8083F秩父鉄道譲渡が濃厚

Category : 長津田検車区・工場 |

と言うわけで久々の長津田工場ネタです。
resize0988.jpg
5102Fが検査出場しました。
resize0977.jpg
先日運用を離脱した8083F、入場して数日後にLEDが外されてしまいました。
しかし同じ時期に改造工事を受けていた9003Fは何故か幕式。
resize0976.jpg
何やら作業が行われているクハ8083、仮台車に履き替えるのかな?
ちなみに9003Fは大井町線転属工事を終えたようで、検査入りしていました。

↓ここから夕方撮影
resize0979.jpg
5570・5470と改番されたサハ5415-5416が出場線に出てきました。
その後ろには7907Fの姿が・・・
resize0978.jpg
取り残されたデハ8497-8284
2つに別けられて留置中の1003Fも気になりますね。
resize0982.jpg
デハ8284
resize0983.jpg
デハ8497
2両とも車番が外されてしまいましたので、部品取りとなる模様。
resize0981.jpg
8184-8084が工場南側へ移動していました。
ちなみに隣の5000系は5110Fです。
resize0984.jpg
ADが南側にいますので、テクノ入場と見て間違いないでしょう。
と言うわけで、秩父鉄道(?)譲渡は8083-8184-8084の3両になると思われます。

おわり。



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

#351 No title
はじめまして。いつも拝見しております。
秩鉄沿線に生まれ育って早三十○年(汗。。。
床が木の電車の時代から秩鉄を知る人間としては、東急車の出現は画期的。以前の2000形は短命ではありましたが、吊革に’109’の広告があるのをみて、熊谷も出世したのう!と思ったもの。今度の7000形はほんとに内装が明るい。
1000形も嫌いじゃないけど夜乗ると暗くて(田舎で窓外が暗いというのを考慮しても)わびしさが否めません。
なので、7500形第二編成は嬉しい限りです。
(まだ、7500形未乗。。。なんとかせねば!)
#352 No title
三十路爺様
はじめまして、コメントありがとうございます。
秩父鉄道沿線にお住まいとは・・・羨ましい限りです。
あの路線は風景に富んでいて面白いですよね・・・今年の夏、また行こうと思います(笑)
2000系の吊革は東急時代のままだったのですか、活躍している時に訪れてみたかった・・・
そうですね、7000系は車内が明るく、特に7500系はバリアフリー対策もしっかりしているので、
秩父鉄道の今後の主力になるには持って来いの車両だと思います。
ただ、東急車が秩父鉄道で活躍してくれるのは凄く嬉しい事なのですが、
そのために廃車となる1000系を考えると、少し複雑な気持ちだったりします。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する