スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道旅行4日目~網走監獄見学編~

Category : 遠征 |

北海道旅行4日目は「博物館 網走監獄」を見学するため、釧網本線で網走へ向かいました。
resize15276.jpg
キハ54-523・526
夏の釧網本線に乗るのは初めてです。
写真にはありませんが、緑の生い茂る釧路湿原もなかなか良いものでした!
resize15277.jpg
約3時間ほどで終点の網走に到着です。
釧網本線は沿線風景に富んでいてとても面白いですね。
でもやっぱり冬に見た流氷や斜里岳の車窓が忘れられません。
resize15278.jpg
網走というと、監獄のイメージから極寒の景色を想像していますが、
当然ながら夏はとても暑かったです笑
resize15279.jpg
キハ40-1735
キハ40がいるだけで一気にローカルな雰囲気になります笑
resize15280.jpg
腰まで積もっていた雪も今ではこのとおり!
後に博物館で知りましたが、縦書きの駅名標には「出所者が横道に反れないように」という意味があるそうです。
resize15281.jpg
網走バス
今回は市内移動が多かったので、近場のGSでレンタカーを借りました!
resize15283.jpg
博物館までは石北本線沿いの道路を走行します。
夏っぽい景色だ―!
resize15284.jpg
キハ40-826
ちょうど、列車が通過する時刻だったのでついでに撮影しました。
うーん、広角レンズで走行写真はなかなかキツいです。
resize15285.jpg
と言う訳で「博物館 網走監獄」に到着しました。
resize15286.jpg
この博物館、網走刑務所の近くにあるのだと思っていましたが、
実際には結構離れた山の上にありました。
resize15287.jpg
それもそのはず、博物館内には当時の建築物がそのまま移築されているのです!
随分と広大な敷地だなと思っていましたが、まさか本物が展示されていたとは。
resize15290.jpg
二見ヶ岡農場
明治時代、網走刑務所は重罪を犯した囚人が収容される施設でして、
劣悪な環境の中、北海道の開拓に従事していましたが、
その中には農園もあり、模倣犯のなかで農業を希望する者はこの施設に収容されたそうです。
resize15288.jpg
当時の受刑者たちを再現した人形。
resize15289.jpg
牢屋の様子。
こうして見ると普通にお洒落。
resize15291.jpg
こちらは網走刑務所のシンボル、五翼放射状官舎。
その名の通り、放射状に官舎が広がっています。
resize15292.jpg
中央に見張りを置くことで、官舎全体を見渡せるようになっていました。
実はとても合理的な施設だったんですね。
resize15293.jpg
見る分には美しい網走監獄ですが、当時はタコ部屋労働が課せられ、たくさんの囚人が死んでいったそうです。
でもこれって死刑よりよっぽどいい制度だと私は思います。
世の中には死刑になりたくて犯罪を犯す人間もたくさんいるわけですから、
ならば死よりももっと恐ろしい生き地獄を作った方が犯罪は減ると思うんですよね・・・。
たとえば福島の廃炉作業に従事させるとかね。
resize15294.jpg
そんな感じで当時の網走監獄での生活をじっくり学んできました。
「博物館 網走監獄」は歴史を学ぶことができるのは勿論のこと、
囚人体験をしたり、当時の建物に触れることができたので想像以上に面白かったです。
しかしながら敷地がとても広くて疲れました笑
resize15298.jpg
オホーツク8号
博物館を楽しんだ後は本物の網走刑務所を見に行くために市街地へと戻りました。
ついにで先ほどの踏切でオホーツクを撮影。
resize15296.jpg
やっぱりキハ183系はスラントノーズがカッコいいですね!
resize15297.jpg
で、こちらが現在の「網走刑務所」
再犯者と短期刑の暴力団構成員を収容しているそうです。
出所時には黒塗りの車が乗りつけて、「お務めご苦労さまです」とかやるのかな?

府中もそうだけど刑務所の周りってちょっと空気が張り詰めた感じがします。。。


北海道旅行5日目~能取岬をちょっと観光編~へ続く。



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。