スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州旅行二日目~宝当神社・長崎観光編~

Category : 遠征 |

少し期間が開いてしまいましたが、前回の続きです。
九州旅行二日目のこの日は、佐賀県唐津市高島にある宝当神社を訪れました。
resize12464.jpg
高島へ行くためには定期船を利用するか、地元の漁船をチャーターする必要があるのですが、
今回は丁度いい時間に定期便がなかったので漁船を利用することにしました。
resize12463.jpg
島の玄関口には鳥居があり、なかなか神々しい雰囲気です。
resize12469.jpg
高島には宝当神社しか観光資源がありませんので、それで生計を立てている人々は必死です。
一種の「町興し」みたいなものですね。
resize12465.jpg
島には宝くじ売場や宝くじ関連のお土産を売っている店がいくつかあるのですが、
そこまで観光客が多いわけでもなく、非常にのんびりとした美しい島です。
なんとなく、南伊豆の風景を思い出してしまいました。
resize12466.jpg
早速、宝くじを買いつつ宝当神社でお参りをしてきました。
そもそも宝当神社は、海賊から島を守りこの地で亡くなった「野崎隠岐守綱吉」を奉る神社でして、
本来は宝くじとは全く関係がないのですが、名前にあやかり当選を祈願したところ、
高額当選したことから「宝くじが当たる神社」という評判が立つようになったそうです。
本殿には当選を報告するメッセージがいくつも掲載されており、
これらが宝当神社の知名度を上げるきっかけとなっているのだと思いますが、
つまらない事を言ってしまえば、はずれた人がわざわざ「はずれました」と報告しにくることはないので、
当選の報告だけが増えていくのは当然のことなんですよね。

神社の力で「宝」を当てたのは、実は島の人達なのかもしれません。(だれうま)
resize12467.jpg
参拝した後は島を軽く散策する事に。
夏って感じですね!こういう風景が一番好きです。
高島は本土から離れている訳ではないので、至る所から唐津の山並みを望む事ができます。
resize12468.jpg
畑と巨大なアンテナ!
島には独特な空気があるなーと思いました(もちろん、いい意味で!)
市街地から船で15分の場所にこんな空間が存在していること自体が素晴らしいです。
resize12470.jpg
この日はスケジュールが詰まっていたので、1時間ほどの滞在で離脱することに。
宝当神社は勿論です、それを抜きにしても訪れる価値のある美しい島でした。
resize12471.jpg
そんな訳で唐津市街地に向かって全速力!
めっちゃ揺れるけど海風が気持ちよくて、かなり爽快な気分になりました。
resize12472.jpg
唐津城が見えてきたところで桟橋に到着です。
この後はレンタカーを使用して長崎市を目指します。
resize12473.jpg
佐賀県伊万里市と佐賀県西松浦郡の県境付近。
峠からは有田町の街並みを一望する事ができました。
resize12474.jpg
肥薩線大畑ループからの景色を思い出します。
あの日もとても暑かった・・・(;´∀`)
resize12476.jpg
折角なので日本本土最西端の「神崎鼻」にも寄ってみました。
海は広いな!!大きいな!!
resize12477.jpg
背後に薄ら見える山並みは「隠れキリシタン」で有名な平戸島ですね。
いつか行ってみたいなぁ・・・。
resize12475.jpg
中国大陸から見た日本列島!
逆さ地図を見ると頭に血が上るような感じがしますね。
resize12496.jpg
本土最西端モニュメントの更に最西端。
とにかく海の水が透き通っていてとても綺麗でした。
resize12479.jpg
そんな感じで軍港・佐世保に到着。
佐世保中央インターを降りるときにイージス艦の艦橋が見えて、テンションあがりました。
resize12497.jpg
佐世保と言ったら佐世保バーガー!(ノーマル(私)とスペシャルサイズ(先輩)の比較)
昔のことなので味の方は忘れてしまいましたが、とても美味しかったです。
そして、かなり熱かったです!!
resize12481.jpg
佐世保へ行ったら外せないのが「海上自衛隊佐世保史料館」。
ペリーの黒船から北朝鮮の工作船まで、日本の国防の歴史を学ぶことができます。
また、帝国海軍の軍艦や海上自衛隊の護衛艦の写真・模型なども展示されており、
撮影禁止ながらとても楽しめました。やはり海軍・海自は男の浪漫ですよね・・・。
resize12480.jpg
松浦鉄道西九州線
残念ながら列車を撮ることはできませんでしたが、車窓から何度か気動車を見かけました。
架線がないと少し違和感を覚えますw

僅かながら佐世保を楽しんだ後は、予てより訪れたいと思っていた「針尾送信所」へ向かいました。
resize12494.jpg
3号塔(137m)
「針尾送信所」とは、大正11年に完成した日本海軍佐世保鎮守府の無線送信所でして、
長門から打電された「ニイタカヤマノボレ一二〇八」を中国大陸の部隊へ伝えたとされています。
resize12482.jpg
2号塔(135m)
趣のある遺構ですね。
高校の修学旅行でハウステンボスへ行った時に、タワーの展望台からこの塔を見たときは、
あまりにも異様な光景に衝撃を受けた記憶があります。
resize12484.jpg
ちなみに施設は重要文化財に指定されており一般公開もされているのですが、
残念ながら見学時間を過ぎていましたので、外から指をくわえて眺めていました(´・ω・`)
resize12495.jpg
1号塔(135m)
が、1号塔だけは(自主規制)することにより根元まで近づくことができました!
間近でみるともの凄い迫力です。府中にある東芝エレベータの研究塔とほぼ同じ高さですが、
この電波塔の方が遥かに高く見えます。施設を見学する事はできなかったけど大満足(v´∀`)ハ(´∀`v)
resize12487.jpg
2号塔と海上保安庁の無線送信所。
3本一緒に撮りたかったけど、近すぎて無理でしたw
勘違いしてはなりませんが、この塔自体にアンテナとしての機能はなく、
ワイヤーアンテナを三角状に張るための支柱としてのその役割を担っていました。
当時はさぞ壮大な光景だった事でしょう。
resize12485.jpg
最後にかつて正門だったと思われる場所を撮影して、「針尾送信所」自主見学会終了です。
高校生の頃から訪れたいと思っていた場所なので、ようやくその夢を叶えることができました。
resize12488.jpg
そんな感じでようやく長崎市街地に到着しました!
この街に来るのは3年ぶりです・・・帰ってきたぞ長崎!!
resize12489.jpg
とりあえず腹ごしらえ!という事で、ホテルのビアガーデンでゆったりと食事を楽しみました。
少し分かりにくいですが、長崎造船所(対岸)に「こんごう型護衛艦ちょうかい」が停泊しています。
イージス艦かっこいい!
resize12490.jpg
食事を終えた後は、折角なので長崎市の名所を少しだけ散策する事に。
resize12491.jpg
定番ですが「眼鏡橋」です。
暗い時間に訪れたのは何気に初めてですが、それなりに幻想的な光景でした。
resize12493.jpg
続きましてはがっかり名所の「オランダ坂」へ。
大したことのない坂ですが、なんとなくお洒落ですよね。
resize12492.jpg
最後に「鉄道発祥の地」の石碑を拝んで長崎市散策終了です。
再整備された本河内低部ダムにも行ってみたかったのですが、
先輩方に迷惑をかけるのもアレなので、流石に今回は我慢しておきました。

この日は色々な場所を訪れる事ができ、とても充実した1日となりました。
長くなりましたが、これにて九州旅行2日目終了です。

九州旅行最終日~長崎県観光編~へ続く。



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。