エボで北海道1・2日目~日高編~

Category : クルマ |

大変、お久しぶりです。
今年の6月下旬に、初代エボXで北海道を巡ってきましたので、その模様を掲載していきたいと思います。
鉄道分も少しありますので、お楽しみに!(している人は皆無であろう!!)
resize16734.jpg
自宅(神奈川)を出発し、途中で埼玉の先輩を拾いつつ、東北自動車道を北上すること約7時間。
太平洋フェリーが発着する仙台港に到着しました。
仙台に来るだけでもかなりの長旅感があります笑

※ちなみに今回からはナンバープレートにモザイクをかけません!
このエボは7月まで乗っていた初代エボXで、既にナンバーは抹消されているので問題ないのです!
(実はモザイク処理が面倒だから掲載を渋っていた過去があったりします)
resize16736.jpg
仙台臨海鉄道の仙台港駅。
この辺りは津波で大打撃を受けた地域ですが、よくここまで復興したなぁと思います。
resize16737.jpg
DE10形が停まっていたので一緒に記念撮影!
部品取りでしょうか?現在は稼働していないように見えました。
resize16738.jpg
どこか寂しい雰囲気・・・だがそれがイイ。
resize16735.jpg
今回、乗船した太平洋フェリー「いしかり」とエボX。
私たちはセミスイートルームに1人ずつ泊まったのですが、ホテルと同等の設備でとても快適でした。
ただし、和室は布団だからか波の揺れをモロに喰らうので、洋室の方が眠りやすいかなと思います。
resize16739.jpg
15時間ちょっとの船旅を楽しむと、北海道・苫小牧に到着です。
ちなみにローダウン車はトラックと同じ貨物スペースに案内されます。
乗船は一番最後ですが、下船の時は一番最初なのでオススメです笑
resize16740.jpg
そしてついに、北海道上陸!!
カーナビが「北海道に入りました」と喋った時、かなーり感動しました。
resize16741.jpg
太平洋フェリー「いしかり」とエボちゃん。
この時はずっと乗り続けたいと思ってたんだけどな・・・おかしいな。
resize16742.jpg
船旅は初めてでしたが、本当にホテルみたいに綺麗でとても良かったです。
また、利用させていただきます!
resize16743.jpg
この日は襟裳岬に宿泊する予定でしたので、そっち方面へ向かいます。
ちなみに正面に見えるのは苫東厚真発電所です。
resize16744.jpg
日高本線のキハ40系。
resize16745.jpg
JR北海道で唯一乗れていない日高本線。
このカラーのキハ40系がちゃんと日高本線を走っているところ、初めて見ました笑
resize16746.jpg
日高本線の現在の終点、鵡川駅。
resize16747.jpg
線路は続くけど、もう二度と列車が走ることはないのかな。
resize16770.jpg
海岸を走る日高本線に乗ってみたかったです。
もっと早くに北海道を訪れていれば・・・。
resize16750.jpg
列車が入り返して苫小牧方面へ。
部分的でも頑張れ日高本線!
resize16751.jpg
鵡川駅で記念撮影したあとは、富内線の廃線巡りがてら、振内鉄道記念館へ向かいます。
resize16753.jpg
途中に二風谷ダムがあったので、ついでに見学してきました。
resize16754.jpg
真っ赤なゲートがかっこいい二風谷ダム。
この辺りはアイヌ民族の聖地とされ、ダム建設に反対運動が起こったそうです。
resize16756.jpg
実はこのダム、ダムオタの中では割と有名で、2003年の日高豪雨の時にただし書き操作が行われました。
逆に言えば、ダムが無ければもっと大変なことになっていたのかもしれませんね。
resize16755.jpg
魚道も完備。
名前は知らないけど大きめの魚がピョンピョン滝を越えていました。
resize16757.jpg
しかし、魚道の手前に流量調整?の導水路があり、そっちに向かっている魚の方が多かったです。
これは致命的なミス・・・!
resize16758.jpg
二風谷ダムでダムカードを回収したあとは、振内鉄道記念館へ。
職場の上司からここの土産を貰ったことがあり、ずっと行きたいと思っていたんです。
resize16759.jpg
屋内展示はまぁ良いとして、展示車両を見学。
この客車はバイク乗りが宿泊できるように、改造されていました。
でもボロすぎて泊まる気にはなれません爆
resize16761.jpg
D51形23号機
これは貴重なD51形です!機関車にあまり詳しくない私でも分かります。
ナンバーにハイフン、そして大型の前照灯が付いているので、間違いなくサハリンから里帰りしたカマです。
異国で頑張ってきたカマです、労を労ってあげましょう!
resize16762.jpg
客車との位置関係はこんな感じ。
旧、富内線振内駅はとても大きな駅だったのでしょうね。
resize16763.jpg
最後にエボとツーショット。
ちなみに日本のD51形23号機なスーパーナメクジでした。
resize16764.jpg
北海道といえば「セイコーマート」。
セコマの駐車場に停められるなんて光栄の極みと思いましたが、
実は関東地方にも何店舗か存在するんですよね~。
でもホットシェフは本当に北海道だけです。
resize16765.jpg
日高国道を進むと、岩知志ダムが見えてきました。
2006年の豪雨と際、ダム湖に係留されていたクレーン船が流れ出し、
ゲートに衝突するという前代未聞の事故が発生したダムです。
そして、その時の豪雨とは関係ありませんが、なぜか左岸の山が大規模に崩れていました。
検索しても出てこないので、全てが謎です!笑
resize16766.jpg
で、このダムのすぐ下流には富内線の橋梁が架けられていたのですが・・・跡かたも無く撤去されていました。
もしかしたら、丸いコンクリが橋脚の跡だったのかもしれません。
resize16767.jpg
そろそろいい時間になってきたので、山を下ることにします。
resize16768.jpg
道中、日高本線日高東別駅と遭遇。
もう列車は走っておらず、代行バスが行ったり来たりしていました。
resize16769.jpg
北海道というと車掌車を改造した駅舎に置き換えられた例がとても多いのですが、
ここはブロックで頑丈に建てられていました。

これにて北海道旅行1・2日目が無事に終了しました。
この後、襟裳岬へ向かう道は豪雨で視界ゼロ、北の大地の厳しさを身を持って知る事となったのでした笑

エボで北海道3日目~襟裳岬と幸福駅編~へ続く。



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する