スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の宮ヶ瀬湖-其の壱-

Category : ダム巡り |

久々、宮ヶ瀬湖へ行ってきましたので、その模様をうpしてみます。
resize4046.jpg
皆様ご存知、宮ヶ瀬ダムでございます。
横浜市内の小学校に通っていた方なら、一度は来たことがあるかと思います。
resize4047.jpg
宮ヶ瀬ダムの天端。
堤頂長は約400m・・・電車に例えるならば田園都市線10両2編成分の長さに。
resize4045.jpg
宮ヶ瀬ダムは所謂「重力式コンクリートダム」という型式のダムでして、
膨大なコンクリートの自重によって水圧を押さえています。
ダムの中でも特に男前なダムなんだと思います。
resize4048.jpg
で、こちらが宮ヶ瀬湖。
中津川を堰き止めて造られた人造湖です。
かつて、湖の底には宮ヶ瀬村(現在の清川村)という村がありました。
resize4085.jpg
選択取水設備(四角い建物)と非常用洪水吐(右下の溝)。
resize4050.jpg
通常は選択取水設備から取水された水が下流に放流される訳ですが、
増水に放流が追いつかなくなってしまった場合などは、この非常用洪水吐を通って
水が下流に流れるようになっています。要は洗面台の側面に付いている穴みたいなもんです。
resize4089.jpg
下流を望む。
堤高は156.0m、日本で6番目に高いダムだったりします。
(ちなみに一番高いのは黒部ダム。)
resize4054.jpg
橋と宮ヶ瀬副ダム。
resize4055.jpg
なんか禿げてる山と、愛川町‎半原‎の街並み。
resize4051.jpg
左岸からの眺め。
ケーブルカーのような乗り物は「インクライン」といって、
元々は資材輸送のために使われていたものですが、現在は一般公開されています。
resize4091.jpg
ちなみに宮ヶ瀬ダムからは「みなとみらい21地区」が見えたり見えなかったり。
resize4057.jpg
折角なのでエレベーターを使って下流へ。
コンクリートの臭いって良いよね、コンクリたんスーハースーハー。
resize4058.jpg
真下から見上げてみる。
あの建物、あんなに傾いてて危なくないのかなぁ・・・と思ったあなた、
逆だよバーカ!!あっちが垂直なんだよ!!
resize4060.jpg
宮ヶ瀬ダムのお顔・・・ではなく背中。
ダムの表面は上流側、背面は下流側、これ豆な。
resize4063.jpg
ダムと愛川第1発電所。
resize4062.jpg
こっ、これはトランスって言うんだぜ!理系なめんなよ!!
resize4064.jpg
先ほど天端から見えたアーチ橋です。
数年前に塗り替えられました。
resize4066.jpg
定番アングル。
一番上の穴から水が出てくると思っている人も多いと思うのですが、
前述のとおり、あそこは非常用洪水吐ですので、
観光放水の時は真ん中の穴から水がドバーっと出てきます。
ちなみに今日から観光放流を再開したとのことです。

其の弐へ続く。



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

#1094 No title
秦野市民ですが行ったことないです←
#1096 No title
ドアちょんな様
灯台もと暗し的な?
つーか秦野市民は小学校でどこ行くんだよ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。