ぜんぶ雪のせいだ~こどもの国駅編~

Category : こどもの国線 |

昨日から降り続いた雪の影響で関東の鉄道では事故や運休が多発した訳ですが、
そんな中、我が地元のこどもの国駅において屋根が崩落してしまったとの情報を耳にしたので、
散歩がてら様子を見に行ってみました。
(ちなみに私も雪のせいで教習所の通所計画が破綻するという散々な目に遭いました。)
resize12023.jpg
駅前ロータリーの様子。
もう駅前に作業員用の詰所が建ってる!仕事はやっ!!
↑建設中の交番だそうです。ご指摘、ありがとうございます。
resize12041.jpg
そんな感じでこどもの国駅に到着。
雪が雨を含んでシャーベット状になっているので、とても歩きにくかったです。
resize12024.jpg
ホームの様子。
これは酷い・・・思いっきり潰れちゃってます。
幸い、怪我をされた方は軽傷だったそうですが、もし平日にこの事故が起きていたら、
もっと重大な事故になっていたのは間違いないでしょう。
resize12025.jpg
架線もご覧の有り様です。
こどもの国駅の屋根は架線柱としての役割もありましたので、
ただ屋根を撤去すれば良いという話でもないんですよね。
月曜日までに運転再開できるだろうか。
resize12026.jpg
長津田寄りでは屋根の撤去作業が急ピッチで行われています。
このような事故が起こってしまったのはとても残念ですが、
一方で数時間しか経っていないのに撤去方法が確立されているというのは凄い事だと思います!
resize12028.jpg
裏側では屋根を切断作業が行われていました。
きっと、いくつかに分割した屋根をクレーンで撤去して、
更に細かく解体したものをトラック等で搬出する流れだと思います。
resize12038.jpg
すごく大きい(小並感)
resize12030.jpg
今までどんなに雪が降ってもこんな事にはならなかったのに・・・。
それだけ今回の積雪量が異常だったという事でしょうね。
(大前提として異常な降雪にも耐えうる設計をしてもらわないと困る訳ですが。)
resize12032.jpg
続きましてはこどもの国駐車場で撤去作業を見学~。
そういえば報道機関も来ていました!きっと緑山の人達ですヾ(@⌒▽⌒@)ノ
resize12033.jpg
暫くすると物々しい重機が到着。
こいつで撤去した屋根を更に細かく解体するのではなかろうか。
resize12034.jpg
いよいよ屋根の撤去作業が始まりました。
こうして見るとこどもの国駅の屋根って結構大きいなぁー。
resize12035.jpg
半時計周りで駐車場へ移動・・・。
resize12039.jpg
こんな感じで全体の約1/10が撤去されました。
これだけ巨大な物ですから、流石に時間がかかりますね。
resize12036.jpg
引き続き2枚目の切断作業が始まりました。
運転再開までには仮屋根(架線柱)の設置や架線の張り替えを行わなくてはならないので、
仮に徹夜での作業だったとしても、明日の午前までは不通の状態が続くと思います。

ただまぁ、死者が出なくて本当に良かったですね。
resize12040.jpg
これにてこどもの国駅レポート終了です。
月曜日までに電車が動かないと困ってしまうので・・・作業員さんマジ頑張れ!!

話が変わりますが昨晩、元住吉駅構内において、
列車同士が衝突するというショッキングな事故が起こってしまいました。
こちらも幸い、乗客は軽傷で済んだそうですが、
当該の5155F・Y516Fは大規模な修理(解体)が必要となりそうです。

人為ミスなのか保安装置の故障なのか、それとも滑走なのか。
まだ原因ははっきりとしませんが、いずれにせよ「雪のせい」では済まされない重大事故ですから、
原因究明と再発防止に努めて頂きたいものです。

以上です!



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

#1762 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する