北海道一周旅行2日目~石北本線で網走へ編~

Category : 遠征 |

北海道旅行2日目のこの日は、宗谷本線・石北本線・釧網本線を利用して釧路へ向かいました。
画像が多めなので、まずは網走までの行程をうpしていきたいと思います。
resize13628.jpg
稚内の夜明けである。
画像左にある防波堤は北防波堤ドームと呼ばれているもので、土木遺産に指定されています。
かつて北海道~樺太を結んでいた鉄道連絡船の桟橋と駅までの乗り換え通路を兼ねていたそうです。
resize13629.jpg
稚内駅と宗谷湾。
ホテルからのお気軽撮影ですが、今まで見た朝日の中でもトップクラスに入る絶景でした。
resize13630.jpg
ホテルを後にし、凍結した路面に注意しながら稚内駅へ向かいます。
向かいの山には砂防ダムが・・・どうやら建設中のようです。
resize13631.jpg
地方都市の商店街。
人がいないのは早朝だからだと思いますが、こういう風景は嫌いじゃない。
resize13634.jpg
真っ白な駅前通り。
冬の稚内と身構えておりましたが、思ったよりは寒くありませんでした。
土地柄、稚内は風が強いそうですが、この日は穏やかな気候でしたので、そのせいかもしれません。
resize13632.jpg
そんな訳で稚内駅に到着です。

ん・・・?

あっ・・・あれは!!

resize13633.jpg
地元の東急バスがそのままの塗装で走っていました!
噂には聞いていたけれど、いざ目にすると感動以外の何物でもありません(笑)
resize13636.jpg
ツークツーもおりました。
元々、宗谷バスは東急グループでしたので、その関係で塗装を変えずに走っているようです。
それにしてもホント、東急って手広く商売していますよね・・・。
resize13635.jpg
ブルーリボンシティの並び。
これは東京で雪が降った日にデマ画像として使えそうです(ゲス)
ちなみに宗谷バスのオリジナル塗装は東急勢に追われ、希少な存在となってしまいました。
resize13637.jpg
稚内駅の駅舎。
左側にある謎のオブジェが前回書きました最北端の線路です。
ただレールは雪に埋まっており、意識しないと分からない状態でしたw
resize13638.jpg
でも厳密にはここが日本最北端の線路です。
これから最東端へ向かうと思うと、なかなか気持ちが高ぶります。
resize13639.jpg
昨日、お世話になった261系。
かつては1面2線でしたが、現在は1面1線となっています。
でも稚内の始発は06:04発の名寄行きなんですよね。
ということは稚内留置だと思っていた特急は夜間、どこかに引き上げているのかな・・・?
resize13640.jpg
ちなみに乗務員や車内アテンダントも昨日と同じメンツでした。
駅舎に隣接している建物は恐らく、係員や乗務員の為の仮泊所でしょうね。
うちの駅の仮泊所はとてもボロボロなので、稚内駅が羨ましいです。
resize13641.jpg
そんな感じで「スーパー宗谷2号」に揺られること3時間40分、稚内駅に到着しました。
車窓の風景はどこまでも続く真っ白な平原に朝霧が立ち込めておりとても幻想的だったのですが、
車内をウロウロしすぎると周りの目が痛いので、残念ながら記録する事ができませんでしたorz
でも宗谷本線は本当に素晴らしい路線でした!
resize13642.jpg
キハ54-505
近代的な駅舎と気動車の組み合わせがなかなか(・∀・)イイ!!
北海道といえばキハ40系のイメージが強かったのですが、実はキハ54系の方が幅を利かせています。
resize13643.jpg
旭川駅に入線するスーパーカムイ18号
さすがはドル箱特急、なかなかの乗車率でした。
そして789系はかっこいい!KATO辺りから製品化されないかなぁ。
resize13644.jpg
特急の時刻まで少し時間があったので、駅前を散策してみる事にしました。
ってなんにもない!!!これが地方都市の現実か・・・。
resize13645.jpg
と思ったら反対口はかなり栄えていました!こんな所にも西武百貨店があるんですね。
ちなみに左のイオンは27日にオープンしたばかりのイオンモール旭川駅前です。
(もちろん、この時はオープン前。)
resize13646.jpg
振り返って旭川の駅舎。
実は私の従兄弟が旭川に住んでいます、最後に会ったのは10年以上前の話ですので、
仮に道端ですれ違っていたとしても気付くことはできませんが・・・w
resize13647.jpg
キハ183系(オホーツク3号)
非常に申し訳ありませんが、またまた端折って終点の網走に到着です。
4時間ほどの乗車となりましたが、線路は揺れるし速度は遅いしとても疲れました(笑)
車両を見れば分かると思いますが、北斗やカムイなんかと比べると格下の特急のようです。
ただ、そんなオホーツクにも車販があり、JR北海道のサービスへの拘りは凄まじいなと実感しました。
ちなみに車内はほぼ満席でしたが、遠軽駅でのスイッチバックでは車掌による放送が無くても、
当たり前のように座席を転換させていたので、もしかしたら乗り慣れている人達なのかもしれません。
resize13648.jpg
網走駅構内の様子。
こういう景色を見ちゃうと、小樽で「雪国だ!」と騒いでいたのがバカみたいですね。
resize13649.jpg
この日の北海道は雲一つない晴天です。
天気予報では曇りの予報でしたので、いい意味で期待を裏切ってくれました。
resize13650.jpg
キハ54系+キハ40系
釧路までお世話になる気動車たち。
ただし、キハ40系は途中の知床斜里で切り離されるのが通例のようです。
resize13651.jpg
キハ54-524
逆光の勝利?キハ54系って旅情はあまりないけれど、かなりカッコいいですよね。
リクライニングシートもキハ183系の廃車発生品を再利用しているので、なかなか快適です。
resize13652.jpg
発車まで少し時間があったので、とりあえず出場してみました。
所詮はローカル駅だけど、それでも観光客が結構多くて驚きです。
もしかしたら高倉健の効果もあるのかもしれませんね。
resize13653.jpg
駅前の様子。
なんとなく昭和を感じさせる雰囲気がとても(・∀・)イイ!!
それにしても最近はどこへ行っても中国人観光客がいます。
日本経済に貢献してくれていると考えると、やみくもに反中だなんて言えなくなりますね。
resize13654.jpg
市内を流れる網走川。
かの有名な網走刑務所もこの川の畔にあります。
網走と言えば監獄、というほど刑務所のイメージが強いため、暗い印象が先行していましたが、
実際に訪れてみると、寧ろ刑務所で町興しをしようという雰囲気が強くて拍子抜けしました。
ちょっと不謹慎な刑務所のお土産やグッズを見ると、呆れを通り越して自然と笑顔になれます。
次回訪れることがあれば網走刑務所の施設も観光してみたいなと思いました。

これにて本日の行程の約半分が無事に終了しました。
画像が多くなってきたので次回に続きます。

北海道一周旅行2日目~釧網本線で釧路へ編~へ続く。



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する