スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道一周旅行1日目~真っ白な小樽・稚内編~

Category : 遠征 |

前回の続きです。
札幌到着後は特急発車時刻までの繋ぎとして、小樽へ行ってみる事にしました。
resize13596.jpg
函館本線を飛ばすこと40分、終点の小樽駅に到着しました。
当然かもしれませんが、夏に訪れた時とは街の雰囲気がまるで違います。

何はともあれ、駅からタクシーを利用して「小樽市総合博物館」へ!
resize13605.jpg
うーんこの。
展示車両がいっぱいあると聞いてワクワクしていたけれど、殆どが冬眠しているではないか・・・。
resize13597.jpg
7100形「静(しづか)」
先ほどの光景は見なかったことにして、まずは屋内展示の見学をすることに。
この機関車は明治13年にアメリカから輸入されたもので、北海道初の機関車でもあります。
鉄道博物館に保存されている「弁慶(べんけい)」も同じく輸入されてきた同型ですね。
resize13609.jpg
俯瞰してもう一枚。
7100形が所属していた官営幌内鉄道は北海道初の鉄道ですが、後に北海道炭礦鉄道となり、
明治39年には鉄道国有法に基づき官設鉄道(国鉄)へと譲渡されました。
しかし炭礦鉄道では7100形のボイラーや足回りを交換しながら運用していたため、
機関車の車番を特定するのが困難になるという「車番論争」が起こってしまいました。
resize13608.jpg
9600形の模型。
「小樽市総合博物館」は元々、人文科学や自然を対象とした博物館でしたが、
現在では鉄道がメインの博物館となっており、本来の展示物は本当に僅かです。
それにしてもここの鉄道模型はクオリティが高すぎる!
resize13598.jpg
キ270
木製ラッセル車であるキ400形を鋼体化改造してキ100形に編入した車両です。
なかなかかっこいい・・・けど雪に埋もれていてなんだか可哀想w
resize13599.jpg
DD14形323号機
こちらはロータリー式のディーゼル機関車。
第三セクターとなった直江津~黒姫では未だに2両が現役だそうです。
resize13600.jpg
DD15形37号機
スノープラウがとてもいかついラッセル式のディーゼル機関車。
JR西日本では北陸地方を中心に活躍中ですが、近々キヤ143形に置き換えられる予定です。
resize13601.jpg
反対側。
ちょっとカエルっぽいけど全然可愛くない、むしろ恐怖を覚えます。
resize13604.jpg
DE10形503号機
DE10形牽引の貨物列車も大雪を前に立ち往生しておりましたw
ちなみに500番台は貨物・構内入換に特化したタイプの形式です。
resize13603.jpg
DD16形17号機・DD13形611号機
パッと見はDE10形ですが、よく見るとボンネットが短かったり4軸だったり。
この手の機関車は総じて大好きです(´ε`*人)
resize13606.jpg
旧手宮機関庫
かつて南小樽駅から手宮駅までを結んでいた手宮線の機関庫で、日本最古のものだそうです。
ちなみに手宮線の廃線跡は遊歩道として整備されており、線路の上を歩くことができます。
resize13607.jpg
その他、展示車両。
電気機関車や気動車も展示されていたそうですが、なにがなんだかわけわかめ。
これは雪が溶けた頃にリベンジですね!(涙)
ただ、屋内の展示が充実していたので、訪れて良かったと思います。
resize13610.jpg
「小樽市総合博物館」を60%ぐらい楽しんだ後は小樽駅へ。
前にも書いたかと思いますが、この駅舎は上野駅がモデルとなっています。
resize13611.jpg
B-3202編成
そろそろいい時間でしたので、毎度お馴染みの快速エアポートで札幌へ戻ることにしました。
JR北海道と言えど、小樽~札幌はそれなり混み合いますね(失礼)
resize13612.jpg
北国の駅って感じだなぁ。
セイコーの時計がいい味だしてます!
resize13614.jpg
という訳で札幌に戻ると上り北斗星が!
昨日の今日なのでさすがにテンションがあがります。
resize13616.jpg
やっぱブルトレはかっこいいですね。
丁度、札幌でも雪が降り始めており、北国のターミナル感が満載でした。
resize13615.jpg
重連シンメトリー。
resize13613.jpg
オハネ25形
昨日の夜からずっとお世話になった車両です。
ああ・・・楽しかった思い出が蘇ってきた。

そんな感じで北斗星を撮影した後は、札幌で弁当等を買いつつ「スーパー宗谷3号」に乗車しました。
resize13620.jpg
写真を撮る時間が無かったので端折らせて頂きますが、終点の稚内に到着です。
5時間以上、同じ特急(寝台は除く)に乗ると言う経験は初めてでした。
しかしこんな深夜帯のローカル特急にもワゴンサービスがあるだなんてJR北海道は太っ腹ですね。
今月中で廃止となるようですが、むしろよく今まで継続していたなと褒めてあげたいです。
resize13617.jpg
西大山駅より3095.0Km・・・。
西大山は学生の頃に訪れた事があったので、とても感慨深いです。
resize13619.jpg
キハ261系
ここまでお世話になった「スーパー宗谷」です。
今日はここで留置となり、翌朝に「スーパー宗谷2号」として札幌へ戻ります。
最終電車が特急というのはなかなか面白いですね。
resize13618.jpg
線路はもちろん、ここで終わり。
と思いきや、実はコンコースを突っ切った正面広場まで線路が伸びています。
その写真は翌朝に撮影しましたので、しばしお待ちを!
resize13621.jpg
稚内駅の様子。
思っていた以上に近代的な駅舎でしたw
旧駅舎もローカルな雰囲気が漂っていて好きでしたが・・・。
resize13622.jpg
稚内駅には「キタカラ」という複合施設が併設されており、映画館なんかもあります。
北の果てと聞いてどんな場所なのかと思いましたが、思った以上に栄えていたようです。

これにて北海道一周旅行1日目が無事に終了しました。
噂には聞いておりましたが、寝台特急って本当にいい乗り物ですね。
時間はかかるけどその分、目的に着いた時の達成感と有り難みを沁み沁みと感じる事ができます。
「旅」の考え方は人それぞれですが、北斗星に乗車して改めて「過程」は大切だと感じました。

北海道一周旅行2日目~石北本線で網走へ編~へ続く。



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

#1794
最後の一文に心打たれました…。
#1795 No title
yachi様
人生だってきっとそうだ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。