スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西・中部地方観光①

Category : クルマ |

北海道旅行記の途中ですが、クルマで関西・中部方面へ行ってきたので、その模様を掲載したいと思います。
resize17012.jpg
まず始めに訪れたのは浜大津~上栄町の併用軌道区間。
横浜市から大津って何時間かかるんだろう・・・とビクビクしていましたが、なんてことは無い。
新東名経由で4時間ちょっとでした。
resize16989.jpg
ただこれがやりたかっただけです笑
resize16990.jpg
へんてこな新塗装になる前に来ることができて良かったです。
resize16991.jpg
土砂降りだけど、やっぱり京津線は楽しいです。
スル関フリーパスが廃止になってから、すっかり関西には行かなくなってしまいました・・・。
resize16992.jpg
800系かっこいいなぁ・・・・。
爽やかなブルーがカッコいいのに、おけいはんは何を考えているんだ!
resize17011.jpg
京津線を楽しんだ後は、京都市内を抜けて桂川へ。
憧れの阪急電車とエボの組み合わせ・・・最高ですた。
resize17010.jpg
9302F
折角なので久々に編成写真も撮影~。
resize16993.jpg
1306F
天気が悪い日に阪急はちょっとキツい。
それでも雨は止んでくれたので、撮り鉄の神がほほ笑んだかなって感じです。
resize16994.jpg
9301F
久々の編成写真に前パンは致命傷なぐらいキツい!
何本か撮影しましたが、見せられるレベルのものはこの3枚だけでした笑

この後、渡月橋を観光・・・したのですが、人大杉でクルマと一緒に撮る余裕がありませんでした。
そんな感じで京都とはお別れ、下道をひたすら走り大阪港へ。
resize16995.jpg
ようやく来れた第七岸壁、通称「ナナガン」
クルマの撮影スポットとしては日本一かってぐらい有名です。
resize16996.jpg
鉄道でいうところのサントリーカーブですかね。
ちなみにですが、京都から大阪までは渋滞続きで普通に2時間かかりました笑
梅田の車線多すぎて迷子になりかけたし・・・笑
resize16997.jpg
ここで、名古屋で遊んでいた友人と合流。
一緒に記念撮影しました。
resize16999.jpg
似たような写真を・・・
resize16998.jpg
バシバシと!
港大橋もライトアップしてくれれば良いんですけどね・・・。

で、ナナガンを満喫した後は、高速を使って西宮へ。
resize17000.jpg
例の坂です!
すっかり雨も上がり、遠く「あべのハルカス」までクッキリ見えました!
resize17001.jpg
しっかし、坂がキツいのなんの。
何度もエンストしました(ヘタクソ)
resize17002.jpg
暫くすると雨が降ってきたので、この辺りで撤収。
さすがは高級住宅、お高いお車ばかりで、下品なドーピングラリーカーはお呼びでないようでした爆
resize17003.jpg
尼崎のホテルにクルマを置いた後は、久々の乗り鉄。
ジェットカーはやっぱりジェットでした。
resize17004.jpg
直通特急は始発に備えてここに据え置き。
なにげにあと1時間で終電でしたので、テキパキと移動します。
resize17005.jpg
まずは定番の阪急梅田!
いつ来てもやっぱり凄いターミナルです。
しかもなぜか毎回撮影する7324Fだし~。
resize17006.jpg
はぁ・・・阪急に就職したい人生だった。
こんなに品のある鉄道会社は他にありません。
関東だと東急がこのジャンルを目指していますが、ごめんなさい、足元にも及ばんわ。
resize17007.jpg
もう少しいたい気持ちもありましたが、そろそろヤバい時間なので、急ぎ足で次のスポットへ。
resize17008.jpg
JRの大阪駅です!
もう18キップでワイワイやる年齢でもないので、JR西の在来線にはマジで乗らなくなりました。
でも新快速でぶっ飛ばす223系は新幹線よりもクールだと思います。
resize17009.jpg
この駅はどちらかというと下品なチャイニーズ系?
でもJR西日本、大好きです!

そんな感じで良い時間になってしまったので、
急いで阪神梅田までも戻り、尼崎終でホテルへ向かったのでした。

関西・中部地方観光②へ続く。



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。