関西・北陸旅行六日目~二塚貨物・帰宅編~

Category : 遠征 |

「9月中には完結することができると思われます。」から始まった関西・北陸旅行記もついに最終回!
強引にまとめたので画像が多めですが、気長にお付き合いください。
resize11353.jpg
高岡の朝は早い。
お昼頃に高岡を発てば日付が変わらないうちに生還できる予定でしたので、
午前中は「ドラえもんトラム」と二塚貨物を撮影してきました。
resize11355.jpg
MLRV1004
今回の旅では時間がなくて越ノ潟まで行くことができませんでした・・・。
次回はきっと訪れたいと思います。
resize11356.jpg
MLRV1002「ドラえもんトラム」
これ本当にいいデザインだと思います。
期間限定と言わず、半永久的に走らせてあげてほしいです。
resize11357.jpg
テレビ局(?)が取材に来ていました。
ちなみに現在、高岡駅では再開発工事が行われており、
この高岡駅前停留場も北陸新幹線開業と同時期に移転する予定です。
resize11368.jpg
続きましては二塚貨物を撮影するために城端線二塚駅へ。
JR貨物が駅業務を請け負っているため、駅票にはJR貨物のロゴが掲出されています。
ちなみにトイレは「ボットン便所」でした。(使用談)
resize11358.jpg
二塚駅と返却用のコキ。
2年と5ヶ月前に訪れた時は花粉症で死にかけていました。
畦道で残雪合戦をしたり・・・とても懐かしいです。
resize11359.jpg
3081レ
なんてやっていたら撮影地に着く前に貨物が来てしまいました。
恐らく便所で用を足したせいです。酢君ごめんなさい。
resize11360.jpg
気を取り直して二塚駅へ戻ります。
中越パルプのスイッチャーによる入換作業が始まっていました。
resize11388.jpg
折角なのでコキとお花を絡めてみた!
resize11592.jpg
DE10-1729号機
休む間もなくDE10形の入換作業が始まりました。
resize11593.jpg
踏切の先で折り返し。
DE10形って本当に無駄のない良いデザインだと思います。
機能美ってこういう物のことを言うんだよね。(素人)
resize11364.jpg
返却用のコキと連結。3080レの完成です!
resize11365.jpg
JR貨物の職員さんが一生懸命作業をされている中、我々も一生懸命パシャパシャ撮ります。
resize11384.jpg
線路なう
こんなに近くでDE10形を見ることができるのも、二塚貨物のいい所ですね。
resize11594.jpg
やや望遠でもう一枚。ヤバい、かっこよすぎる!
resize11369.jpg
職員さんと束の間の談話を楽しんだ後は、後続の列車で高岡へ戻ります。
こういう鉄道の風景はいつまでも残っていて欲しい・・・。
resize11371.jpg
あっ、国鉄色の北越!
タイミングが良いんだか悪いんだか・・・w
resize11370.jpg
DE10-1676号機
1エンドも迫力があってかっこいいですけど、個人的には2エンドの方が好きです。
resize11372.jpg
キハ47+キハ47+キハ47+キハ40
突如「おわら臨」編成が現れました。模型鉄には格好の餌食ですww
resize11373.jpg
給油なう。
ちなみにこの編成は昨日も撮影しました!
臨時便は殆ど記録したので、撮れていても全くおかしくないですが。
resize11374.jpg
キハ47-1015「砺波車両」
砺波市のPRラッピング車が入線。
「ナムコ」を感じさせるキャラクターですねw
resize11375.jpg
3080レ
そうこうしていると先ほどの二塚貨物がやってきました。
富山駅のちょっと先にある富山貨物駅まで行くそうです。
DE10形牽引の貨物が北陸本線を走行するとか胸熱なんですけど。
resize11376.jpg
キハ40-2135「忍者ハットリくん列車」
高岡駅前で買ったパンを齧りながら最後のひと時を楽しみました。
高岡銅器の発車メロディや、やかましい接近音を聞くだけで心が満たされます。
さようなら高岡!
resize11377.jpg
キハ120-354
帰りは復旧したばかりの大糸線を利用しました。
なにげに西日本区間の上り(信濃大町方面)を利用するのは初めてです。
resize11378.jpg
とてつもない山岳区間を徐行運転すること1時間、東と西の境駅である南小谷に到着しました。
resize11379.jpg
ここから先はE127系とかいう快適な電車に乗り継ぎ、更に信濃大町で115系にお乗り換え。
JKとJDに囲まれながらどんどん南下していき、松本で駅そばを食べてから中央本線に乗り換えました。
当ブログは画像が無いと2行で南小谷から松本まで移動できちゃうんです。
resize11380.jpg
N16編成
松本からお世話になった115系です。
この電車で甲府まで行くのが最速でしたが、E233系に乗り継ぐのも興ざめなので、
小淵沢始発の高尾行きに乗り換えることにしました!

この判断が後にとんでもない事態を招くことになるとは・・・。
resize11381.jpg
M3編成+M10編成
小淵沢で2人きりのスカ色撮影会を開催!
謎のテンションで気分は最高潮です(?)
resize11382.jpg
検査明けなのか知りませんが、屋上・床下共にピカピカでした!

そんな感じで高尾までの2時間弱、最後の旅を満喫するつもりだったのですが、
穴山~新府を走行中にトンネル内で非常停止!
なんぞやと思っていると車掌氏より人身事故発生との案内がありました。
最初は「すぐに運転再開するだろう・・・」と他人事のように思っていたのですが、
車掌氏の放送に少し違和感を覚えたので乗務員室に凸してみると、
自分達が乗っている列車がまさかの当該であることが判明!
さらに警察を呼ぶので1時間は停まるとのこと・・・。
こうなるとどうしようもないので車掌氏にエールを送りつつ運転再開を待ちました。

そんな訳で待ち続けること1時間半、対応が終わり引き続き運転再開となったのですが、
このまま高尾まで行くと横浜線の終電(友人はケト線)に間に合わないという衝撃の事実が発覚orz
さすがにそれはヤバいので(友人が)車掌氏に相談したところ、
石和温泉で後続の「スーパーあずさ36号」に乗れば東神奈川終に接続するとの事でしたので、
18きっぱーの意地を捨てて特急に寝返ることにしました!
resize11383.jpg
全然歓迎されていない石和温泉で下車!
で、この後は予定通り「スーパーあずさ36号」に乗車し、
Sあずさ車掌氏の心温まる配慮に甘えながら、無事に長津田へ帰還する事ができました。
それにしても当該列車車掌氏の落ち着きようは凄かった・・・ああいう人間をプロと呼ぶのだろう。
それと同時に、来年度から鉄道現業の端くれとして働く身として(友人もだけど)、
こんなに完璧な対応ができるのだろうかと少し不安になりました。

以上で5泊6日の関西・北陸旅行が無事に終了しました。
旅の締め括りが心穏やかではない事態となってしまいましたが、
全体を通して見れば、撮りたいものは撮れたし行きたい場所には行けたし、
学生最後の夏に相応しい充実した鉄道旅行となりました!






トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する