廃止となる留萌~増毛に突入します。
resize14201.jpg
日本海キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
留萌から先は海岸線を走るので、とても気持ちがいいです!
所々に見かける小さな漁港が良い雰囲気でしたヽ(〃v〃)ノ
resize14202.jpg
留萌から40分ほどで終点の増毛駅に到着です。
留萌本線って本線の割には路線距離があまり長くないんですね。
resize14231.jpg
もはや駅自体が観光地と化していました笑
今は何とも思っていないかもしれませんが、これが10年20年すると良い思い出になるんですよね。
resize14206.jpg
全国のハゲの皆さん!増毛に行って留萌本線を救いましょう!爆
ちなみに「マシケ」にはアイヌ語で「カモメの多いところ」という意味があるそうですよ。
resize14205.jpg
簡素だけど趣のある駅です。
夜はもっといい雰囲気なんでしょうね!
resize14203.jpg
昔は貨物輸送の要所となっていた駅でしたので、今も本線の隣にヤード跡が残されています。
北海道にはこういった、鉄道輸送の過去の栄光を感じさせる駅がとても多いんです。
resize14207.jpg
鉄路の果て。
車止めを見ると「旅の終わり」って感じがして何とも寂しい気持ちになります。
そして旅を人生に置き換えるともっと寂しい気持ちになります。
resize14208.jpg
増毛町自体、人口は減っているものの炭鉱町なんかと比べるとそれなりに元気な町だと思います。
しかし、鉄道に沿って建設されている高規格道路を見てしまうと、廃止になるのも仕方ないのかなと。
resize14232.jpg
増毛駅で感傷に浸った後は、次の目的地である恵比島駅へ向かいます。
帰りの列車は空いていて快適でした~♪
resize14210.jpg
車窓に広がる北海道の大自然!
resize14211.jpg
そして日本海!
やはり夏は良いですね・・・なんだかんだで夏が一番好きです。
resize14212.jpg
途中の峠下駅で列車交換。
名前の通り、峠にある駅でして、とても山深かったです。
resize14213.jpg
という訳で恵比島駅に到着しました。
次の列車まで3時間ほどほどありましたので、まったり散策することに!
ちなみにかつてこの駅からは留萠鉄道という私鉄が発着しており、
今も線路の向かい側に本社の跡(廃墟)が残されております。
resize14233.jpg
まずは腹ごしらえ・・・ということで駅弁をいただきます。
ホームに足をかけて駅弁を食べるという、長年の夢が叶って良かったです(*´∀`* )
resize14214.jpg
しかしなぜ恵比島なのか!?
実はここ、テレビドラマ「すずらん」のロケ地として有名なんだそうで、
連れの先輩がこのドラマの大ファンだったから寄ることになったわけです。
resize14215.jpg
そして駅の中には駅長さんが。
残念ながら「すずらん」は観たことがないので、どういう作品なのかわかりませんが、
先輩曰く「国鉄が好きな人には堪らない」そうです。
resize14216.jpg
作中で使われていた「明日萌」という駅名がそのまま残された駅舎。
実はこれ、ドラマの為に作ったロケセットなんです。
resize14219.jpg
で、本物の駅舎はこっち涙
北海道には駅舎を解体して貨車駅舎にしてしまった駅が数多く存在しますが、
ここの場合は貨車を目隠しするために木造風のセットが組まれていました。
resize14218.jpg
駅前にもロケセットが残されています。
うーん、やはり作品を知らないとあまり感動がありません。
こんど観てみるかな―。
resize14217.jpg
駅前に旅館を改築して作られた「農民カフェ」というお店がありましたので、
ここで次の列車を待たせてもらうことにしました。
お座敷の部屋を使わせてもらったのですが、窓から吹き込む心地いい風と、
レコードから流れるユーミンの曲が相まってついウトウトしてしまいます。
(実際、お店の中で1時間ほど昼寝をさせてもらいました笑)
また、2階には貴重な鉄道部品などが展示されており、とても楽しめました。
料理も美味しかったし大満足です、そして融通を効かせてくれた女将さんに感謝です。
resize14220.jpg
キハ54-502
そんな感じで予定通り、17時の列車に乗り込んで恵比島をあとにしました。
まさか見知らぬ土地でこんなにマッタリとした時間を過ごせるとは思ってもいませんでした。
逆に先ほどの「農民カフェ」が無かったらどうなってたんだろう・・・笑
しかしながら、こうした無計画な旅も悪くないです。
resize14221.jpg
ようやく深川駅に戻ってこれました。
かれこれ6時間も留萌本線沿線をウロウロしていた事になる訳ですね。
いやー、贅沢な時間の使い方をしました。
resize14222.jpg
これで留萌本線は全線完乗となりましたので、残すは札沼線と支線のみです!
ホントは日高本線も乗りたかったんですけどね・・・早期復旧してくれることを祈ります。
この後は後続のオホーツク6号で滝川まで行き、宿のある帯広を目指しました。
resize14224.jpg
キハ40-1765
滝川では前日、富良野で遭遇した「ノースレインボーエクスプレス」と再びの再会。
ここから3時間ほどはひたすら根室本線ローカル旅となります。
resize14229.jpg
もう夜なので写真は端折りますが、新得に到着です。
この2日で幾寅駅界隈を3回も通過してしまいました笑
resize14225.jpg
キハ!キハ!キハ!
resize14227.jpg
前日の新得もなかなかでしたが、この日は雨が降っていたので更に寒かったです。
ここからは特急様を利用して帯広へ、やはり特急は大正義だ!
resize14228.jpg
新得からは30分ほどで終着の帯広に到着です。
さすがに疲れたので、この日はさっさと晩飯を食べて就寝することにしました。
そして帯広は思ったよりも都会でした!

やや駆け足となってしまいましたが、これにて北海道旅行3日目が無事に終了しました。
いよいよ大詰め、次回は夕張支線と札沼本線の乗車に動き出します笑

北海道旅行4日目~夕張支線と札沼線乗車編~へ続く。




北海道旅行2日目~根室本線完全乗車編~

Category : 遠征 |

富良野線を楽しんだ後は、幾寅駅で高倉健さんを偲びつつ根室本線を完全乗車する事にしました。
resize14192.jpg
キハ40-1722
とりあえず幾寅駅へ向かいます。
余談ではありますが画像サイズが少しだけ大きくなりました!
こんなダメダメ写真を嫌というほど見せられる皆さまが不憫でなりませんな。
resize14169.jpg
富良野から約1時間で幾寅駅に到着です。
前回は車でしたのであまり感動がありませんでしたが、キハでこのホームに降り立つと
「ほろまい~ほろまい~」という声が聞こえるような、そんな気がいたしました。
resize14193.jpg
望遠レンズを持ち合わせていなかったので鬼トリミング。
うーん、やっぱり冬景色の時に訪れたい風景ですね。
resize14171.jpg
映画「鉄道員」では廃止寸前のドローカル駅という設定ですが、
実は学生等の利用者がそれなりに多い駅だったりします。
resize14172.jpg
幾寅の駅舎~♪
ちなみに花壇のラベンダーは隣接する観光案内所の職員さんが植えたそうです。
あちらの職員さんには今回の旅行でとてもお世話になりました・・・。
resize14173.jpg
少しだけ晴れてきました。
今や腕木式信号どころか、信号機自体がなくなる時代です。
resize14174.jpg
キハ40-764とだるま食堂のセット。
前回も同じようなアングルで撮影したような気がします笑
resize14168.jpg
前回も同じような(ry
やっぱり夏の空はこうでなくちゃいけませんね!
resize14175.jpg
「鉄道員」という映画を抜きにしてもかなり趣のある駅舎です。
勿論、映画用に改修されているのでこれもセットと言ってしまえばその通りですが。
resize14177.jpg
窓口には高倉健さんの写真が。
健さんの演じる鉄道員の姿は自分にとっての憧れでもありましたので、
他界してしまったのが残念でならないです。。。
resize14178.jpg
一通り見てから外に出ると、だるま食堂の後ろに虹がかかっていました。
高倉健さんへの追悼を感じずにはいられません。
resize14179.jpg
またまた曇ってきてしまいましたが、哀愁誘う雰囲気がなかなか良かったです。
resize14180.jpg
キハ40-1741
時間が時間でしたので、職員さんらとお別れをしつつ終点の新得へ向かいます。
いやーほんと、今回の旅行は地元の人々に何度も助けられました。
北海道ってなんでこんなに優しい人が多いんですか。
resize14181.jpg
高原列車はラララララ行くよ ~~♪
幾寅から新得までは2駅しかありませんが、駅間が長いので40分ほどかかります。
ただひたすら山トンネル山トンネル橋トンネル山トンネルトンネルといった感じでした。
resize14183.jpg
そんな感じで終点の新得に到着です。
これにて根室本線は全線完乗!残すは留萌本線と札沼線と夕張支線のみです!
resize14184.jpg
北海道はキハ帝国ですねぇ・・・とても良い事だと思います。
ちなみに特急街道である石勝線とは新得~落合のトンネル内で分岐します。
なかなか面白い構造ですよね!
resize14194.jpg
気動車の運転士ってかっこいい///
片手で運転できるような電車なんて玩具と同じじゃ!!
resize14185.jpg
スーパーおおぞら10号
これで札幌まで戻れればどんなに楽なことか・・・笑
ちなみに、新得~新夕張は普通列車が運行されていないので、
その代わりに普通運賃だけで特急車両に乗車することができます。
resize14186.jpg
入換なう~。
さすがは北海道、7月下旬と言えど日が沈むと肌寒く感じました。
resize14188.jpg
キハ40系見学会開催!
こういうの見ると模型が欲しくなってくる・・・けど気動車は相当な沼だそうなので我慢します。
resize14187.jpg
今はまだ誰もいないターミナル駅。
しかしラッシュになれば沢山の人がこの跨線橋を渡る事でしょう。
resize14189.jpg
せっかくなので駅周辺もブラブラと散策。
「フクハラ」というご当地スーパーがあったので時間つぶしがてら買い物をした結果、
「フクハラ~フクハラ~今日もポイント5倍~」という店内BGMが頭から離れなくなりました。
っていうか今日も5倍ってなんだよ・・・!毎日やってるんならそれが元値だろ・・・!
resize14190.jpg
キハ150-1
そんな感じで無事に旭川へ帰還~。
帰りは快速狩勝とかいうスーパーチートな列車を利用したので、
新得から乗り換えなしで戻ってこれました。2時間30分乗りっぱだったけどな!
resize14195.jpg
んでんでんで~晩飯は安定のラーメンを頂きました。
いっちゃ悪いけど旭川はシケた街です、だって22時の時点で殆どのラーメン屋が閉まってるんだもん。

これにて北海道旅行2日目が終了しました。
北海道の自然の美しさを改めて認識することができた1日だったと思います。

北海道旅行3日目~留萌本線はゆっくりだった編~へ続く。




夕刻の三保ダム

Category : ダム巡り |

今日はいい天気でしたので、三保ダムまでドライブしてきました。
resize14122.jpg
遅めに出たので三保ダムに到着したのは16時30分!
でもそのお陰でスッキリと天端を撮ることができました。
resize14125.jpg
下流を望む。
こうして見ると巨大なアースダム・・・。
しかし実際は巨大な洪水吐きを持つロックフィルダムなのです。
resize14123.jpg
上流の丹沢湖。
ここに貯められた水は下流の飯泉取水堰で取水され、神奈川県内の各家庭に届けられます。
resize14124.jpg
こうして見るとまるで高原のワインディングロードですね。
三保ダムは以前から訪れてみたいと思っていたダムなので、ようやく夢が叶いました。
resize14133.jpg
続きましては急ぎ足で下流にあるダム公園へ。
途中になにやら円筒分水のようなものがありました。
どうやら田ノ入発電所で発電に使われた水は一度ここに集められ、
更に下流の酒匂川水系河内川と嵐発電所に分水されているようでした。
resize14137.jpg
噂の可愛いダム模型!
前述の通り、ダム直下はダム公園として整備されておりまして、
このような三保ダムのミニチュア模型も展示されております。
resize14139.jpg
しかしながら洪水吐きはとてもイカツイ!
堤体の真っ正面に橋がかかっており、そこからこのアングルで撮影することができるのですが、
無言の威圧感が半端なかったです笑
resize14138.jpg
アップでもう一枚。
左端にローラーゲートが1門、そしてテンターゲートが4門あります。
こんなに豪華な装備をもったロックフィルダムは珍しいですね。
resize14135.jpg
重力式コンクリートダムにしか見えない・・・。
そしてロックフィル部分の曲線が万里の長城みたいで綺麗!
resize14136.jpg
左側には底部放水口(?)と茶畑。
横浜市民ならピンとくるかもしれません。
横浜市の小学校では「わたしたちの横浜」という本が必ず配られるのですが、
その本のどこかのページに三保ダムの航空写真が掲載されており、
ダム下流にある緑の物体が何なのかずっと気になっていました。
まさか茶畑だったとはね・・・。
resize14134.jpg
ちなみに下流はこんな感じ。
左には流水維持用と思われるトンネルがあり、水がジャンジャン流れ出ていました。

これにてダム見学は終了です。
今回はダムカードを貰うことが目的でしたので、とりあえず達成できて満足です。



以下、お車の写真です。
resize14121.jpg
ダムに着いた頃には既に夕方・・・。
resize14126.jpg
駐車場もほぼ貸切状態でした!
resize14127.jpg
エボXはこのアングルが一番かっこいいと思います。
resize14129.jpg
山北町では早くも紅葉が始まっておりました。
resize14128.jpg
ダムとエボ。
ローアングルで撮ると車高が高いのバレちゃいますねw
resize14130.jpg
広角気味にもう一枚。
アースダムの芝生がとても美しい!
resize14132.jpg
たまにはテール側も。
未だに前期型テールのままですが、これはこれでカッコいいと思えるようになってきました。
resize14140.jpg
気が付けば日の入りの時刻に。
resize14141.jpg
最後はダムと一緒にライト点灯!

以上、自己満足の世界でした!