北海道一周旅行3日目~最東端と白い湿原編~

Category : 遠征 |

少し間が開いてしまいましたが北海道旅行記の続きです!
3日目は画像が少ないので、一気にまとめていきたいと思います。
resize13722.jpg
この日はまず、始発の「快速はなさき」で根室へ行く予定でしたので、5時に起床しました。
北海道に上陸して3日が経つわけですが釧路の朝が一番寒かったです。
resize13723.jpg
早朝の釧路駅。
観光都市釧路と言えど、この時間は誰も外を歩いていませんw
resize13724.jpg
キハ54-516(快速はなさき)
早速、始発の根室本線で終点の根室を目指します。
ちなみに釧路~根室は特急が走る帯広口と運行系統が分離されており、
「花咲線」という愛称が付けられています。もはや別路線と言っても過言ではありませんね。
resize13725.jpg
暫く走ると朝日が昇り始めました。
雪原にモヤがかかっており、とても幻想的な光景です。
resize13726.jpg
途中の厚岸駅で上り始発と列車交換。
花咲線沿線にはモンキー・パンチの生まれ故郷である浜中駅があり、
その縁からルパン三世のラッピング列車が運行されています。
途中駅での交換時に見かけましたが、残念ながら写真を撮る余裕はありませんでしたorz
resize13727.jpg
列車の後部は巻きあげた雪で厚化粧。
北海道らしくていいですねぇ・・・。
resize13728.jpg
ひたすら真っ白な大地を進みます。
夏はどんな風景が広がっているんだろう・・・わたし、気になります!
resize13729.jpg
颯爽と線路を横切る鹿の群れ。
野生動物が多いのも根室本線の特徴でしょうか・・・彼らのお陰で幾度も列車が停まりましたw
resize13731.jpg
釧路を発つこと2時間20分、終点の根室に到着です。
北方領土が見えるかもと期待をしていたのですが、残念ながら車窓からは確認できませんでした。
resize13733.jpg
すぐに折り返しの列車に乗らなければならなかったので、駅舎だけ軽く撮影しておきました。
ついに最東端まで来てしまったか・・・前日まで最北端にいたのにねw
resize13730.jpg
「日本最東端有人の駅」どこか引っ掛かる書き方ですね。
実は最東端の駅は根室ではなく一つ隣の東根室なのです。
resize13734.jpg
そんなこんなので少しだけ根室を楽しんだ後は、すぐに折り返しの列車で釧路へ戻ります。
これで訪れたことのない最○端駅は最西端のたびら平戸駅を残すのみとなりました。
いやぁ、鉄道旅行っていいもんですねぇ・・・。
resize13736.jpg
釧路到着後は「SL冬の湿原号」の入線を見学しました。
これからこの列車に乗って釧路湿原を見学しようって魂胆ですね。
resize13737.jpg
全国的に蒸気機関車を復活させようと言う動きがあるご時世ですが、
JR北海道では新幹線の開業を優先させるためにSL列車を廃止に追いやっております。
気がつくと道内に現存しているSLは「SL冬の湿原号」を残すのみとなってしまいました。
resize13738.jpg
JR北海道を代表する特急、「スーパーおおぞら」とSL。
今まで静かだった駅構内も、特急が到着すると急に賑やかになりますね。
resize13741.jpg
C11形171号機
走り始めて15年の月日が経つようで、記念のHMが掲出されております!
つい最近までC11形207号機も活躍していましたが、あちらは他社へ譲渡されるようなので、
JR北海道が保有する動態保存機は171号機のみとなってしまいました。
北海道新幹線が落ち着いてきたところでシロクニを復活させてくれたら感動なんだけどなぁ。
resize13742.jpg
釧路の鐘が鳴る。
とても旅情があっていい音でした♪
resize13739.jpg
快速ノサップと列車交換をしたところでいよいよ出発です。
resize13744.jpg
釧路市街地を抜けると釧路湿原に突入します。
前日に乗った時は陽が落ちた後で辺りが真っ暗でしたので、ある意味、初乗車みたいなものですねw
残念ながら湿原と反対側の席だったため、ひたすら雪原の広がる風景でしたが、
それでもタンチョウなど釧路湿原の住民を見ることができました。
resize13748.jpg
車内の様子。
カフェやストーブが設置されており、とてもお洒落な内装です。
それにしても中国人観光客が多いこと・・・。
日本人親子が端の方に追いやられていて、これが世界の縮図かと思いましたw
でもまぁ、日本にお金を落としてくれているのだから、少しはこちらも我慢をしないとね。

そんな感じで「SL冬の湿原号」を楽しんだ後は、標茶で普通列車に乗り換えてとんぼ返り。
乗り換え時間が無さ過ぎてまともに写真を撮れませんでしたが、勘弁して下さい。
resize13745.jpg
帰りの列車はSLの乗客やスキー客などで混み合っていたので、前面展望することにしました。
釧網本線沿線にも多くの鹿が生息しているので、このように何度も立ち往生してしまいます。
しかもこいつらは列車が怖くないのか、わざと線路の上をピョンピョン跳ねているからムカつきますw
これもある意味、北海道の名物的な光景なのかもしれませんね。

この後は、釧路で特急に乗り換えて札幌へ向かった訳ですが、
道中の乗り換え時間に余裕が無かったので、写真はまたまた端折らせて頂きます!
resize13746.jpg
そんな訳で終点の札幌に到着しました。
最高速度が落とされた・・・とは言え、110Km/hで大地を爆走するスーパーおおぞらですが、
それでも釧路から札幌まで4時間以上の時間がかかりました。やはり北海道は恐ろしい所ですね・・・w
resize13747.jpg
2日ぶりの札幌ステーション!久しぶりに都会に来たなといった感じです。
稚内・網走・釧路と大回りしてきた訳ですが、どの都市にも独自の雰囲気があってとても良かったです。
あとは函館を経由して帰るだけ・・・そう思うととても寂しい気持ちになりますね。

この後はススキノの焼き肉屋でジンギスカンを食べたり、遊んだりして最後の夜を満喫しました。
次回はいよいよ最終回!函館本線を経由して函館へ向かいます!

北海道一周旅行最終日~蝦夷富士を横目に函館へ編~へ続く。



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する