九州旅行四日目~指宿枕崎線編~

Category : 遠征 |

4日目は指宿枕崎線の始発列車で日本最南端の終着駅へ。
resize5055.jpg
宿泊した東急ホテルの最寄り駅である南鹿児島駅。
指宿枕崎線のすぐ隣に鹿児島市電の電停があります。
resize5056.jpg
地元のおじいさんに「早いですね」と言われました。
確かに。
resize5058.jpg
到着したキハ200系に乗り込み、いざ指宿へ。
観光シーズンなので鉄オタ箱詰め状態かと思いきや、終始ガラガラでした。
ただ虫の乗車率は60%越えてたかも。
resize5059.jpg
乗降案内。
でも運転士さんは積極的に運賃の徴収をしない。
resize5060.jpg
海沿いを走っていると辺りが明るくなってきました。
resize5061.jpg
キハ200-1009
そんな感じで指宿駅に到着です。
この気動車マジかっこいい。
resize5062.jpg
ここから先はキハ40系の独壇場っすよ。
resize5064.jpg
キハ40-8038
両運転台の方がローカル線っぽくて好きです。
resize5065.jpg
進行方向左側に山川漁港が見えました。
いーつーかーゆーけるならーとおーいーうーみへー。
resize5067.jpg
途中、日本最南端の駅「西大山」で2分間の下車!
えっ?ゆいレール?なにそれ。
resize5066.jpg
ついにここまで来たか・・・って感じです。
でも折角の開聞岳に雲がorz
resize5068.jpg
開聞岳は「薩摩富士」とも呼ばれておりまして、それはそれは美しい山容なのですが、
この日は化粧が間に合わなかったらしく、雲で顔を隠してしまいました。
resize5076.jpg
開聞岳を左手に田園地帯を走行していると、ようやく終点の枕崎駅に到着しました。
resize5077.jpg
駅票には火之神岩のイラストが。
resize5070.jpg
ここは日本一寂しい終着駅かもしれません。
だって駅舎すら無いんだもん・・・。
resize5071.jpg
南鹿児島から4時間もかけてこれかよ!!
でもそんな指宿枕崎線が大好きです。
resize5072.jpg
こちらは旧駅舎の写真。
この頃も大分ボロかったのですが、今よりかは風情がありました。
resize5073.jpg
1口メモとか言いつつ肝心な所が書かれていない・・・。
元々この旧駅舎と土地は南薩鉄道(後の鹿児島交通)の所有物でして、
南薩鉄道が廃止になった後は国鉄に貸し出す形で権利を存続させてきました。
しかし鹿児島交通的にも駅の存在が重荷になってきてしまったのか、
平成になって突然、地元のスーパーに土地を売却してしまいます。
その結果、旧駅舎は取り壊されて、枕崎は寂しい駅になってしまったのです。
resize5074.jpg
JR九州に売却すれば、いつまでも枕崎のシンボルを守る事ができたと思うのですが、
なぜ鹿児島交通はスーパーなんかに土地を売ってしまったのでしょうね。
resize5075.jpg
こんな簡素な駅は都市圏でも珍しいと思う。
resize5078.jpg
駅前はバスの巣窟と化してしました。
resize5069.jpg
枕崎は特に何もないので、折り返しの列車でさっさと帰ります。
重要なのはここまでの過程なのです、もはやステータスです。
resize5081.jpg
途中の山川駅でなのはなDXにお乗り換え。
ここは日本最南端の有人駅なんだそうです。
じゃあ駅長所在駅は?自動改札導入駅は?バリアフリー対応駅は?キリが無いぜ。
resize5082.jpg
そんな感じで鹿児島中央まで戻ってきました。
行くだけで1日の半分が終わってしまいましたが、それでも行く意味はあったと思います。
resize5083.jpg
415系FK514編成
ここからは特急を酷使して大分県の鶴崎駅まで移動します。
resize5084.jpg
817系V004編成
逆光に拍車がかかる・・・。
resize5085.jpg
787系Bo102編成「きりしま」
AROUND THE KYUSHUになったので、どこへ行ってもこいつが来ます。
悪くは無いんだけど乗る分には振り子の方が楽しい・・・。
resize5094.jpg
キハ47-9083
2時間ほど乗車して宮崎駅の一つ手前、南宮崎駅で下車。
この先は「にちりん」を使用するので宮崎駅より座れる確率が高くなります。
resize5087.jpg
キハ47形-5126とキハ140-2127
黄色いのは日南線専用のキッハーです。
resize5088.jpg
キハ40-8099
末期色は車両を選ぶってことよ!
暫く撮影していると「にちりん」が入線したので席取り合戦開始。
思った通り、南宮崎では窓側もなんとか確保できました。
resize5091.jpg
815系N026編成
今回はまともに電車の写真を撮っていないので、日が落ちるまで鶴崎の鉄橋で撮影。
逆光の勝利ってことにしておいてください。
resize5092.jpg
BM101編成
鼻の穴がデカいなんて言わせない!
resize5089.jpg
一応反対側も撮れなくないです。
ただ、置きピンするのが難しい・・・。
resize5090.jpg
Fo118編成
鉄壁のスカートをお持ちですね。
resize5093.jpg
783系CM1編成
ラストは「にちりんシーガイア」。
撮影後は大分のやよい軒で友人と飯を食ってホテルにチェックイン。
やはり枕崎駅まで行ってしまうとそれだけで終わりって感じですね。
でも何だかんだで充実した1日でした。あと815系がアリア社長みたいで可愛かったです。

九州旅行五日目~由布院編~へ続く。



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する