スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊豆はみなみに行くほど美しい-其の壱-

Category : 遠征 |

南伊豆町観光協会のキャッチフレーズをお借りしました。

てな訳で毎年恒例の南伊豆へ行ってきましたので、その模様をうpしてみたいと思います。
resize7665.jpg
南伊豆の壮大な星空!空だけでは芸がないので山も入れてみました。
オリオン座は冬の代名詞ともいえる星座ですが、夏でも夜明け頃に見ることができます。
resize7667.jpg
下田市の吉佐美大浜です。
相変わらず海がきれい!
resize7668.jpg
この日は伊豆諸島がよく見えました。
resize7669.jpg
すぐ裏手は大自然。
これも伊豆の魅力の一つだと思います。
resize7687.jpg
吉佐美から弓ヶ浜温泉に抜ける事ができる峠道。
ここを通ると「伊豆に来たな!」という感じがします。
resize7670.jpg
折角なので歩いて通行してみました。
車だと味わえない臨場感・・・。
resize7666.jpg
ちなみに夜はこんな感じ。
丑の刻に一人で来たので、めっちゃ怖かったです。



海で一日を潰すのがウチのルールなのですが、今回は珍しく南伊豆を観光する事になりました。
resize7672.jpg
観光っても趣味丸出し・・・南伊豆町青野にある「青野大師ダム」です!
この地区で信仰されていた「青野のお大師さん」が名前の由来となっているようです。
resize7682.jpg
2005年に竣工した比較的新しい重力式コンクリートダム。
高さは39.5m・・・小型ながら立派な佇まいですね。
resize7681.jpg
自然調節式のオリフィスゲート1門に自由越流式のクレストゲートが1門。
必要最低限の設備を兼ね備えた「シンプル・伊豆・ベスト」なダムです。
resize7674.jpg
天端の様子。
外灯すらない状態ですので、夜は真っ暗でしょうね。
resize7673.jpg
白いコンクリートが眩しい・・・!
resize7678.jpg
取水塔の中にこんなマシーンがありました。
ゲートを支えているロープのゆがみを検出する為の装置らしいです。
resize7685.jpg
天端の中央より 青野川水系鈴野川の望む。
青野大師ダムは昭和51年に発生した水害を受けて建設されたダムですが、
流水の維持や水道用水の供給といった役割も担っています。
resize7679.jpg
取水された水の一部は流水維持のために放流されます。
先ほどの機械は利水放流用のスライドゲートを監視する為のものでしょう。
resize7675.jpg
貯水池には「青野大師湖」という名前が付けられており、
湖の周辺はハイキングコースとして整備されています。
でもこれって・・・池だよね?
resize7684.jpg
上流に砂防ダムがありました。
増水があったのか、それとも砂に埋まってしまっているのか、
流木が引っ掛かっているように見えます。
resize7680.jpg
この日の貯水位は159.700(ELm)
最低水位が154.500(ELm)ですから、相当低いという事になりますね。

以上でダムレポート終了です。
ダムへ行ったという証拠(写真等)を下流の「道の駅 下賀茂温泉 湯の花」で掲示すれば、
ダムカードを入手する事ができるようなので、またの機会に訪れたいと思います。

伊豆はみなみに行くほど美しい-其の弐-へ続く。



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。