スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道旅行二日目~小樽観光編~

Category : 遠征 |

札幌観光を楽しんだ後は、ほろ酔い状態で小樽へ向かいました。
resize11499.jpg
733系
JR北海道の新標準顔がおりました!
この形式は731系のアップデート版ではありますが、キハ201系と協調運転を行うことができません。
現在、アルミ試作車の735系が寒冷環境下での走行試験を実施していますので、
もしかしたらこの733系がJR北海道最後のステンレス製通勤電車になるかもしれません。
resize11500.jpg
F-2編成
我々が利用した函館本線721系。
さすがに札幌→小樽は需要があるようで、終始デッキに立ちっぱなしでした。
resize11579.jpg
でも車内から見た石狩湾の風景はとても美しかったです。
ん?正面に薄らと見えるのハバロフスク地方じゃね!?←小樽海岸です。
resize11502.jpg
そんな感じで車窓を楽しみつつ、南小樽で下車。
行こうと思っていた海鮮丼屋の最寄り駅だったそうです。
resize11517.jpg
F-3101+F-3201編成「快速エアポート」
丁度来たので撮ってみました。
今年の春にVVVF化改造を行った関係で、一部の車両が改番されています。
resize11503.jpg
南小樽駅
駅の30%がセブンイレブンで構成されていましたww
resize11504.jpg
小樽の町並み。
さすがは古くから港町として栄えた町!建物から電柱まで、とにかくお洒落です。
でも近年は人口減少の傾向にあり、ついには過疎地域に指定されてしまいました・・・。
resize11519.jpg
北海道に来たからには海鮮も食べなければ!という訳で晩飯は海鮮丼(*´∪`)
海鮮は関東でも鮮度の良いものが食べられるので、ハッキリ言って違いがよく分かりませんでしたが、
それよりも蟹の味噌汁が美味かったです!どうして蟹ってダシにするとこんなに美味しいんだろ・・・。
resize11505.jpg
腹ごしらえをした後は、小樽名物である小樽運河を見学しました。
かつてはとても栄えていたそうですが、樺太との交易がなくなってからは急激に廃れていきました。
一時は運河の埋め立ても検討されましたが、全国から保存運動の声が高まったことから、
半分の幅を埋め立てて道路と散策路にすることで落ち着いたそうです。
resize11506.jpg
まだ少し明るかったので、暗くなるまで小樽市内を散策することにしました。
ノスタルジックなガス灯がとても素敵です。
resize11507.jpg
再びの小樽運河!
倉庫がライトアップされており、とても綺麗でした。
さすがは都市景観100選と受賞した町です。
resize11509.jpg
足る運がを楽しんだ後は、手宮線の廃線跡で「線路なう」ごっこ。
手宮線は1880年に開通した北海道で一番歴史のある路線でして、
1985年に貨物輸送が廃止になるまで、北海道開拓における物資輸送の要として活躍してきました。
実はとても価値のある路線だった訳ですね。
resize11510.jpg
そんな感じで散策をしつつ小樽駅(有形文化財)に到着です!
どこか上野駅を感じさせる駅舎だなーと思っていましたが、
どうやら本当に上野駅をモチーフに設計されていたようです。
resize11511.jpg
キハ201系と731系の並び。
帰りは731系を利用しましたが、所詮は通勤電車ですので、旅情に浸りたいのなら721系択一ですね。
resize11513.jpg
NE-502編成「スーパーカムイ39号」
731系に揺られること1時間弱、札幌駅に戻ってきました。
789系の方がカッコよくて好きだけど、まーいいか。
resize11512.jpg
キハ281系「臨時スーパー北斗」
大沼駅構内で発生した脱線事故の影響で、「スーパー北斗」は大沼公園行きとして運転されました。
せっかくの臨時幕なのですが・・・白飛びしていて見えないですねw
resize11514.jpg
臨時列車を撮影した後は、一旦ホテルに戻りつつ「すすきの」へ。
前日よりも早い時間なので、ネオンがとても賑やかでした。
resize11515.jpg
3304号
この後は札幌市電を軽く撮影しつつキャバクラで遊び(爆)、最後に居酒屋で反省会をしました。
これにて北海道旅行二日目が無事に終了いたしました。
美味しいものを食べたり、美しい景色を見ることができたので、とても満足な1日でした。

北海道旅行三日目~富良野観光編~へ続く。



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。