3011F長津田工場入場

Category : 長津田検車区・工場 |

午前中に撮影。
resize0168.jpg
出場線の8614Fは前5両検査完了といった所です。
resize0169.jpg
搬入口にプレートを外されたED30がいました。
追加で取り付けられたライトも外されているように見えますね。
デキ・デワも一緒に留置されていると思われます。

↓ここから午後撮影。
resize0170.jpg
3011Fが入場しました。
搬入口に留置されていた機関車は奥に入ってしまったようです。
resize0171.jpg
工場南側に置いてあったボルスタレス台車が5159Fの前に移動しています。
resize0172.jpg
5159Fと3011Fの並び。
入換機の事もあるし暫く工場から目が離せませんね。



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

#103 近隣住民です
デキ3021は、別の恩田駅寄りの棟に
プレート類を外されずに保管されています。
というか昨日現場を見ました。
今日は、昨晩搬出されなかったか心配で見てきました。
ところで、プレート類は固定資産税対策・尾灯の類は
展示に際してブチ割られないように、ムクのものに換装
と言うのは楽観視でしょうか。なぜならば、ヘッドライトや
側灯は外されていないからです。近年、省エネ高効率化
が進められていますが、彼らの功績は偉大です。私は
入場料を払ってでも、展示パークを切に願う次第です。
#104 No title
コメントありがとうございます。
デキは他の場所に留置されているのですか。
恩田寄りの棟というのがちょっと分かりませんが
他の2両と別の場所に置いてあるということは
対応も変わってくるのかな?気になるところですね。
保存車ですと稀に盗難されることもありますので
貴重な車両ですとレプリカを設置している場合もありますが
仮にデキが保存されたとして、どうなるかは引き取り手側によるでしょうね。
せめてデキだけでも永久保存されて欲しいです。

#105 当方視力1.5です
デキですが、白フェンスの側道から肉眼で見えます
ちゃんといるかどうか見えて安心です。なんせ、
東横線で貨車を引っ張っていた時代の生き証人ですし。
話は変わりますが、これらの車両は当然抵抗制御です。
※念のため:界磁チョッパ・回生ブレーキの前ですよ
東急としても、エコを前面に推して新型車両の導入に
投資しています。これはISOルール(毎年監査がある)
にも大きく関わってきます。この辺の事情で、取り急ぎ
片付けなくてはならなくなってしまった とも思えます。
自分の中でも、高度成長期に先人が無駄遣いしてしまった
環境や資源を 今後のために節約しようと努めるつもりです。
ノスタルジーと現実 この辺のバランスはとても難しいです。
もうこんな思いは辛いので、いっそのこと209レベルの
走るんですのほうが気楽かな なんて思ったりもします。

もうひとつ:8091Fですが、秩父行きで使えませんかね?
非貫通OK、20m3連、4つ扉ですし格安でどうですか社長
#106 No title
そうですか、となると1006Fが入っている建物ですかね。
昨日は側窓から中間車両が見えていたので
先入観から今日は見落としていました。
明日確認してみます。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する