スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼怒川・日光観光~鬼怒川上流ダム見学編~

Category : 遠征 |

写真が溜まりまくっているので、じゃんじゃん消化していきたいと思います。
東武ワールドスクエアを楽しんだ後は、鬼怒川のダム群を見学する事にしました。
resize14958.jpg
まず始めに訪れたのは小網ダムです。
鬼怒川上流ダム群には含まれていない小型のダムですが、ここでもダムカードを配布しています。
resize14960.jpg
ダム湖もとてもこじんまりとしています。
しかし川治ダム・五十里ダムと言うとても巨大なダムの水を調整する機能もあるのです。
resize14962.jpg
2門のうちの1門が流量維持のために放流中。
このローラーゲートが閉ざされてしまうと、下流の鬼怒川温泉がとても困ります笑
resize14961.jpg
一番手前は越流堤になっています。
野岩鉄道の川治温泉駅がすぐ近くにあるので公共交通でのアクセスも便利!
ただ、川治温泉郷の最寄り駅は一つ隣の川治湯元ですので、温泉へ行かれる方は要注意です。
resize14959.jpg
最後に下流を望む。
鬼怒川には沢山のダムがありますが、それでも平成27年9月の豪雨で下流の地域は甚大な被害を受けました。
逆に言えば、もしダムが無かったらこの程度で済まなかったと言うことになります。
resize14963.jpg
続きましてはアーチがとても美しい川治ダムへ移動しました。
1966年完成のダムですが、特に非常用洪水吐は古さを感じさせないデザインだと思います。
resize14965.jpg
堤高140m!ただでさえ高いのに、アーチ式は特に足下がゾクッとします。
あー、下に降りてみたいぃぃぃいいい!
resize14964.jpg
下流に望むは川治温泉郷と野岩鉄道の橋梁。
こんなにデカいダムだけど、山に隠れてしまうので下流からは存在感がありません。
ちなみに川冶湯本駅からダムまでは遊歩道が整備されていましたが、
平成27年の豪雨で土砂が崩落し、それ以降は通行止めとなっています。
resize14967.jpg
アーチダム特有の美しいウナジ。
こんな薄い堤体で大量の水をせき止めているなんて凄すぎる!
resize14966.jpg
湖には八汐湖という名前が付けられています。
この上流には黒部ダム(栃木)や川俣ダムがありますが、これらのダムは翌日のお楽しみです♪
resize14968.jpg
最後に右岸からダム全体の様子を。
深夜、先輩らに無理いってもう一度訪れたのですが、夜のダムは怖すぎました (llllll゚Д゚)
resize14971.jpg
そして最後に向かったのは湯西川ダム。
2012年3月に完成したばかりのダムですので、堤体もピカピカです♪
resize14970.jpg
天端もしっかり舗装されています。
古いダムは大好きだけど、こういう新しいダムも捨てがたい!(結論:ダムが好き)
resize14974.jpg
堤高119mですが、アーチ式と比べるとあまり高さを感じません。
しっかしシンプルなデザインだなぁ。
resize14973.jpg
下流を望む。
この先には湯西川温泉と五十里ダムがあります。
ちなみに私は何度も湯西川温泉や川冶温泉を訪れていますが、いずれも良いお湯です♪
resize14969.jpg
ダムの正面。
とても巨大な取水設備が目を引きます。
そして、手前の砂場はなんでしょう・・・?
resize14972.jpg
最後に湯西川湖。
日光にもこんな場所があるんですね、とても静かな湖でした。
resize14975.jpg
これにてダム見学は終了です。
この日は翌日のダム見学に向けて、川治温泉で身体を癒すことにしました。

以上です!

鬼怒川・日光観光~鬼怒川の秘境編~へ続く。



スポンサーサイト

九州旅行へ行ってきました。

Category : 遠征 |

突然ですが九州旅行へ行ってきました。
北海道旅行に鬼怒川・日光観光と、かなり書くことが溜まってしまいました。
少しずつですが消化していきたいと思います。
resize14957.jpg




鬼怒川・日光観光~東武ワールドスクエア編~

Category : 遠征 |

前回の続きです。
先輩らと合流した後は鬼怒川の数少ないレジャースポット、東武ワールドスクエアで時間を潰すことにしました。
resize14887.jpg
国会議事堂
全てのミニチュアを紹介するのは大変なので、印象に残ったものだけピックアップしていきます。
まず始めに見えてくるのが政治の中枢、国会議事堂です。
1936年竣工の鉄筋コンクリート建造物で外装は花崗岩の石積みに覆われています。
小学生の頃、社会科見学で訪れたことがありますが、それっきり一度も生で目にしていません笑
resize14888.jpg
東京駅
日本最大の赤レンガ造りで知られる東京駅丸の内駅舎です。
東武ワールドスクエアでは開園当時から空襲で焼け落ちる前の姿を再現しておりましたが、
ご存知の通り実物の東京駅も復元工事が行われ、ようやく本来の姿を取り戻しました。
resize14889.jpg
姿勢を低くすると本物っぽくなりますね。
望遠レンズを使えばもっと良いんでしょうけど、今回は広角レンズしか持ち合わせていなかったので、
ミニチュアとしての雰囲気を伝えられればなと思います。
resize14890.jpg
ここでは201系も現役です。
かれこれ20年以上も園内を走り続けているので、それなりに年季が入っています笑
resize14918.jpg
東京スカイツリー
実物のスカイツリーが完成する前に建てられたということで少し話題となりました。
同じ東武グループだからなのか知りませんが、かなり精巧に作られています。
resize14892.jpg
旧帝国ホテル
実物は取り壊されてしまっているので見ることができませんが、正面玄関のみ博物館明治村に移築されています。
よく作られているんだろうけど、本物を知らないからあまり感動がありません爆
resize14893.jpg
東京ドーム
後楽園球場の代替として建設された日本初の全天候型球場です。
「20th Anniversary Final GLAY in TOKYO DOME 2015」行きたかったなぁって感じです。
resize14894.jpg
新東京国際空港(成田)
ボーイング747が幅を利かせていた時代ですね。
空港に東京スカイツリーに山・・・なんともカオスな光景です。
resize14895.jpg
アングルを変えると羽田空港・・・いや、ニューアーク・リバティー国際空港かな?
飛行機や車がレールの上を走っているので、動きがあって楽しいミニチュアです。
resize14896.jpg
国立代々木競技場
日本を代表する建築家、丹下健三による作品です。
東京オリンピックでは数々の名シーンが生まれたとのことですが、
労働者である私としては「中央メーデーで集まる場所」というイメージしかありません。
resize14919.jpg
東京タワー
東京人の心の拠り所、東京タワーです(?)
スカイツリーを見てもなんとも思わない私ですが、東京タワーだけは目に入ると釘付けになってしまいます。
ちなみにここではデジタルアンテナのない時代の姿が再現されています。
resize14898.jpg
続きましてはアメリカゾーンへ。
マンハッタンの摩天楼と桜、なんともオツな組み合わせですね。
resize14920.jpg
自由の女神
アメリカ合衆国の独立100周年を記念してフランスから送られました。
自由の国アメリカの象徴としてよくメディアにも露出しますから、
もしかしたら世界で一番有名な像かもしれませんね。
resize14923.jpg
ワールドトレードセンター
「自由の女神」が自由の国アメリカの象徴なら、こちらは資本主義の象徴です。
1973年、マンハッタンの最南端に建設された超高層ツインタワーで、完成時は世界一の高さを誇りました。
マンハッタンのシンボルとして親しまれ、数々の映画の舞台にもなっていた事から、
今でもニューヨークと言えばこのビルを想像する人が多いのではないでしょうか。
そんなWTC、実は日系人ミノル・ヤマサキ氏によって設計され、鋼材には八幡製鉄の鉄が使われていました。
日系人が日本の技術を使って作り上げた建物がかつてアメリカの象徴だったこと、もっと誇るべきだと思いますね。
resize14901.jpg
WTCは7つのビルで構成されており、その中央にはフリッツ・ケーニッヒの作品「The Sphere」が置かれていました。
現在、この作品は修復されバッテリー・パークに移築されています。
ちなみにここの模型はエントランス部分が黒く塗られているのですが、実物はシルバーだったはず・・・
もしかしたらこういう色になっていた時代もあったのかもしれません。
resize14900.jpg
エンパイア・ステート・ビルディング(画面右)
クライスラービルと共にマンハッタンの初代シンボルともいえるのがこのエンパイア・ステート・ビルディング。
完成したのはなんとビックリ1931年!日本人が大阪城の天守を再建して喜んでいた頃、
アメリカはこんなものを作っていました。でもマンハッタンは地震がないから比べるのも酷ですね。
ちなみにこれらのビル、映画キングコングでよじ登られたビルでもあります。
resize14902.jpg
クライスラービル
先に名前を出してしまいましたが、同じくマンハッタンのシンボルであるビルです。
高さ競争ではエンパイア・ステート・ビルディングにギリギリのところで負けてしまいましたが、
外観の美しさでいえばそれを凌ぐものだと思います。
resize14921.jpg
摩天楼の並び。
WTCはモダニズム建築、エンパイア・ステートとクライスラービルはアール・デコ建築と言います。
WTCの洗練された、悪く言えば合理化された外観は完成当初、市民から不評だったそうです。
そんな建物がどのようにして受け入れられるようになったのか・・・
というのは「The Walk」という映画を見れば少し分かるような気がしました。
resize14904.jpg
クフ王のピラミッド
続きましてはエジプトゾーンへ。
スフィンクスやら神殿やら色々とありましたが、実物に興味がないからほぼスルーでした。
この手のは世界ふしぎ発見で見飽きてるんだよ日本人は。
resize14905.jpg
バッキンガム宮殿
売店でアイスを食べながらヨーロッパゾーンへ。
サン・ピエトロ大聖堂とかノートルダム寺院とか色々ありましたが、
さほど興味が無いないのでバッキンガム宮殿だけ撮影しておきました。
でもサン・ピエトロ大聖堂はかなり作り込まれていて、見事なものでした!
resize14924.jpg
エッフェル塔
1889年、第4回万国博覧会の作品の一つとして建造されたエッフェル塔。
万博終了後は解体される予定でしたが、第一次世界大戦時に軍事施設として転用されたことから、
解体は免れました。100年以上前にこんなものを作るなんて、ヨーロッパの文明は進んでいますね。
resize14925.jpg
サグラダ・ファミリア
アントニ・ガウディによって設計された教会で、現在も建築が進められていることで知られています。
ぶっちゃけこいつら完成させる気ないよね、もはや工事が目的になってるよね。
どんなに装飾が凝ってるからって、今の技術をもってすればこんなに時間がかかるワケねーだろハゲ。
resize14906.jpg
セントラル・パークから見た摩天楼(違
模型でも20mぐらいの高さがあるので、園内のどこからでも見えてしまいます笑
1WTCが完成してようやくロウアー・マンハッタンのスカイラインも以前のバランスに戻ったけど、
やっぱりツインタワーがないと寂しいですね、映画の中のNYしか知らない人間にとっては余計に。
resize14908.jpg
万里の長城
続きましてはアジアゾーンへ移動です。
万里の長城にスカイツリー・・・こういうミスマッチな組み合わせっていいですよね!
resize14909.jpg
しかしながら部分的に切り取れば、本物っぽくも見えます。
精巧なミニチュアをいかにミニチュアっぽく見せるか、あるいはいかに本物っぽく見せるか、
写真を撮る側にもテーマができるので楽しいです。
resize14922.jpg
台北101
東京スカイツリーとの提携を記念して作られた台北101。
バブリーな頃に作られた初期の展示物と比べるとややチープですが、雰囲気は十分に伝わります。
ちなみにこのビルも日本企業(熊谷組)によって建設されています。
日本の土木技術ってすごすぎ!思わずホルホルしちゃうね!
resize14912.jpg
鹿苑寺(金閣寺)
現代日本から始まり世界の建築を楽しんだ後、最後は古き良き日本に戻ってくるという憎い演出です。
なんだかんだで日本が一番落ち着くんですよねー。
resize14913.jpg
清水寺
京都には何度も足を運んでいますが、こういうものを見学したのは中学の修学旅行が最後です。
電車の撮影もいいけれど、たまには本当の京都旅行を楽しんでみたい気もします。
resize14914.jpg
厳島神社
陸から鳥居をみる構図は有名ですが、こちらからのアングルは実物だと容易ではないので、
模型ならではの風景といそうです。ここも死ぬまでに一度は訪れてみたいなぁ。
resize14915.jpg
姫路城
姫路城は保存修理中に行ったので、天守に近づくことができませんでした。
あー、行きたい所ばかりだ・・・ワールドスクエアは旅行沼にハマる恐ろしい施設です。
resize14916.jpg
最後は架空のコーナー。
ガチャマンが隅田川と思われる川を渡っていますが、どうみてもビッグサンダーマウンテン笑
resize14917.jpg
踏切を走るスペーシア・・・だけどこれ遮断機あがってませんか。
駅員のドン小西制服も相まって竹○○事故を連想させるので、早急に直した方がいいと思います!

以上で東武ワールドスクエア見学終了です。
私は高層ビルと模型が大好きな人間なので、本当にそそられる空間でした。
次回は望遠レンズを持って、いかに本物っぽく撮れるか挑戦したいなと思います。
いずれにせよレジャースポットが閉鎖しまくっている鬼怒川では数少ない貴重な施設ですから、
これからも頑張って維持していって欲しいなと思います。
まー、東武のことだからどんなに赤字でも鬼怒川から手を引くことはないでしょうし、
SLの運転に合わせてなんらかのテコ入れをしてきそうではありますが。

鬼怒川・日光観光~鬼怒川上流ダム群見学編~へ続く。




クルマは、あなたを、ときめかせていますか。

Category : クルマ |

我が愛車の電装系に不具合があったようなので、リコール作業を受けてきました。
で、その帰りに恩田の田園地帯で記念撮影~♪
resize14861.jpg
ここの田んぼ、今はドッグランとして開放されており、いつも愛犬家で賑わっているのですが、
今日は生憎の天気でしたので、人気が無くまったり撮影する事ができました。
resize14862.jpg
安っぽいアイラインLEDが(・∀・)イイ!!(笑
今日は試運転がてら鷺沼までドライブしてきましたが、やはりエボXは運転していて楽しい車です。
resize14863.jpg
4G63から4B11に変わり、「エボXはもうランエボじゃない!」と考えている人もいるようですが、
真横から見るとその姿は確実に歴代エボのDNAを受け継いでいるんだなと感じます。
後にエボXI・XIIと続き4B11が更に成熟されればこんな事を言われることも無くなると思うのですが、
発展途上である技術を捨ててしまった三菱自動車は本当に勿体ない事をするメーカーです。
resize14860.jpg
ちなみにテールライトは社外製のものと交換しました。
少し加工が必要でしたが、欧州車っぽい見た目になったので大満足です。
これでサイドとテールのLED化が完了したので、あとはフロントだけ!
resize14866.jpg
もうランサーがエボリューションすることも無いのかと思うと残念な気持ちでいっぱいです。
もしこのクルマが壊れたら、次はなにを買えばいいのでしょう。
性能、コスパ面で見てエボXを越えるクルマは未だ日本に無いと思いますが。

以上、そんな感じです。
三菱自動車が引き起こした一連の不祥事の影響でディーラーは閑古鳥が鳴いている状態でした。
また、エボの故郷である水島製作所や下請けの町工場も仕事が無く、厳しい状況が続いているようです。
下で働く人たちにはなんの罪もない訳ですから、余計に可哀想ですね。
三菱の車に乗ってる人なんて、昔から三菱(の車)が好きな人ばかりなんだから、
そういう人たちを裏切っちゃダメだろと思いますし、更にランエボ・パジェロといった名車を捨ててしまったら、
本当に顧客がいなくなってしまいますよ。

そんな思いをこめてHeart-Beat MotorsのCMで使われたスローガンをタイトルに引用させてもらいました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。