スポンサーサイト

Category : スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕刻の三保ダム

Category : ダム巡り |

今日はいい天気でしたので、三保ダムまでドライブしてきました。
resize14122.jpg
遅めに出たので三保ダムに到着したのは16時30分!
でもそのお陰でスッキリと天端を撮ることができました。
resize14125.jpg
下流を望む。
こうして見ると巨大なアースダム・・・。
しかし実際は巨大な洪水吐きを持つロックフィルダムなのです。
resize14123.jpg
上流の丹沢湖。
ここに貯められた水は下流の飯泉取水堰で取水され、神奈川県内の各家庭に届けられます。
resize14124.jpg
こうして見るとまるで高原のワインディングロードですね。
三保ダムは以前から訪れてみたいと思っていたダムなので、ようやく夢が叶いました。
resize14133.jpg
続きましては急ぎ足で下流にあるダム公園へ。
途中になにやら円筒分水のようなものがありました。
どうやら田ノ入発電所で発電に使われた水は一度ここに集められ、
更に下流の酒匂川水系河内川と嵐発電所に分水されているようでした。
resize14137.jpg
噂の可愛いダム模型!
前述の通り、ダム直下はダム公園として整備されておりまして、
このような三保ダムのミニチュア模型も展示されております。
resize14139.jpg
しかしながら洪水吐きはとてもイカツイ!
堤体の真っ正面に橋がかかっており、そこからこのアングルで撮影することができるのですが、
無言の威圧感が半端なかったです笑
resize14138.jpg
アップでもう一枚。
左端にローラーゲートが1門、そしてテンターゲートが4門あります。
こんなに豪華な装備をもったロックフィルダムは珍しいですね。
resize14135.jpg
重力式コンクリートダムにしか見えない・・・。
そしてロックフィル部分の曲線が万里の長城みたいで綺麗!
resize14136.jpg
左側には底部放水口(?)と茶畑。
横浜市民ならピンとくるかもしれません。
横浜市の小学校では「わたしたちの横浜」という本が必ず配られるのですが、
その本のどこかのページに三保ダムの航空写真が掲載されており、
ダム下流にある緑の物体が何なのかずっと気になっていました。
まさか茶畑だったとはね・・・。
resize14134.jpg
ちなみに下流はこんな感じ。
左には流水維持用と思われるトンネルがあり、水がジャンジャン流れ出ていました。

これにてダム見学は終了です。
今回はダムカードを貰うことが目的でしたので、とりあえず達成できて満足です。



以下、お車の写真です。
resize14121.jpg
ダムに着いた頃には既に夕方・・・。
resize14126.jpg
駐車場もほぼ貸切状態でした!
resize14127.jpg
エボXはこのアングルが一番かっこいいと思います。
resize14129.jpg
山北町では早くも紅葉が始まっておりました。
resize14128.jpg
ダムとエボ。
ローアングルで撮ると車高が高いのバレちゃいますねw
resize14130.jpg
広角気味にもう一枚。
アースダムの芝生がとても美しい!
resize14132.jpg
たまにはテール側も。
未だに前期型テールのままですが、これはこれでカッコいいと思えるようになってきました。
resize14140.jpg
気が付けば日の入りの時刻に。
resize14141.jpg
最後はダムと一緒にライト点灯!

以上、自己満足の世界でした!




寄居界隈散策

Category : ダム巡り |

仕事帰りに同期の友人と寄居周辺をブラついてきましたので、その模様をうpしたいと思います。
resize12328.jpg
東武東上線・秩父鉄道線・JR八高線が乗り入れる寄居駅(秩父鉄道管轄)ですが、
駅周辺に商業施設がある訳でもなく非常にまったりとした空気が漂っています。
しょっぱなから秩鉄7000系がお出迎えしてくれたのですが、ここの車両はとにかく汚いです。
resize12329.jpg
デキ100形デキ102
さすが太平洋セメントと東武鉄道の貨物で食っていると噂の秩父鉄道!
かなりの頻度で貨物列車が運行されていました。
私鉄の電気機関車って可愛いですよね(*´∪`)
resize12330.jpg
道中で見つけた地下道。
彩甲斐街道を横断するための物なのですが、完全に水没していました。
なかなかダンジョン感があって魅力的なのですが、はっきり言って税金の無駄遣いですね。
resize12331.jpg
そんな訳で目的の玉淀ダムに到着。
運よく放流している姿を見ることができました!
resize12333.jpg
6門の巨大なゲートがとても魅力的なダムです。
ローラーゲートに番号がペイントされているのもダムっぽくて良いですね。
resize12334.jpg
天端からの眺め。
長瀞まで行かなくてもこんなに美しい風景を見ることができるんですね・・・
なんで幻想を抱いていると痛い目を見るのがこのダムです。


なぜなら!
resize12335.jpg
ギャァァアアアアア汚いぃぃぃいいいいいいい!!
resize12336.jpg
\( 'ω')/ウオオオオオアアアーーーッ!

都市型ダムの宿命でしょうか、玉淀湖はゴミで埋め尽くされていました。
神奈川県の城山ダムだってここまで汚くはありませんw
resize12337.jpg
ゴミさえなければ本当に綺麗な風景なんですけどね・・・残念です。
先日の大雨が原因なのでは?と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、
今月の頭に訪れた時もこんな感じで粗大ゴミが大量に廃棄されていました。
こんなゴミフィルターを通した水が荒川に至っていると思うと少し萎えますねw
resize12338.jpg
ちなみに天端は作業用通路といった感じでとてもスリルがあります。
近年のダムに見られるレクリエーション要素は一切ありませんが、それなりに開かれたダムですので、
こういうものが好きな人はとても楽しめると思います。
resize12339.jpg
申し遅れましたが玉淀ダムは灌漑及び水力発電用のダムでして、
ここから取水された水がタービンを回すことによって発電が行われているようです。
こんな大切なダムを撤去したがっている団体があるんだから世の中分からないですね。
resize12341.jpg
そろそろいい時間になってきましたので、適当に撮り鉄をしながら寄居駅へ戻ることにしました。
resize12340.jpg
7506F(元8095F)
広角レンズで編成写真は色々と厳しすぎます!
しかしまぁ、この顔を見るとなんだか懐かしい気分になりますね。
次回は望遠レンズでしっかり記録したいと思います。
resize12346.jpg
秩父線と八高線の立体交差部分。
5000系には「秩父地域開通100周年記念HM」が掲出されていました。
東武東上線開通と同い年なんですね。
resize12343.jpg
八高線を待っていたらまたまた貨物が来ました。
そのうち鉄コレから製品化されるような気がします(チラッ)
resize12344.jpg
キハ111-209+キハ112-209
そんな訳でキハ100系も撮影。シンプルながら本当に優れたデザインだと思います。
嗚呼・・・小淵沢カーブへ行きたい。
resize12348.jpg
キハ111-207・112-207
下り列車は跨線橋の上から縦アングルで撮影。
そのうち荒川橋梁でも撮ってみたいと思います。

これにて本日の散策は終了です!




神奈中バスで行く!神奈川ダム巡りの旅~後篇~

Category : ダム巡り |

前篇では橋01・湖21を酷使して、城山ダム・相模ダムを巡って参りました。
resize7377.jpg
後篇ではいよいよ大詰め、本厚木駅を経由して宮ヶ瀬方面へ向かいます。
resize7327.jpg
安定の「三ヶ木」!
ここから「つ012」が幽閉されている三51系統を使って終点の半原に移動。
さらに半原から厚2系統に乗り換えて本厚木駅へ向かいました。
resize7333.jpg
端折りに端折って本厚木駅に到着です。バスって加速するとこんなに傾くんですね!
(半原で記念撮影しようと思っていましたが、乗り換え時間が僅かでしたので割愛しました。)
resize7334.jpg
大勝軒で昼食を摂った後は、厚20系統で宮ヶ瀬へ。
清川村の中心部を通るというのに乗車率は終始低めでした。
っていうか途中経過の写真が少なすぎですね、反省します。
resize7337.jpg
やまびこ大橋を走行する「あ072」
宮ヶ瀬厨な私ですが、バスでここまで来たのは初めてだったりします。
resize7336.jpg
宮ヶ瀬湖の様子。
うーむ、いつ来ても美しい風景ですね。
この日は水位がやや低めで、水没した旧道が姿を見せていました。
resize7379.jpg
やまびこ大橋。
アタシたち一行はあーでもないこーでもない、美しい風景をカメラに収めていたんですねぇ。
すると次第に辺りが暗くなりましてね「そろそろ行こうか」そういう話になりました。
そこでふと前を向くと、数メートル先を若い女がなんだか寂しげに歩いていたんですねぇ。
そしたらアタシの連れの・・・この人仮にAさんとしておきましょうか。
Aさんがボソッとアタシに言ったんだ「幽霊なんじゃない?」こいつ嫌なこと言うなー、
そう思いましてね、でもよくよく考えると確かにおかしい、普通の状況じゃない。
だって誰一人として追い抜かれた記憶が無いんですよ?あり得ないですよ普通。
後でわかった事なんですけどね、その女が向かっていたのは清川村の方向。
集落まで5Kmはあるはずなんですけどねぇ。
もしかしたらあの女、この世のもんじゃなかったのかもしれませんねぇ・・・(CV:稲川淳二)
resize7339.jpg
半分実話です。
宮ヶ瀬ダムは「開かれたダム」として有名ですが、
路線バスでアクセスするとなるとやや不便だったりします。
resize7340.jpg
トンネルを2つほど抜けるとダムサイトが見えてきました。
ここまでゆっくり歩いて50分です。
綺麗な湖畔を散策するのは実に気持ちがいいですね。
resize7343.jpg
そんな感じで宮ヶ瀬ダムの天端に到着です!
ダム関連のレポートに関してはこちらも併せてご覧ください。
resize7342.jpg
堤体とインクライン。
宮ヶ瀬ダムはいつ見ても男前!
resize7346.jpg
高さ156.0m
日本で2番目に高い重力式コンクリートダムです。
神奈川県民の誇りですねー。
resize7344.jpg
宮ヶ瀬ダムの圧倒的なスケールに酔いしれてしまったのか、
興奮したお友達が調子に乗り始めました。
resize7347.jpg
ダムカードを入手した後は徒歩で石小屋ダムへ向かいます。
resize7348.jpg
一度でいいから非常用洪水吐からの放流を見てみたい・・・。
私が生きているうちに使われる事は無いでしょうけどね。
resize7349.jpg
ちょっと歩いて石小屋ダムに到着です。
resize7352.jpg
ホロージェットバルブからの放流。
高確率で死にますが、なんだか気持ちよさそう。
resize7380.jpg
ハイになった友人の泥君が「俺を撮れ」と言わんばかりにポーズを決めてきました。
こんな人の生活を守るのもダムの仕事なのです。
resize7381.jpg
石小屋ダムの全体像。
今回は中津川を更に下って、「愛川大橋」を目指します。
resize7354.jpg
愛川公園を過ぎると突然住宅街が現れました。
半原って意外と近かったんだなー。
resize7382.jpg
15分ほど歩くと「愛川大橋」に到着。
ダムサイトへ行くならこちらの方が便利ですね。
resize7355.jpg
中津川と半原地区の風景。
鮎釣りしたくなってきた・・・したことないけど。
resize7356.jpg
そうこうしているうちにバスが到着しました。
ここから厚1系統で本厚木駅へ向かいます。
resize7357.jpg
1時間ほどで旅の終点、本厚木駅に到着。
ところどころ端折らせて頂きましたが、これにて全行程が終了です。

今回は「一日フリー乗車券」を利用して城山・相模・宮ヶ瀬・石小屋と4つのダムを巡りました。
これらのダムは多目的に運用されており、私たちが生活をする上で無くてはならない存在です。
今回の旅では「観光」だけでなく、ダムの大切さを再認識する良いきっかけとなりました。
近年、ダムは手軽に自然と触れ合う事ができる観光地として注目を浴びており、
またダムカードの配布により、ますますダムを訪れる人が増えていくものと思います。
皆さんもダムで「多目的」な楽しみ方をしてみては如何でしょうか?(なにこの変な〆。)
resize7310.jpg
ちなみにこちらが今回入手したダムカードです。
こういうアイテムがあると、色々なダムを巡りたくなってしまいますね。
企画した人は頭がいいなーと思います。

以下、おまけ。
resize7384.jpg
この日はバイト先の飲み会がありましたので、その足で溝の口へ向かいました。
resize7383.jpg
泥君がなにかを見つけたようです。
相模大野までの僅かなひと時を楽しんだ後は、中央林間を経由して溝の口へ。
隣のグループにツイートされるぐらい、山手線ゲームで盛り上がりました。
resize7385.jpg
で、オール明け名物の仕業検査を撮影してから帰宅。
ダム巡りによる筋肉痛と二日酔いで非常に疲れた1日でした。







神奈中バスで行く!神奈川ダム巡りの旅~前篇~

Category : ダム巡り |

「神奈中バスで行く!神奈川ダム巡りの旅」というものを企画してみたところ、
バイト先の友人らが参加表明してくれましたので、6月最後の30日に開催してきました。
resize7375.jpg
今回、利用したバス路線(オレンジ・ピンクのライン)とダム(赤い長方形)の地図。
当初は西丹沢を除く全てのダムを巡る予定でしたが、時間的に厳しいという事が判明したので、
ダムカード配布ダムである4つのダム(城山・相模・宮ヶ瀬・石小屋)を巡ってみました。
resize7312.jpg
神奈中バスで行く!とか言いながらバスの写真はあまりありませんw
橋本駅から橋01系統に揺られること40分、城山ダムの最寄りである「城山高校前」に到着です。
resize7313.jpg
こういう看板はとりあえず撮っておいて、家でじっくり読むのが俺流。
津久井郡が消滅してしまった今となっては、ここも立派な政令指定都市の「区」なのです。
resize7311.jpg
とりあえず「津久井湖記念館」でダムカードを入手!
どこか小学校のような佇まいですね。
resize7314.jpg
哀愁誘うアヒルちゃんたち。
乗ってみようかと思いましたが、虫がいたので止めておきました。
resize7369.jpg
少し歩くと見えてきたのが城山ダムと津久井湖!
水がとても汚いですね・・・都市型ダムの悲しい現実です。
resize7316.jpg
津久井湖取水塔。
城山ダムは洪水調整・水の供給だけでなく、本沢ダムと連携して揚水発電も行っています。
汚いダムではありますが、神奈川県民には無くてはならない存在な訳ですね。
resize7320.jpg
天端を国道413号が通っていますので、交通量がとても多いです。
ここまで都市化されたダムはなかなか珍しい・・・。
resize7319.jpg
クレストゲートが4門、オリフィスゲートが2門設置されています。
男を感じさせるデザインですね。
resize7318.jpg
ちなみにこれらのラジアルゲートは戦艦「大和」でお馴染みの呉造船所で製造されたようです。
ダムのゲートを海上輸送とか胸熱なんですけど。
resize7321.jpg
お前らの手元に水あんじゃん?まあいいや。
resize7322.jpg
天端の様子。
これだけ見るとただの橋ですね。
resize7323.jpg
城山ダムの表面。
クレストゲートも定期的に使っているようです。
resize7324.jpg
そんな感じでお隣の「津久井観光センター前」に到着!
ここから「三ヶ木」を経由して相模ダムへ向かいます。
resize7326.jpg
三ヶ木操車場の様子。
これはすごい、エアロスターの巣窟ですね。
resize7325.jpg
かつては第一線で活躍をしていた「つ022」が津久井で余生を送っていました。
バスの寿命は短いのう・・・。
resize7328.jpg
「三ヶ木」からは津久井神奈交バス、湖21系統で「相模湖大橋」へ移動
橋の上に停留所がある珍しい光景です。
resize7329.jpg
相模湖大橋からは相模ダムが望めます。
堤体にローラーゲート5門、発電用にローラーゲート2門と豪華な設備です。
resize7330.jpg
このダム、戦時中に建設されただけあって時代を感じさせる美しいデザインなのですが、
残念なことに下流側からは堤体を望むことができません。
更に平成25年7月19日までは管理橋新設工事に伴いまして天端も閉鎖中です。
フラストレーション溜まりまくりですが仕方ありませんね。
resize7363.jpg
悲しみのあまり下を向いて歩いていたところ、こんなマンホールを見つけました!
デフォルメされていますが大体こんな感じです。
resize7331.jpg
少しだけ元気を取り戻した所で相模湖公園に到着。
東京オリンピックの会場になった事で有名ですね。
ダムカードを回収した後は、先ほどの湖21系統で「三ヶ木」に戻ります。

後篇へ続く。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。