スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西・北陸旅行五日目~黒部峡谷鉄道編~

Category : 遠征 |

大変お待たせいたしました!前回の北陸大移動編から随分と日にちがあいてしまいましたが、
なにはともあれ、いよいよ黒部の谷に突入です!!
resize8596.jpg
早朝の富山駅前。
この日は朝焼けがとても美しかったです。
resize8597.jpg
とりあえず富山から北陸名物ブルーマンに乗って魚津を目指します。
resize8598.jpg
魚津駅に到着。
遠くに立山連峰が見えますね・・・我々はこれからあの山へ向かいます!
resize8644.jpg
夜行バスできた友人と合流しつつ富山地鉄にお乗換え。
683系8000番台唯一の付属編成、N13編成が入れ替え作業を行っていました。
resize8599.jpg
14760系トップナンバーに揺られること40分、終点の宇奈月温泉に到着しました。
結局今回も爆睡してしまった・・・。
resize8647.jpg
朝陽が差し込む宇奈月駅。
去年の3月に訪れた時はあたり一面が雪に埋もれていましたw
resize8601.jpg
黒部峡谷鉄道の2500形客車。
アルナ車両製らしいです。
resize8629.jpg
現金が無かったので近くのコンビニでお金を下ろすことに・・・
(ちなみにここまでは友人のお金で来ましたw)
道中で見つけた砂防ダムですがこれも趣味の範囲内、個人的にはとても気になります。
resize8602.jpg
地鉄が通過したのでとっさにカメラを向けたところ、SSの設定が滅茶苦茶で思いっきりブレましたorz
でもモノクロにすれば何とか誤魔化せ・・・てない!!
resize8604.jpg
ところがどっこいっ・・・!宇奈月温泉のポプラにはATMが設置されていないことが判明!
店員さんも親身になって考えてくれたのですが結局お金を下ろす術はなく、
申し訳ないなーと思いながらも信濃大町まで友人にお金を借りることになりました。
あのときの店員さんとお金を借してくれた友人、ありがとう!
resize8605.jpg
駅前に展示されていたEB5号(アメリカ・ジェフリー社製)
1925年から1984年まで活躍していた黒部峡谷鉄道の機関車なんだそうです。
なぜかデッキに乗れるようになっていましたが、感動はあまりありませんでした。
resize8606.jpg
EDR形
そんな感じで黒部峡谷鉄道に初乗車です!
コンパクトながらかっこいい機関車ですねー。
ちなみに黒部ルート参加者は後方の特別車両に乗車することになります。
resize8607.jpg
かの有名な新山彦橋を通過。
ホテルの宿泊客が手を振ってくれました。
resize8630.jpg
そしてそのすぐ裏手にあるのが宇奈月ダム!
とてもかっこいいデザインです・・・ダムカード欲しいなぁ。
resize8609.jpg
うなづき湖の様子。
このダム、上流側のデザインも秀逸なんですよね。
来年の夏にでもまた訪れたいと思います。
resize8631.jpg
暫くすると新柳河原発電所が見えてきました。
湖に浮かぶ城をイメージして造られたそうです。
resize8611.jpg
資材用の引き込み線ですかね・・・とても気になります。
ちなみに旧柳河原発電所は宇奈月ダムの建設によって湖に沈んでしまいました。
resize8632.jpg
砂防ダムがいっぱい!
黒部川流域はフォッサマグナの西縁に面していますので、土砂の崩落が激しいのだと思います。
resize8633.jpg
とても美しい風景です。
まったり弁当でも食べたい気分・・・。
resize8634.jpg
めっちゃ危なそうな吊り橋が見えてきました。
実はこれ、ニホンザル用の吊り橋なんだそうです。(ソースはトロッコの観光放送)
まさに猿橋!
resize8642.jpg
仏に姿が似ていることから「仏石」と呼ばれている岩です。
うーん・・・これはちょっとこじ付け(ry
resize8636.jpg
こちらは人間用の吊り橋。
非常に美しい曲線ですね・・・渡ってみたい!
resize8643.jpg
森石駅と鉄橋。
自分達が通ってきた線路が見えると何となく嬉しいです。
resize8638.jpg
笹平駅を通過して暫くすると、進行方向右側に出し平ダムが見えてきました。
放流中のゲートは日本で最初に設置された排砂設備なんだそうです。
このダムに自力で来るのは大変だろうなー。
resize8619.jpg
黒部川第二発電所キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
昭和7年から約4年かけて建設された発電所です。
この事業の成功により当時の人々は更に上流へと開発の手を伸ばしてゆき、
後に史上最大の難工事とも言われる黒部川第三発電所の建設に着手する訳です。
resize8646.jpg
ここまでトロッコに乗って悠々と来てしまいましたが、歩いて来るとなると本当に命懸けのようです。
軽装でこんな美しい風景を見ることができるなんて・・・・先人に感謝ですね。
resize8639.jpg
動画も撮っておけばよかったなー。
黒部の谷はトロッコの案内放送がこだまするぐらい静かな所なんです。
resize8622.jpg
当然ですがこういうトンネルをいくつも通過します。
積雪の季節になるとレールや橋を一旦撤去してトンネルの中にしまっておくそうです。
resize8640.jpg
小屋平駅から小屋平ダムが見えました!
このダムから取水された水が先ほどの黒部川第二発電所に送られて発電が行われます。
黒部ルートの途中にある仙人谷ダムとそっくりの美しいデザインなのですが、
この駅は一般開放されていませんので、残念ながらダムの全貌を見ることはできません。
resize8675.jpg
見るからに美味しそうな水・・・。
高知県を流れる四万十川はダムがない(厳密にはある)「最後の清流」として有名ですが、
その事と水質は無関係なのだと思います。だってダム街道の黒部川がこんなに美しいのだから。
resize8625.jpg
そんなこんなで終点の欅平に到着です!
ここまで1時間20分・・・写真を撮る事に夢中になっていたからか、あっという間に感じました。
resize8626.jpg
なんとっ!ホームのすぐ下に黒部川第三発電所がありました。
もうテンションが上がりまくりです。
resize8641.jpg
ここまでお世話になった・・・かどうかは知らないけれど2800形客車。
なかなか渋い顔をしていますね。
resize8628.jpg
折角なので正面玄関も撮影。
駅の入り口かと思いきや便所だったでござる・・・。

いよいよこの後、この旅の最大目的である黒部ルート見学会に参加します!
それでは次回の更新をお楽しみにっ!!

関西・北陸旅行五日目~黒部ルート見学会前編~へ続く。



トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。