北海道旅行最終日~鉄道貨物フェスティバル編~

Category : 遠征 |

北海道旅行もいよいよ最終日!
まずは北斗6号に乗って函館へ向かいました。
resize15517.jpg
そんな感じで函館に到着です。
前日の運休に伴う車両変更が行われており、指定席の座席がボロ仕様という激オコ編成でした。
resize15518.jpg
なぜか沿線には撮り鉄が多く、なにか珍しい列車でも通るのかな?と思っていましたが・・・。
resize15520.jpg
実は自分達が乗っている北斗に「白ボウズ」が組成されており、それを撮影していたようです。
resize15536.jpg
「なんでオホーツク色の車両が挟まってるんだろ」ぐらいにしか思わなかった私はニワカです笑
resize15522.jpg
T2322号車
東急バス!じゃなくて函館バス。
この日の函館は珍しく快晴でした・・・いつもは曇ってるんですけどね笑
resize15523.jpg
T2328号車
圧倒的な既視感です笑
resize15524.jpg
T3550号車(エアロスター エコ ハイブリッド)
この日は偶然にも「鉄道貨物フェスティバル in 函館」が開催される日でしたので、
臨時の送迎バスに乗って函館貨物駅へ向かいました。
resize15525.jpg
キハ40-1799「ながまれ号」
函館貨物駅に到着して最初に現れたのは道南いさりび鉄道のキハ。
地方の路線はこうやってどんどん三セクになっていくんだろうなぁ・・・。
resize15526.jpg
EH800形4号機
すっかり青函トンネルの顔となったEH800形。
油川で撮影したカマなので、ちょっとだけ親近感があります。
resize15537.jpg
DF200形58号機
実演に使用されたレッドベア。
添乗体験なども行われており、今回のイベントの看板といった感じでした。
resize15528.jpg
前面がテカったけど仕業検査の実演。
地味な作業ですが、JR貨物職員さんによるジョークの効いた司会でとても盛り上がりました。
resize15529.jpg
EH800形4号機
こちらも乗車することが出来ましたが、長蛇の列でしたので外から見物しました。
日本の電気機関車も欧州の機関車みたくスタイリッシュになってきましたね。
resize15535.jpg
正面ドカン!
狭軌にでっかい車体がドカっと乗っているこの不安定さが大好きです。
resize15538.jpg
暫くすると実演で使われていたDF200形が退席。
「この後○○レに充当されるので、見たい方は○時に五稜郭駅に集まってください」という放送に、
会場は爆笑の渦に包まれました。

これにて「鉄道貨物フェスティバル in 函館」は終了です。
限られたスペースの中でのイベントですから、展示物は決して多くありませんでしたが、
その中で一生懸命に楽しませようと努力するJR貨物職員さんの姿が印象的でした。
resize15532.jpg
そしていよいよ、函館もとい北海道を旅立つ時がやってきました。
「旅立ちの鐘」のメロディが本当に泣かせるんですよねぇ・・・。
resize15533.jpg
北斗19号
本州へ向かう人が北斗に乗りこむ・・・なんだか不思議な感じです。
スーパー白鳥が寂しそうな目でこちらを見ている気がしました。
resize15534.jpg
このまま札幌まで乗っていたいという気持ちを抑え、新函館北斗で北斗19号とお別れ。
一行は、北海道新幹線という新しい旅の形で家路に着いたのでした。

これにて7日間にもわたる北海道旅行が無事に幕を閉じました。
一週間ってこんなに短かったっけ・・・楽しい時はあっという間に過ぎていきますね。

そして11月下旬、またまた北海道旅行へ行ってきます!
もう年休が全然ないけど、人生楽しんだもの勝ちだと思います。
という訳で、お楽しみに~(?)

追伸
九州旅行の写真も早いとこ編集しなければ。。。



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する