北海道一周旅行最終日~さよなら北海道!編~

Category : 遠征 |

大変お待たせ致しました。
そろそろ記憶が薄れてきてしまいましたので、完全に忘れてしまう前に、
懐で暖めておいた北海道一周旅行記の最終回を掲載していきたいと思います。
resize13868.jpg
札幌から函館本線を経由して函館へ!
最後の思い出作りとして、函館の街を少しだけ観光することにしました。
resize13869.jpg
末端の線路。
かつて青函連絡船まで伸びていた引き込み線の跡なのだろうか?
resize13870.jpg
海沿いを歩いていると、津軽丸の大錨とD51主動輪のモニュメントがありました
元々は函館駅前に展示されていたものですが、置き場に困ったのかここまで移設されました。
resize13871.jpg
青函連絡船記念館「摩周丸」
かの有名な青函連絡船の博物館船です。
北海道と本州を結ぶ貴重な足として、青函トンネルが開通する1988年まで航行されてきました。
旅客輸送だけでなく鉄道貨物輸送にも使用されてきたことから、鉄道連絡船としても有名です。
resize13873.jpg
あまり時間がなかったので、函館市内もちゃっちゃと観光♪
函館のシンンボルである金森赤レンガ倉庫と函館山。
山からの眺めは日本三大夜景の一つに数えられていますが、時間的に厳しかったので今回は我慢です!
resize13875.jpg
「ラッキーピエロ」というご当地のハンバーガー屋で昼食を頂いた後は、路面電車で函館駅へ向かうことに。
途中、マンションのすぐ脇に「日本最古のコンクリート電柱」なるものがそびえ立っておりました。
大正12年に建設された、その名の通り日本最古の電柱ですが、未だに現役なのが凄いですね!
resize13876.jpg
二十間坂
道幅が20間分に相当することが名前の由来でして、元は防火線として整備されたものです。
さすがはGLAYを育てた街です、なにもかもが美しい!
resize13877.jpg
函館市電710形
美しい街には必ずと言っていいほど路面電車が走っています。
こんな良いものを廃止してしまった我が横浜は非常に残念な街ですね。
バイパスが整備された今の横浜に慢性的な交通渋滞なんてあってないようなものなんだから、
今こそ環境に優しいLRTとして復活してもらいたいものです。
resize13879.jpg
なんの変哲もない交差点に見えますが、右側の変な建物は鉄道施設の遺構だったりします。
当時、路面電車の転轍機は手動で切りかえられており、この建物が信号所の役割を担っていました。
しっかし、夏はかなり暑そうですね・・・笑
resize13878.jpg
こんなところにも東急バスが!
宗谷バスと同じく、元東急のグループ会社ですので、東急時代と同じカラーで運行されています。
北海道と東急の関係は思ったよりも深いようです。
resize13896.jpg
信号所のすぐ脇にある十字街電停から市電に乗車して函館駅前へ。
私は路面電車の雰囲気がとても好きです・・・なんなんですか、あの暖かい空間は。
resize13881.jpg
3000形
市電初の冷房車両として1993年に登場しました。
この時代になるまで冷房車が無かったというのは、北海道という土地柄なのかもれませんね。
resize13882.jpg
かるーく市内を一周して函館駅に戻ってきました。
なかなかポストモダニズムを感じる駅舎ですね。
まだ少し時間があったので、お土産を買うついでにもう一度「摩周丸」へ向かう事にしました。
resize13883.jpg
お!なんか変なヤツが横断歩道を歩いている!
なかなか可愛らしいので追いかけまわしてみましたが、なかなか足が速いようで・・・。
お前には翼があるんだから空を飛べ空を。
resize13885.jpg
つー訳で「摩周丸」まで戻ってきました。
「JNR」マークがとてもカッコいいですね・・・。
船内を見学する時間はなかったので、今回は外観だけ楽しみました。
resize13884.jpg
そして今日も陽が沈む。
左にある妙な物体は「ふるさと創生事業」で交付された1億円を使用して作られたモニュメントです。
こんなしょーもないものを1億円かけて作ったということには驚きを隠せませんが、
それ以上に、こんな無駄な事業を許してしまった当時の日本人は相当ボケていたなと思います。
お陰さまでバブル景気の幻想と、「失われた10年」を思い出す良いモニュメントができました!
resize13886.jpg
夕日に染まる函館港。
こんな場所が近場にあったら毎日のように通ってしまいそうだ・・・。
resize13887.jpg
あれ・・・お前はさっきの・・・?
飛び方を思い出したようで、颯爽と函館の大自然に消えていきました。
resize13889.jpg
485系3000番台(白鳥)
そんな訳でいい時間になってきましたので、函館駅に入場しました。
あーもう!せっかく感傷に浸っていたのにJR東のクルマは無いわ!!
resize13888.jpg
789系(スーパー白鳥)
いよいよ函館とも・・・否、北海道ともお別れです。
さよなら北海道の大自然、さよなら函館駅の助役さん(爆)
resize13890.jpg
函館駅を発つこと30分、対岸に函館山が見えてきました。
函館湾をグル―っと周っていているのが良く分かります。
この頃、本州は花粉のピークでしたので、帰りたくないという気持ちがいつにも増して大きかったですw
resize13892.jpg
青函トンネルを潜り抜け、本州は青森駅に戻ってきました。
ここでスーパー白鳥はバカ停をするので、運動がてら駅周辺を散策することに・・・。
resize13891.jpg
701系
そういえば東北地方って全然行ったことがありません。
ジジイになったら「大人の休日倶楽部パス」でも使って東北を旅してみたいものです。
resize13897.jpg
スーパー白鳥と青森ベイブリッジ。
青森駅と言えばやはりこのアングルが有名ですね。
横浜市民が余計なことを言いますが、橋の構造的には「青森つばさ橋」だと思います。
resize13893.jpg
E5系
引き続きスーパー白鳥で新青森まで行き、そこからは「はやぶさ」で帰京しました。
東北新幹線に乗車するのは生まれて初めてのことなので、割と楽しみにしていたのです!
resize13894.jpg
なかなか美しい形状の車体ですね(今更)
そんな感じで帰りの車内ではイカをつまみに黒霧で一杯やりながら旅の思い出を語りあいました。
長かったけれど、本当に良い旅になったと思います。
resize13895.jpg
最後の方は旅の疲れからかガン寝してしまいましたが、無事に帰ってくることができました。

これにて長きに渡りお送りしてきました北海道一周旅行完結です。
北斗星から始まり、札幌・小樽・稚内・旭川・網走・釧路・根室・函館と北海道の主要都市を巡りました。
ほぼ列車に乗りっぱの旅となりましたが、真っ白な車窓にはとても癒されましたし、
野生動物との遭遇など、関東にいたらできない貴重な体験をする事もできました。

そして来月、またまた懲りずに北斗星で北海道旅行へ行ってきます。
夏のボーナスを全てつぎ込む覚悟で楽しみたいと思いますので、どうぞご期待下さい(?)

以上です!



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する