8634F構内試運転

Category : 回送・試運転 |

まず最初にお詫び。
昨日からブログにアクセス出来ない状態が続いていたようで、ご迷惑おかけしました。
テンプレートの編集を行っている間は、ブログ観覧できないようにしていたのですが
解除するのを完全に忘れていました。友人に指摘されてなかったら一生あのままだったかもw
でも驚いた事に、約1名パスワードを解いちゃった人がいるみたいなんですよね。
8桁数字なのによく分かったなぁ・・・っていうか下手すると犯罪w

そんな感じで、前置きが長くなりましたが通常運行で行ってみます。
-------------------------------------------------------------------------------

8634Fの構内試運転が行われました。
resize0612.jpg
扉の動作確認。
resize0613.jpg
構内試運転。
車体の清掃は長津田検車区が担当するようです。
resize0614.jpg
こどもの国線の主。
resize0618.jpg
LEDは「中央林間」表示でした。
resize0616.jpg
通常通りに構内試運転終了。
明日は8634Fの出場だけでなく、7105Fの甲種輸送もありますね。
どっちも撮りに行けないけどw
-------------------------------------------------------------------------------

それと久々、東急テクノシステムの話題です。
現在、改造中の8091Fですが、作業場の関係でクハ8091が少しだけ屋外に出ていました。
画像のアップは自主規制しているので、変化が見られた部分を文章で書いてみます。
まず一番気になる車番ですが「8091」から「7501」に張替えられていました。
同時に社紋も張替えられたようで、プレート部分はマスキングされています。
側面のドアスイッチは8500系(7000系)の時と違い、テクノで本工事したようです。
前面ステップの下にはホーム検知装置らしき物が取り付けられています。
テクノ入場時に履いていた動力台車は取り外され、代わりに仮台車を履いていました。
方向幕部分には手が付けられておらず、ダンボールが貼られている状態です。
とりあえず確認できた変更点はこんな感じ。

帯はまだ貼られていませんが、外装的な部分は殆ど完成したようです。
クハ8091は電装化工事を行っているため、少し時間がかかっていますが
クハ8092やデハ8192はもう少し工事が進んでいるかもしれません。
増設パンタグラフはどうするのかな・・・
デハがダブルパンタ化したら面白いんだけどw
まぁ、妄想書いても仕方ないので、これぐらいで勘弁してください。
長文を書くの苦手なのでかなり疲れましたw



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する