スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惜別!湯田中温泉旅行!

Category : 遠征 |

惜別!といっても屋代線ではありません。
3月で退職してしまう人がいたので、その餞別として湯田中へ温泉旅行に行ってきました。
resize6673.jpg
まさかの新宿西口!
今回は非鉄の人もいたので、高速バスで移動する事になりました。
resize6659.jpg
国際21線っていうのかな?
そんな感じの便で長野へ向かいます。
resize6660.jpg
関越・上信越自動車道を酷使して善光寺に到着。
4時間強かかりましたが、ずっと駄弁っていたので大して苦痛ではありませんでした。
ちなみに長野のお天気は霙(みぞれ)です。花粉症の大勝利である。
resize6661.jpg
門的ななにか。四天王が鎮座していてかっこよかった!
今回は広角レンズを持ってきていなかったので、途中端折ります。
resize6674.jpg
そんな感じで湯田中に到着。
ちょっと端折りすぎましたのでここまでの行動をまとめておきますと・・・

新宿発車→横川SAで用を足す→善光寺到着→十割蕎麦を喰らう→参拝する
→善光寺下駅から長野駅へ移動(駅員さんの好意でタダ乗り!)→フリーきっぷを買う
→「スノーモンキー」に乗る→幼女と戦う→湯田中駅に到着!

こんな感じです。
resize6663.jpg
どうせ乗るなら元グリーン車の1号車に乗った方がお得らしいです。
resize6666.jpg
湯田中駅の様子。
思ったよりは栄えていました。
resize6683.jpg
長電の志賀高原シャトルバス。
山の向こうは雪が凄いらしく、チェーンを装着していました。
resize6664.jpg
元東武グループのレインボーらしいです。
長電バスの配色って凄くセンスあると思う。
resize6662.jpg
志賀高原方面を見てみる。
左の建物は今回お世話になったホテル星川館さんです。

ホテル到着後は荷物を置いて屋代線撮影・・・しようと思っていたのですが、
面倒臭くなってきたので麻雀を打ったりWiiをやったり、各自ダラダラと過ごす事にw
宴会後は露天風呂で寒さに耐えながら体を洗い、部屋に戻って再び麻雀・・・
丑の刻まで山手線ゲームで大騒ぎをして、疲れた頃に就寝しました。
何のために湯田中へ来たのかよくわからない状況でしたが、無駄に楽しかったです。
resize6681.jpg
翌朝・・・
一泊二日の小旅行でしたので、湯田中とはこれでお別れ。
展望席でまったりしながら長野へ向かいます。
resize6684.jpg
と見せかけて須坂で一旦下車!
2000系を撮らずに帰るのはどうなの?という結論に至ったので、
鉄オタ組・非鉄組に別れて行動しました。
resize6669.jpg
10系新OSカー。
廃車後は物置として使用されているようです。
なんか勿体ないですね。
resize6668.jpg
D編成
いました!前日、惜しまれつつ引退した2000系。
最後の最後に屋代線に入線したそうですね。
resize6676.jpg
温かみのある素晴らしいデザインですよね。
resize6685.jpg
06編成には「さよなら 屋代線」HMが・・・。
今では祭りの後といった感じで同業者も少なめです。
resize6672.jpg
N8編成
撮ってくれと言わんばかりの場所に留置されていましたw
ステンレスカーを見ると何だか安心します。
resize6671.jpg
L2編成モハ3602
地味に貴重なマッコウクジラの中間車。
現存してるのって多分これだけですよね。
resize6677.jpg
長野電鉄の路線もついに長野線のみとなってしまいました。
2000系・屋代線、長年の活躍お疲れさまでした!
resize6678.jpg
T6編成
ようやく再会できた先頭化改造車。
ちょっとダサいところが(・∀・)イイ!!

長野駅到着後は非鉄組と合流して昼食へ。
商店街のダサいホストの写真が哀愁を誘いました。
っていうか商店街にホストクラブとか何事だよ!

そんな感じで長野県とはお別れ。
帰りのバスで爆睡すること5時間、1時間20分延で新宿に到着。
最後の晩餐を楽しんだ後は長野電鉄田園都市線に揺られて帰宅したのでした。

途中、端折りましたが以上です。
鉄分少なめの旅行でしたがめっちゃ楽しかったです!



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。