スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼怒川・日光観光~足尾銅山見学編~

Category : 遠征 |

皆さま、お久しぶりです。
先日、一週間にも渡る北海道旅行から戻ってまいりました。
今回は鉄道分がかなり高く、すぐにでも画像をうpしたいという気持ちでいっぱいなのですが、
そもそも去年の北海道旅行の記事も途中で止まっているという体たらくぶりなので、
まずは溜まっている分の記事を完結していきたいと思います。(九州旅行は気が向いたらうpします)
resize15079.jpg
鬼怒川上流ダム群を楽しんだ後は、霧降高原を経由して足尾銅山へ向かいました。
ちなみに正面の山のてっぺんに見える施設は栗山ダムです!
resize15083.jpg
ひとまずは腹ごしらえということで、かの有名な「わたらせ渓谷鐵道」神戸駅に寄ってみました。
ただのローカル駅なのに、お祭りをやっていたらしく人がマシマシ・・・。
resize15080.jpg
この時期はまだ桜が見頃でした。
どんだけ更新をサボってきたんだって話ですね笑
resize15082.jpg
この駅にはなぜか東武のDRCが保存されており、車内は食堂となっています。
たしか天ぷらと蕎麦のセットを食べましたが、とても美味しかった記憶があります(適当)
resize15081.jpg
列車と一緒に撮りたい気持ちもありましたが、先を急いでいたので見送りました。
またいつか訪れたいと思います。
resize15093.jpg
お昼ご飯を美味しく頂いたあとは足尾の市街地へと入っていきます。
住宅の背後にそびえるのはかの有名な「簀子橋堆積場」。
いわゆる鉱滓ダムと呼ばれるもので、今もなお増え続ける鉱毒を堰きとめております。
負の遺産は過去のものではないのだと実感させられます。
resize15087.jpg
続きましてはトロッコに乗って坑道の中を見学です。
去年訪れた夕張の石炭博物館を思い出しますね・・・ってまだうpしてないんでした><
resize15085.jpg
こういう坑道を歩くとテンションが上がります。
鉄路があるなら尚更です。
resize15086.jpg
海外からドリルが輸入される前はこうして手作業で銅を掘っていたそうです。
resize15088.jpg
これはちょっと楽しそう・・・でも当時の環境は劣悪以外の何物でもなかったでしょう。
resize15092.jpg
坑道を楽しんだ後は展示物などを見学。
バテロコかと思いきや架線式の電気機関車でした。
resize15091.jpg
我々が乗車したトロッコ。
入口のしめ縄がなんとも日本らしくてイイですね!
resize15094.jpg
キハ35-70
続きましては足尾駅構内に保存されているキハを見学です。
このホームはかつての貨物駅だったそうです。
resize15095.jpg
キハ30-35
こちらはツートンカラー。
他にも車掌車やタキが保存されておりました。
resize15096.jpg
最後に国鉄足尾線の廃線区間をかるーく見学。
橋脚にスノーモンキーがいました!
resize15097.jpg
どこまでも続いてゆく悲しい景色。
「過去の出来事」では片づけられない光景がここにはあります。
resize15098.jpg
これにて鬼怒川・日光観光および足尾銅山見学は終了です。
会社の会議があったので、翌朝の始発スペに乗って東京へ帰還しました。
ダム好きには堪らない旅行となりましたが、もう少し鉄分があっても良かったかもしれないですね。

以上です!



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。