函館市電貸切電車

Category : 鉄道 |

「エボで北海道」シリーズとは全く関係ありませんが、職場旅行で函館市電を貸切ってきたので、
その模様を少しだけ掲載していきたいと思います。
resize16808.jpg
今回は一眼レフを持っていかなかったので、Xperia XZで撮影。
Xperiaって防水とカメラの性能ばっかり宣伝ばっかりしてますけど、画像処理はiPhoneより遥かにゴミだし、
前に使っていたZ3は水没して壊れたし、全くもってダメなシリーズです。

そんなことはどうでも良くて、今回は函館市電の500形530号車を貸切らせて頂きました。
この530号車は函館市電最後の原形を保っている500形ですので、とても貴重な訳です!
resize16810.jpg
9600形
貸切電車は1運行19,000円で利用する事ができるのですが、乗車する電停・降車する電停や、
車両・行路をこちらで指定する事ができるので、とてもお得だと思います。
また、今回は駒場車庫から乗車したので、ご厚意で車庫内を見学させて頂くことができました!
resize16809.jpg
名物「ササラ電車」も見ることができます!
もう1両はもうすぐ到来するシーズンに備えて、整備している様子でした。
resize16813.jpg
530号車は内装が木造でとてもレトロです。
そしてこのレトロな電車は、工場の職員さんが大切に守っているのだと実感しました。
resize16814.jpg
方向幕とサボが「貸切」になり、いよいよ発車。
今回は駒場車庫→湯の川温泉→谷地頭→十字街→函館どつく前→駒場車庫と、
要するに全区間を走行して頂きました。(噂によるとNHKの生放送に映ったらしい)

この530号車には冷房がありませんので、窓を開けていたのですが、
函館の爽やかな風が車内を流れていて、最高に気持ち良かったです!
resize16816.jpg
そんな感じで約2時間の走行を終えて駒場車庫へ戻ってきました。
市電は函館を訪れた時は必ず利用していましたので、貸切電車で走る時間はまるで夢のようでした。
そしてなによりも、職員さんがとても親切だったので良かったです。
(強いて言うなら、一眼レフを持っていかなかった事がとても悔やまれます。)

大人数で旅行へ行くときは、また貸切電車で函館の街を巡りたいと思います!
以上です。



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

#1830 No title
函館で路面電車の貸切か…実に羨ましい…。
夏のササラ電車でって趣が深いしさ。

あと、こういうデジイチ持って行けない時には高級SONYのRX100を3万後半で買って持って行った方が、Xperia XZよりはいいと思うで。
(ブログ移転しましたのでURLの変更よろしくお願いします)
#1831 No title
暁たん

お久しぶり。
路面電車の貸切意外と安いからオススメだぜ。
いやホント、最近一眼レフ持つ気力もなくなってきたから、そろそろコンデジ買おうかと思ってる。

リンクの件、りおかい。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する