スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道有志旅行②

Category : 遠征 |

北海道旅行2日目も特に予定は立てていなかったので、夕張の温泉でマッタリすることにしました。
resize17216.jpg
F-3016編成
まずは千歳まで行き、夕張支線直通にお乗り換えです。
resize17219.jpg
F-3編成
ちなみに千歳の上り方からはこんな感じで撮れます~。
resize17217.jpg
キハ40-355
また日高カラーかー。
北海道色の方が好きなんですよね・・・乗っちゃえば分からないけど。
resize17218.jpg
電車と汽車。
全廃はまだまだ先のことだとは思いますが、北海道のキハ40にもいよいよ余命宣告が。
JR・私鉄問わず全ての鉄道会社に言えることですが、最近のクルマはどうも好きになれません。。。
いよいよ私も懐古厨ですね笑

そんなこんなで早速、キハに乗り込み夕張を目指します。
resize17220.jpg
スーパーとかち3号
途中、追分駅で特急と接続。
後ろのマンション、番号に機関車の車輪がデザインされていて良いですね。
今となってはただの空き地が広がる追分駅ですが、かつては長万部と同様、鉄道の街でありました。
resize17225.jpg
続きましては川端駅で特急と入き違い。
スノーシェルターに挟まれた良い感じの駅です。
resize17226.jpg
スーパーおおぞら4号
遅延気味ながら超高速で特急通過!
ディーゼル特急はJR北海道の魅力の一つですね・・・かっこよすぎ!
resize17223.jpg
そんなこんなで終点の夕張に到着です。
冬に来たのは初めてですが、アホかってぐらい寒かったです。

到着後は駅前のホテル(ホテルマウントレースイ)にある露天風呂でマッタリタイム。
露天風呂は最高でしたが、気づくと髪の毛が凍っていました笑
で、風呂でポカポカした後は駅前の喫茶店でお店の方、常連の方とおしゃべりタイム。
本当に優しい人達で、身体も心も温かくなりました・・・。
北海道の人々には余所者を迎え入れてくれる精神があるようで、これまで何度も助けて頂きました。
だから私は北海道が大好きなんです。
resize17224.jpg
夕張で温泉に浸かっただけで1日が終わってしまいました笑
なんとも贅沢な旅立ったと思います・・・でもたまにはこういうのも悪くないですね!

北海道有志旅行③前編へ続く。



スポンサーサイト

北海道有志旅行①

Category : 遠征 |

職場の仲間うち7人で3泊4日の北海道旅行へ行ってきましたので、その模様をアップしていきます。
resize17181.jpg
明けで成田空港へ向かい、夕方には札幌に到着。
3月のダイヤ改正で復活した「ライラック」です!
resize17182.jpg
「スーパーとかち」との並び。
このカラーは嫌いではないけど・・・前の方が良かった!

初日は皆で晩餐を楽しんで終了。
記事が短いので、2日目も一緒に掲載します。



北海道に来たはいいけど、行程は未定アンド未定でしたので、
函館本線の山線を経由してぐるっと一周することになりました。
resize17184.jpg
まずは安定の733系で小樽へ~。
雪を吹き飛ばす時に「ドスン!!」という凄い音がしてちょっと怖かったです笑
resize17183.jpg
735系は電留でお昼寝中。
ちなみに、最終日は単独行動で久々に撮り鉄したのですが、
735系にはギリギリのところで逃げられてしまいました涙
resize17207.jpg
キハ150-103
ここから暫くはキハ150形のお世話になります。
個人的にはキハ40形の方が趣があって好きなのですが、あのクルマは見た目と裏腹に非力なんですよね・・・。
冬季はキハ150形で代走運転することも多いようです。
resize17185.jpg
そんな感じで余市に到着。
ここでニッカウヰスキー余市蒸溜所を見学する事にしました。
resize17186.jpg
未だに石炭を使用して蒸留していました。
なんだか北海道らしくてカッコいいですね!
本当にパパっと見学しただけなので、写真はこれしかないのですが、
ウイスキー・ワイン・リンゴジュースの試飲ができたりして、とても良かったです。
サントリーの白州蒸溜所もそうだけど、この手の施設はサービスがいいですね!
resize17187.jpg
キハ150-107
余市で倶知安行きの列車に乗車~。
ちなみに、乗客も余市蒸留所を見学している人たちも、みーんな中国人(とその他アジア人)でした!
もはや「中国人は日本に来なくていい」なんて寝ぼけたことを言っている場合ではありません。
中国人が観光に来なかったら北海道の観光業は破綻します。

北海道は日本人にとって、そんなに魅力のない土地なのだろうか・・・?
騒がしくて陰湿な京都よりよっぽど心が綺麗になると思うんですけどね。
resize17188.jpg
と、京都の悪口を言っているところで倶知安に到着です。
倶知安・ニセコ界隈にはスキーリゾートがあるので、北欧の方もそれなりにいました。
resize17189.jpg
そして!この辺りのシンボルと言えば羊蹄山!
山頂は微妙に雲隠れしてしまいましたが、美しい山容が良く分かりますね。
富士山も良いけど、羊蹄山もカッコいい!
resize17190.jpg
キハ150-12
小樽行き普通列車と謎の施設。
町立の体育館なんだそうです・・・立派ですね。
resize17191.jpg
我々が余市から乗車したキハ150-107の入換作業が始まったので、束の間の見学~。
resize17192.jpg
踏切の先で折り返して旧倶知安機関区へ。
ここにも8年後には北海道新幹線が来るんだもんね・・・すごいよね・・・。
でも、どうせ三セクになっちゃうんだよね・・・。
resize17205.jpg
キハ150-14
そして我々の乗車する長万部行きが到着~。
ちなみに、一つ上の写真で回送車の後ろに写っている編成です。
やっぱキハ40形が良いですね!
resize17194.jpg
そんな感じで終着の長万部に到着です。
山線は地味だけど美しい風景が続いているので、ボーっとローカル線で旅をするには最高ですね。
resize17195.jpg
長万部の、この無駄に広い構内が哀愁を誘うんです。
北海道では追分並みに好きな駅です。
resize17196.jpg
西日のあたったプラットホーム。
乗客の殆ど(やはり外人)は函館行き北斗に乗り換え。
我々はゆったりまったり札幌へ戻ります~。
resize17197.jpg
せっかくの長万部ですから、何年か前にも訪れた跨線橋。
この山へ向かう感じが良いんですよね。
resize17208.jpg
北斗12号
どうやって撮ろうか少し迷いましたが、無難に北海道らしい雪山とツーショット。
長年、函館本線・室蘭本線・千歳線の顔だった「北斗」もいよいよ見納めですね。
resize17199.jpg
キハ183系、乗り心地はアレだけど、力強く走る感じが好きでした。
2月にもう一度北海道へ行く予定だから、なんとかまだ乗れそうかな・・・。
resize17200.jpg
こちらは我々が小樽から乗ってきた山線。
長万部駅にこのアングルでC62形牽引の急行ニセコを撮影した写真があって、胸が熱くなりました。
resize17201.jpg
そして彼らは、海を見た。
何年か前、この砂浜で食べた「かにめし」がとても美味しかったので、また買っちゃいました。
寒かったから食べたのは室蘭本線の車内でしたが笑
resize17203.jpg
北斗13号
札幌行きの特急を横目に・・・
resize17202.jpg
私たちはこのポンコツで行く!
キハ40形を見ると、北海道に来たんだなぁ・・・と実感します。
resize17204.jpg
噂の秘境駅で、頼もしい男たちが乗車!
ちょっと賑やかになった暖かい車内で、たまに転寝をしながら東室蘭へ。
更に苫小牧で電車に乗り換えて札幌へ帰還したのでした。

この日は寿司→焼き肉→パフェ→ラーメンと食いに食いまくったので、
一日でかなり寿命が短くなりました笑

以上、北海道有志旅行1・2日目の記録でした~。

北海道有志旅行②へ続く。




エボで北海道8日目~さよなら北海道~編

Category : クルマ |

お久しぶりです。
先ほど、北海道旅行から帰ってきました。
鮮度が高いうちにアップしていきたいところですが、まずはエボで北海道シリーズを終わらせたいと思います。
ちなみに、面倒くさくなってしまったので、九州旅行と関西・中部地方観光の記事は暫くお蔵入りです爆
resize17147.jpg
北海道旅行最終日は定山渓を経由して道南方面へ。
雲に隠れてしまいましたが、途中の道の駅からは羊蹄山が望めました。
resize17148.jpg
羊蹄山とツーショット!
頂上まで見えなかったのは残念ですが、本当に美しい山です。
で、この後は道の駅「名水の郷きょうごく」を少しだけ見学しつつ、倶知安を通って小樽方面へ。
resize17149.jpg
折角なので、小樽市内にある朝里ダムにも寄りました。
resize17150.jpg
写真では伝わりにくいのですが、ものすごーく横長のダムです。
resize17151.jpg
下流にはループ線があり、ダムを見ながらドライブができました♪
resize17152.jpg
オタルナイ湖
ダムの規模の割に湖はさほど大きくないように思えました。

ダムカードをゲッツした後は小樽市内を観光しつつ、高速で苫小牧へ。
resize17153.jpg
いよいよ旅が終わります。
ほぼ北海道を一周する形になりました・・・。
お疲れさま、初代エボX!
resize17154.jpg
帰りは太平洋フェリー「きそ」。
快適で本当にいい船でした。
resize17155.jpg
ちなみに、ローダウン車は申告すればトラックと同じスペースに駐車させてもらえます。
これで本当に北海道とはお別れです。
resize17156.jpg
この日はやけに夕焼けが美しく、とても寂しい気持ちになりました笑
resize17157.jpg
『しぼったばかりの夕陽の赤が水平線から もれている 苫小牧発・仙台行きフェリー
     あのじいさんときたらわざわざ見送ってくれたよ おまけにテープをひろってね女の子みたいにさ』
脳内では吉田拓郎の「落陽」が流れていました。
resize17158.jpg
「フェリーさんふらわあ」と離合。
さよなら北海道!ありがとう、お世話になった北海道の人々!!
resize17159.jpg
そして目が覚めると・・・そこは仙台だった。

これにて9日間に渡る北海道旅行が無事に終了しました。
いつもは鉄道での移動に縛られていたので、なかなか行けない場所も多かったのですが、
今回はそういう所にも行くことができたので良かったです。
また、この時は考えていなかったけど、初代エボXとの良い思いで作りになりました。
来年は二代目エボXで北海道を旅したいと思っています。

以上です!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。