スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KATO:EF510購入

Category : 鉄道模型 |

KATOのEF510形「レッドサンダー」を引き取ってきたので、簡易うpしてみたいと思います。
resize7127.jpg
もっと絞れよーって感じですが勘弁して下さい。

試作品の段階でコレジャナイ感がプンプンしたEF510形ですが、
実際に手に取ってみると思ったより悪くありませんでした。
HOゲージとしては破格の13440円ですが、最低限のラインはクリアしています。
強いて言うならば塗装が汚いですかね・・・まっ、値段が値段ですから!
むしろよくここまでやってくれたなーと感心してしまいます。

細かい仕様は散々既出ですので、クオリティの高い他サイト様を見て頂くとして、
箱から取り出して写真を撮るまでに思った事を書いていこうと思います。

まず、ボディのプラスチックがとても薄いですね。
モーターがそれなりに重いので、手に取っただけで歪んでしまいます。
その結果、画像のようにガラスパーツがはみ出してしまったり、
側面のルーバーが浮いてしまったり。押せば直るので問題ありませんが、
金属製と比べると繊細ですので、慎重に扱った方がいいと思います。(当たり前!)

それと手摺が非常に貧弱です。
これは金属パーツに換装した方がいいかも・・・
既にグニャグニャですので、経年劣化ですぐにダメになるかと思われます。

ちなみにパンタグラフは金属製です。で、このパンタグラフもちょっと癖がありまして、
完全に折り畳んでしまうとロックされてしまい、指で上げる事が出来なくなります。
その場合は同梱されているドライバーを根元に差し込み、てこの原理の要領で
持ち上げる必要があるようです。(IMONの店員さん談)

その他・・・見た目に関しては好みの問題ですので無視してもらって結構ですが、
やや前面のガラスパーツが縦に大きいかなーと感じました。
試作品を見て「あれ・・・似てない・・・?」と思った原因は恐らくここです。
でもまぁ、これはこれでカッコいいので問題ないです。

以上、そんな感じですかね。
ハズレを引いてしまったのか、屋根の塗装が特に酷かったのですが、
この製品は走らせてナンボだと思いますので、目を瞑ることにします。

観賞目的ならば天賞堂、走らせたいけど見てくれも大事という人にはTOMIX、
ディテールは程々に手軽に楽しみたいと言う人はKATO、上手く住み分けができていますね。

私はどちらかといえば手軽に楽しみたいタイプですので、
KATOさんにはこの調子で頑張って頂きたいと思っています。



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

#1562 No title
久しぶり
再うpしたんで置いとくわ
トミー ナインスケールのカタログ
http://ux.getuploader.com/n_gage/download/22/20121019_002241.zip
#1563 No title
アリ厨様
うわっ、すげー古いwww
保存しますた、ありがとう。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。