スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西丹沢散策紀行

Category : ダム巡り |

すっかり後回しになってしまいましたが、玄倉ダム・熊木ダムのダムカードを頂くために、
山北町方面へ行ってきましたので、その模様を掲載していきたいと思います。
resize15960.jpg
ダム巡りにクルマは必須!ということで今回もランエボ君が大活躍です。
生憎の天気でしたが、花粉や黄砂まみれになるよりかはマシですね。
resize15967.jpg
通常、管理所がないダムのカードを貰うためには、カード配布を委託している施設を訪れて、
そのダムへ行ったという証明(写真等)を掲示する必要があります。
しかしながら玄倉ダム・熊木ダムは山深い場所にあり、また徒歩でしか行くことができないことから、
特例として「玄倉第1発電所」「玄倉ダム」「玄倉第2発電所」「熊木ダム」のいずれかの施設を写真に収め、
丹沢湖記念館の職員に掲示することで玄倉ダム・熊木ダムのカードをゲットすることができるのです!
ということで、最もアクセスが容易な玄倉第1発電所を撮影するために、玄倉林道へ向かいました。
resize15968.jpg
背後に見えるのは丹沢湖。
ゲートより先は車の侵入禁止ですので、足場の悪い道をトコトコ歩きます。
resize15969.jpg
歩くこと5分、玄倉第1発電所が見えてきました。
ここから撮影した写真でも条件的にはOKですが、折角なので近づいてみました。
resize15970.jpg
やっとこさ、玄倉第1発電所に到着。
ここでは玄倉ダムの水を利用して発電を行っています。
現在は改修工事を行っているようで、関係者が作業をしていました。
resize15971.jpg
水圧鉄管も更新工事を行っています。
運転が開始されてまもなく60年が経とうとしていますので、ここで一気にリニューアルといったところでしょうか。
resize15972.jpg
上流に砂防ダムがありましたので、併せて見学する事にしました。
この更に先には採石場があるため、大きなダンプが引っ切り無しに往来していきます。
resize15973.jpg
なかなか大規模で素敵な砂防ダムですね!
一部から無駄と言われた砂防事業ですが、広島の土砂災害があってその必要性が再認識されました。
resize15974.jpg
もともと西丹沢は地盤が軟いので、砂防ダムの堆砂が進んでいます。
玄倉林道や犬越路林道が車での通行不可なのもそのためです。
もしかしたら軟弱な地盤だったからこそ美しい自然が守られているのかもしれませんね。
resize15975.jpg
玄倉川はエメラルドグリーン。
この更に上流にはユーシン渓谷があり、もっと美しい風景を見ることができるそうです。
resize15976.jpg
ちなみにこの場所は、かの有名な玄倉川水難事故の現場でもあります。
ネットでは色々と言われていますが、尊い命が失われた事に違いありません、合掌。

そんな感じでここまでゆっくり歩いて10分ほど。
もっと先に進みたいところですが、丹沢湖記念館の閉館時刻が迫っていましたので、
この辺りで撤収する事にしました。いつか見てみたいな、ユーシンブルー。
resize15983.jpg
無事にダムカードをゲットした後は丹沢湖記念館の駐車場で記念撮影!
うーん、フロントハーフスポイラーを付けたお陰で横顔が更にイケメンになりました。
resize15977.jpg
折角なので三保ダムも軽く見学。
このダムには3度ほど訪れていますが、一度も天端を歩いたことがありません笑
resize15959.jpg
雲が目線よりも下にあるからとても幻想的。
resize15955.jpg
とても美しい風景でした。
これだから雨の日ドライブはやめられない!

これにてミッションコンプリートですが、前から気になっているものがあったので、ちょっと寄り道することにしました。
resize15978.jpg
D52形70号機
山北鉄道公園に保存されている日本最大の主力を誇った蒸気機関車です。
現在は全国(主に御殿場線沿線)に7両のみ保存されており、かなり貴重な機関車と言えます。
resize15979.jpg
そしてこの70号機は、コンプレッサーで圧縮した空気をシリンダーに送り込むことで走行可能とした、
世にも珍しい圧縮空気式動態保存車なのです!
2016年には十数メートルながらも自力走行し「奇跡の復活」として一躍有名になりました。
resize15981.jpg
D52形70号機の生い立ちや動く仕組みなどが親切に紹介されています。
ちなみにこのテンダーの中に大型コンプレッサーが2基搭載されているらしいです。
resize15980.jpg
手入れの行き届いた動輪。
蒸気の力で動かしている訳ではないので、邪道と言えば邪道ですが、
身近な場所で実際に動くSLを見ることができるというのは素晴らしいことです。
resize15982.jpg
しかし、D52形70号機に再び命が吹き込まれた9日後、悲劇が起こりました。
圧縮空気式動態保存の第一人者である恒松孝仁さんが、不慮の事故によりお亡くなりなられたのです。
鉄道博物館学芸員の岸由一郎さんに続き、日本の鉄道保存において大きな損失となる悲劇です。
今後、動態保存は恒松孝仁さんと交流のある方に引き継がれるとの事ですが、(出典:Wikipedia)
どうか恒松孝仁さんの意思を後世に伝えていって欲しいなと思います。
resize15956.jpg
山北町とお別れした後は、明神峠を経由して山中湖村へ!
道中は濃霧に覆われている上に路肩に雪が残っており、ちょっとビビりました。(塩カル的な意味で)
resize15962.jpg
そんな感じで下界に降りてきました~。
フォグランプ、玉切れしたら次はLEDにしよ。
resize15958.jpg
最後は山中湖で愛車ホルホルタイム。
resize15957.jpg
車って列車以上に望遠レンズで撮るといい感じに写ります♪
resize15963.jpg
生憎の天気でしたが、なんと富士山が見えました。
晴れていても見えない日だってあるのに・・・難しいですね!

そうこうしていると暗くなってきたので、道志みちのワインディングを楽しみながら帰宅しました。
この日の総走行距離は183.28Kmなりー!

以上です。



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。