関西・北陸旅行五日目~黒部ルート見学会後編~

Category : 遠征 |

前編の続きです。

                                             インクライン上部===黒部ダム
                                              //
                                            //
            欅平上部===(高熱隧道)===仙人谷===黒四発電所
           ||
           ||
欅平===欅平下部

上部軌道を満喫した後は、かの有名な黒部川第四発電所を見学しました。
resize8771.jpg
まずは基礎知識の勉強・・・という事で、会議室のような場所に通されました。
この時にお土産として頂いたのが「黒部の氷筍水」!
恐らく休憩も兼ねているのだと思いますが、とても親切ですね。
resize8772.jpg
立山連峰の模型。
ここでは関西電力の社員さんが黒部ダム・黒部川第四発電所についてのお話をしてくれました。
ビデオを見ながら解説してくれるのでとても解りやすいです。
resize8773.jpg
黒部川第四発電所キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
こんな山奥の地下にこんな巨大な空間が・・・人間の力って凄すぎませんか?
resize8775.jpg
ランプが点灯しているのが現在稼働している発電機です。
これらの発電機の下には水車が取り付けられており、
黒部ダムから取水された水を水車にぶつける事で回転力を得ています。
このような水車をペルトン水車と呼ぶそうです。
resize8796.jpg
これがその水車。
モニュメントのように見えますが、正真正銘本物です。
他の水車がメンテナンスを行う際に使用される予備って訳ですね。
ちなみに水を受けるバケットはとてもツルツルしていました。
resize8778.jpg
制御室。
黒四発電所は北陸給電制御所から遠隔操作されているため、本来は無人なのですが、
この日は関西電力の関係者が作業を行っておりました。
もしかしたら月一回の定期点検の日だったのかもしれません。
resize8776.jpg
先ほどの発電機の地下には4号水車を点検するための部屋があります。
resize8795.jpg
部屋の中はこんな感じ。
写真だと分かりにくいのですが、シャフトが超高速で回転しております。
この下にペルトン水車が設置されているようです。
resize8779.jpg
そんな感じで黒部川第四発電所見学終了です。
この施設で発電された最大出力33万5000kWの電気は、
今も関西地方の暮らしや産業の発展に深く貢献しています。
命懸けで電源開発に携わった人々には感謝をしなければなりませんね。
resize8798.jpg
黒部川第四発電所前駅で記念撮影・・・する暇はなく、
やや巻き気味でインクラインへ向かいます。
resize8781.jpg
これがその走ルンですインクラインです。
建設資材を運ぶために造られたものですので、とても大きいです。
ちなみに高低差は456mありまして、2両の車両が交互に行ったり来たりしています。
resize8797.jpg
画質がもの凄く悪いのですが、車内の様子です。
ここで中島みゆきが「NHK紅白歌合戦」で「地上の星」を歌った時のビデオが上映されました。
生放送時の裏話を聞くことも出来ましたし、中島みゆきファンとしては嬉しい限りですw
resize8782.jpg
途中、交換箇所で「黒部ダム出発コース」の参加者と行き違いをしつつ、インクライン上部に到着です。
撮ることはできませんでしたが、かなり急な勾配でした。
resize8783.jpg
このクレーンは資材を吊り上げるための物でしょうか?
なかなかそそられるマシーンです。
resize8784.jpg
ここからはまさかのバス移動!
インクライン上部から黒部ダムまでは工事用道路が通じています。
resize8785.jpg
10分弱走ったところで一旦下車。
北アルプス交通の路線は信濃大町~扇沢駅の1路線だけですが、
実はこんな穴の中でも貸切バスとして運行されていたんですね。
resize8786.jpg
隧道内散策。
まだ夏だというのにとても寒かったです。
半袖しか持っていなかった俺涙目wwwwwww
resize8787.jpg
暫く歩くとタル沢横坑に到着!
とんでもない秘境に来てしまいました・・・。
ちなみにタル沢の少し下流にはかの有名な「十字峡」があります。
resize8789.jpg
前方には「日本一危険な山」である剱岳が望め・・・るのですが、この日は雲がかかっていました。
内陸側から見た剱岳は「裏剱」と呼ばれており、なかなかお目にかかれるものではないそうです。
resize8790.jpg
ちなみに以前はトンネルの外まで出ることができたそうですが、
今は落石等の危険を考慮して見学はトンネルの中まで・・・という事になっています。
resize8791.jpg
なんだかよく分からないけど氷柱がたくさんありました。
氷ではないと思いますがとにかく寒かったです。
resize8792.jpg
鉄道を趣味にしているとストロボを使う機会が一切なくなるのですが、
たまには焚いてみるのも悪くないなーと思いました。
resize8793.jpg
そんな感じで再びバスに乗り込んで10分ほど移動。
関係者以外立ち入り禁止の扉を開けるとそこは・・・。
 resize8794.jpg
黒部ダム駅だった。
トロリーバスに乗る人達の列を横切って移動するので少しだけ優越感を味わえますw

これにて「黒部ルート見学会」は無事終了しました。
見学会は自然の力と人間の力を同時に感じることができる貴重な体験だったと思います。
またそれと同時に竪坑エレベーター・トロッコ・インクラインと様々な乗り物を乗り継ぎながら、
黒部川電源開発の歴史を学ぶ事ができるとてもいい機会でした。
案内の方はとても親切でしたし、仙人谷ダムを見ることもできたので本当に参加してよかったです。
鉄道・ダム好きは勿論ですが、どなたでも楽しめる見学会ですので、
黒部ダムに行こうかな?と思っている方は是非とも応募してみては如何でしょう。

と言いたい所ですが、私もまた参加をしたいので、倍率を下げるために応募しないでください><


関西・北陸旅行五日目~黒部ダム見学編~へ続く。



トラックバック

トラックバック一覧

まとめ【 関西・北陸旅行五日】

前編の続きです。                                         

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する